So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

神経根ブロック注射 [健康]

前回、昨年の2月から続いている腰痛と股関節痛について書きました。


あれから専門の病院に行き、強めの痛み止め薬を処方されましたが、あえなく何の効果もなくん撃沈。


その時に医師からは神経根ブロック注射の薦めがありました。


yjimage.jpg


以前ブロック注射の経験はありましたが、殆ど効果が見られなかった旨話をしたら、「痛かったですか?」と問われ「前評判ほど痛くなかった」と答えたら、もしかしたら適正な場所に駐車されていなかった可能性もあると言われ・・・。本当に正しいところに注射されていたのであれば痛かったはずだと言うのです。


手術をするにしてもしないにしても神経根ブロック注射の結果をしっかりと確認することが次の治療方針を決める上で必要なステップだと言うのです。


でもそんなこと言われたら誰だってビビりますよね?(笑)


と言うことでその日は痛み止めを増量して2週間様子を見ることに。我ながら本当に情けなくなりました。


しかし案の定、効果は全くなく・・・


そして8日の日に遂に腹を決めてブロック注射を打つことに。


お中の下には枕のようなものを入れ、ベッドの上にうつ伏せになり腰だけが浮く様な恰好を取りました。


ph_2.jpg


消毒薬が腰のあたりにひんやりしました。


医師曰く、「これから針を刺すので、右足に電気を当てたようなビリッとしたような痛みを感じたら教えて下さい」と。


ビビりながら数秒後に医師の言う通り、指先から太ももの辺りまでビリビリとした痛みが走りました。すかさず「今感じました」と言うと、次に「もう一度感じたら教えて下さい」と。


「きました」


「ではこれから薬を入れていきます」


その途端に右足の先の方からボワ~と暖かくなってきました。


「はい。終わりました」


と言う訳で無事終了。


看護師さんが「立てますか?」と聞かれたので「はい、大丈夫です」と言い立ちあがろうとした瞬間、右足が腰砕けのようになり。


看護師さん曰く、「そうなる人もたくさんいるので」。と言うことで車いすに乗せて頂き、待合室の長いすで30分~40分程休んで会社に向かいました。


それにしても注射1本で窓口で支払った金額が¥5000強。高い注射です(笑)


神経根ブロック注射後、早丸1日が経過しました。


確かに痛みは出るものの、痛み方がやや楽と言うか丸いと言うか、少しは楽になったような気がしますが、今までいたくなかった部分に痛みが少しあったり、正直もの凄く効果があったと言いきれないような微妙な感じと言うのが本音です。


やはり手術が必要なのか?


もうしばらく悩ましい日々が続きそうです。


次回の診察は2週間後です。


一体この身体、どうなうことやら。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

羽生結弦選手の国民栄誉賞問題 [スポーツ]

政府が羽生結弦選手の国民栄誉賞を授与する方針を固めたようですね。


20180219_asajo_hanyuu.jpg


ケガからの見事な復帰、そして金メダル2連覇ですから、本当にすごい選手ですね。日本時離れした長い手足は本当にスケート映えします。見ていて外国人選手に全く引けを取りません。


しかし国民栄誉賞の受賞に関しては様々な意見があるようです。


先日はニュースキャスターの木村太郎さんが直撃LIVEグッディ!で発言した国民栄誉賞は「大した賞じゃない」と言ったことで大きく非難され、炎上していました。


一人のキャスターの発言がこれだけ大騒ぎになるのが昨今の風潮なのでしょうね。


受賞者はみなさん、それなりに簡単には成し遂げられないことを達成された方たちですから、賞の重みはそれ相応だと思います。


ただ羽生選手がどうと言うことではなく、一昔前までは国民栄誉賞と言うとその言葉自体、あまり耳にしたことがないほど受賞者がそう出ることはないと言うイメージでしたが、ここ数年は乱発と言う言葉が当てはまるほど頻繁に耳にするようになりましたね。


それにしても柔道金メダル3連覇の野村忠宏さんや同じく水泳金メダル2連覇で4つの金メダルを獲得した北島康介さんなどが受賞していないのはどういう理由があるのでしょうね?


無題.png


imagesNPMUPKGN.jpg


それが本当に不思議です。柔道のようにあれだけ激しい競技での3連覇はそれこそ並大抵のことではないと思います。


そうなるとどうしても世間をどれだけ騒がせたか、その時々の政権の思惑が複雑に絡んで受賞者の選定がされているように思えてしまいます。


野村さんあたり、どのように思われているのでしょうね?


一昔前までの国民栄誉賞って記録も勿論あったと思いますが、その人が長年にわたりどれだけ日本の国を元気付けたり、活気づけたりしたことが尺度となっていたように思います。


だから金メダルを連覇したことも大きな実績の一つですが、オリンピックと言う一時だけのことでなく、その後も別の形であれ長年の実績を評価されなければ対象とするのはちょっと違うような気がするわけです。若干20代で受賞できるような賞では本来ないような気がするのは僕だけでしょうか?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めての折りたたみ杖を使う [健康]

去年の2月から患っている腰痛、股関節痛。


整形外科でのリハビリ、痛み止。ペインクリニックでのブロック注射。鍼灸整骨院での針治療に、体操プログラム。整体。


何をしても未だ改善に至らず。朝の通勤時はいいのですが、帰宅時になると立ち止まらないと歩けなくなるし、電車の中ではほとんど片足立ちの状態です。


そんな状態が続き、いよいよ初めてになるのですが、折りたたみ式の杖を購入、使い始めました。


現在54歳。世間的には杖を使う年齢ではないのかもしれませんが、足を思いっきり引きずりながら、途中で立ち止まるぐらいなら、いっそのこと持ち歩いた方がいいかな、と思ったのがきっかけなのですが。


さて杖と言っても知識も何もないですからね(笑)


まず最初にネットで調べてみるとたくさん出てきましたが、出てきたのはやはり想像していた通りの杖で、おじさんの僕が言うのも変なのですが、やはり第一印象としてはもう少し若者向けのモノはないのかなとと言うことでした。


何を持って若者向けと問われると返す言葉はないのですが、結局は一言で言ってしまえば好みの問題ということなのでしょうね(笑)


女性向けの花柄や年配の男性向けの地味な色合いのものはやはりなかなか抵抗があったのです。


でもそんななかでようやくこれはと言うのを見つけました。


それがオーブクリエーションという会社の杖でした。


僕の探していたシックな真っ黒な杖がそこにはありました。僕は昔からアクセサリー類が好きなのですが、そこには何と杖に装着するアクセサリーもオリジナルのモノがあったのです。


imgrc0077672909.jpg


imgrc0079237890.jpg


そして何よりも購入を後押ししたのが、そこの社長さん、女性の方なのですが、そのかたの親切丁寧な対応でした。


購入前に気になることがあり質問のメールをしたところ、とても親切で丁寧はメールの返信があったのです。
実はこの社長さん、自らも生まれつき両足に障害を抱えてこられた方だったのです。


だから杖に関してもきめ細かな気配りが込められているし、自らが感じたようにもっと若い方にも喜んでもらえるような杖を模索していたそうで、そんな中から出来たの杖の一つが今回僕が購入させていただいた杖だったわけです。


今まだ、使い始めて数日ですが、とても気に入って毎日鞄に入れて会社に通勤しています。使う時にも恥ずかしさのかけらもなく、むしろ持ち歩いていても優越感を感じながら使わせてもらていると言う、杖なのにおかしな状況になっています。だって本当は杖などは使わない方がいいのですから(笑)


やっぱりお気に入りのモノを持ったり、使うというのは精神的に全く違いますよね。


でも何とか早く治したいです。それは切なる願いです。


医師より言われている病名は「5番目の腰椎分離症」。それが影響して股関節や足に痛みが出ているのでしょうということでした。


自分では本当にそれだけが原因なのか?と心配でなりません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アルマーニの制服問題 [ニュースネタ]

アルマーニの制服導入問題が波紋を広げています。


20150309082539.jpg


東京の銀座にある公立の小学校、中央区立泰明小学校が、高級ブランドである「アルマーニ」がデザインした一式約8万円の制服導入を決めました。


20180208224241.jpg


armani_tarmani_price.jpg


保護者から批判の声が上がっているようですが、それは上がるでしょうね。


なぜ?って思います。


小学生の子供におしゃれをさせたい、いい服を着せてあげたいという気持ちを持つことはおかしなことだとは思いませんが、それはあくまでも各ご家庭、親御さんたちの考え方の問題ですが、制服と言うことになるとそうはいきませんよね。


当たり前の意見になりますが、経済的に購入できない人はどうするのでしょう?相談に乗るようなコメントもありましたが、割引するのですか?それともローンを組ませるのですか?


ランドセルだけでも数万円します。勉強机、靴、体操服、教材等々子供の小学校入学に当たっては多額のお金が必要となります。それに加えて制服で8万円前後のお金がかかるなんて、保護者から批判が出るのも当然です。ましてや小学生の6年間で大きく体も成長する子供達です。1回きりの購入で済むとはとても思えません。


通常は公立小学校の制服はその半額くらいで済むそうではありませんか?


以前にこういう話を耳にしました。運動会のお昼休みのお弁当、僕らの時は親や兄弟など運動会を見に来てくれた人達とお弁当を食べたりしていましたが、今は仕事の都合で見に来られない親御さんもいて、そういうご家庭の子供がかわいそうだからとお弁当は教室で食べるんだとか。


img_0.jpg


いい悪いは別として学校側の意図するところも理解はできます。そのことからすると今回のアルマーニの制服問題、全くと言っていいほど逆行しているようにしか思えません。もし制服が強制ではないとしたら、それこそアルマーニ制服組と普通の制服組と見た目で別れてしまいます。


そんな高額な制服を着た小学生もそれを購入した親御さんも、制服が気になって泥んこ遊びもできませんよね。それとも銀座にある小学生はそんなことはしないというのでしょうか?


小学生には友達同士で服の汚れなど気にせずに思いっきり遊ぶことのできる、そして体の成長に合わせて新しい服に変えやすい安価で求めやすい制服でいいと思うのですが。


今の時代、新社会人だって8万もするようなスーツなど殆どの人が購入しないのではないでしょうか?


本当に理解不能なお騒がせ問題です。


どこから小学校の制服にアルマーニなんていう発想がでてきたのでしょうね(笑)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

星野仙一さんの訃報 [訃報]

新年明けましておめでとうございます。


年末から、娘の結婚、引越しなど大きなイベントが重なりブログも更新できないまま年末年始を慌ただしく過ごしてしまいました。


本年もよろしくお願い申しあげます。


今年は新年早々、飛び込んできたのが、星野仙一さんの訃報。始めネットで見かけた時、「えっ?、随分悪質な事をするな。」と真面目に思ってしまったほどにわかに信じがたい内容でした。


多くの人も同じように感じたのではないでしょうか?それが事実だとわかった時、唖然としました。


監督時代にも何度か腰痛で一旦お休みとかありましたから、色々抱えているのだろうなとは思っていましたが、それよりも「闘将」のイメージが勝っていましたし、年末には殿堂入りのイベントで挨拶もされていましたからね。


10873672.jpg


まさか膵臓癌を患っていたとは知りませんでした。


他にも年末には真屋順子さん、欽どこファミリー、よく昔見ていました。自分の青春時代に活躍していた方の訃報を耳にすると嫌でも時代の流れを感じずにはいられません。


20180105-OHT1I50141-T.jpg


今年も新たな命が誕生する一方で、人生の幕を閉じる人も数多くいるのでしょうね。


でも事件や事故で思いがけずに悲しい幕を閉じるのだけはやりきれないです。世界的にはテロ、北朝鮮のミサイルや核開発、日本でも大地震や異常気象などによる自然災害がますます心配です。


なんてまずは身近な自分の健康を維持しなくてはなりませんね。今年こそはこの1年治らずじまいだった腰痛と股関節痛を何とかしたいです。


皆さんのご多幸をお祈り申しあげます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

娘の結婚2 [その他]

最愛の娘の結婚式から早1週間。


結婚式1.jpg


先週の日曜日、娘の結婚式でした。


嬉しくもあり、悲しくもあり、寂しくもあり、そんな1日となりました。


家内の着付けの都合もあり、朝8時には会場入り。徐々に集まる身内たち、なかなか全員が集まることも叶わぬ大集合、これも娘の結婚式が併せて叶えてくれました。


途中で係りの人が娘が準備している控室に案内してくれると言うのでお言葉に甘えて見に行くことに。既に普段では見ることのない衣装を身にまとい、お化粧を施してもらっていました。


変われば変わるものです(笑)。黙っていればそれなりなのに口を開けばいつもの娘でした(笑)。


その場を離れ、再び控室に。そうこうしている内に挙式のリハーサルをすると言うのでチャペルの方に向かいました。そこには準備万端の新郎新婦の姿がありました。


家内が娘の顔にヴェールをかけて上げ、いよいよ僕が娘と腕を組みヴァージンロードを歩きます。右足から一歩前へ、そして左足を一歩前へ。次はその逆と。


途中で裾を踏んでしまったらどうしようと気を取られていたら、心配には及ばない、気にする方が不自然になてしまいます、とアドバイスをもらう始末でした。


娘を新郎の手に預け、席について見守っていると、既に家内が泣き出して、冗談交じりに「やっぱりやめようよ」と。その時僕の目も一気に潤みました。危なかった(笑)。


リハーサルも無事終了し、いざ本番。まずまず上手にできたかなと(笑)


娘の生まれた時から現在に至るまで本当に走馬灯のように思い返していました。


そして披露宴。料理の評判も良く、みなさんの顔も満足げで一安心しました。


多くの人が娘やご主人の写真をたくさん撮ってくれて、本当に嬉しかったですね。この人たちに囲まれて、支えられて生きているのだと実感しました。


本当にみなさんに感謝の一日でした。


どうか2人で幸せな人生を歩めますように。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スモ休制度 [ニュースネタ]

僕の勤務先と同じ渋谷にあるマーケティング支援会社が9月から非喫煙者を優遇する「スモ休」制度を開始したそうです。


61cd7fc3.png


有給休暇の消化率も上げ、健康向上と働き方改革を同時に進める狙いがあるとされていますが、やはり実際のところ、非喫煙者の喫煙者に対する不満を解消させるという部分が一番なのでしょうか。


確かに非喫煙者からすれば、喫煙者が喫煙するたびにデスクを離れることは問題視するでしょうね。


少なくともその間は休憩・息抜きと言われても仕方がありません。例えば1日に5回、1回につき10分と考えれば1日50分休憩が多いことになりますから、月22日勤務としたなら1100分、時間に直したら18時間、1日8時間の労働時間に直したら約2日分となります。年間にしたら24日分多く休憩している事になります。


タバコを吸う時って、吸ってすぐ戻るなんて言うことはあまりなく、どうしても他の人との会話も弾みがちで、時間も長くなりがちです。だから10分以上なんていうこともきっとよくあることだと思います。


img_f3f775e36a863d24d745cf4b6ec67652489986.jpg


僕も以前は喫煙していましたが、僕が若いころは仕事中に、それもデスクで喫煙できるのが日常でしたから、そのように多く休憩しているという認識などありませんでしたが、今はデスクで喫煙などできない職場の方が多いでしょうから、そうなると仕事を中断してということになってしまいます。


喫煙者を抑制するのではなく、非喫煙者にその分を何らかの形で還元するというのですから、確かに画期的な取り組みかと思います。喫煙者からも非喫煙者に対して肩身の狭い思いをしなくて済むと言う意見も出ているそうですね。


でも一方では、喫煙者を抑制すると言う考えではなく、仕事の合間の休憩以外に喫煙をするなと言うことを何故言えないのかなとも思ってしまいます。何といってもタバコは嗜好品ですからね。仕事中に我慢すらできないのは問題ありですよね。


そこのあたりは長年の慣習と言う部分で、喫煙者擁護の部分は残されているのでしょうね。


でも我慢が出来ないと言うのであれば、それは中毒以外の何物でもありませんから治療をした方が身のためと言うことになりますよね。


勿論、簡単にやめることができないことも、喫煙したいただけに理解はできるのですが、これだけ体によくないということがハッキリしているのですから、あとは決心だけですね。

タグ:スモ 休暇
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひばりヶ丘駅の人身事故 [命]

11月16日の早朝、僕の乗車する西武池袋線ひばりヶ丘駅で人身事故が発生しました。


mig.jpg


朝のニュースで運転見送りの一報が、そしてしばらくして運転再開の一報があったので、差ほど大きな遅れにもならないかと思い、やや早めに家を出ましたが、8:00前でも駅は大混乱でした。


DLFpR6LUMAA456-.jpg


ここしばらく腰痛と股関節痛がかんばしくないため、北口で階段を利用せず踏切を渡り、南口のエスカレーターを利用してホームにあがりますが、その踏切の前の異様な人数には驚きました。いつも数人なのに20~30人近くいたのではないでしょうか?


案の定、南口のエスカレーターは止まっており、階段にも人が溢れかえって駅に上るだけで15分程掛ってしまいました。何とか振り替え輸送の切符をもらい、バスで田無まで行き、何とか1時間遅れで出勤できました。


スマホで事故の詳細を確認すると、どうやら飛び込み事故だったようですが、かなり生々しい投稿もありました。


走ってきた急行に飛び込むなんて、普通の神経では到底できることではありません。もうその時にはまともな精神状態ではないのでしょうね。


でもやはりあれだけ多くの人に迷惑をかけるのは問題です。


きっと表面化していないところでかなりの迷惑を被った人たちも数多くいたと思います。もしかしたら取り返しのつかない事態になってしまったなんて言う人もいたかもしれません。


皆、それに関して腹立たしい気持ちや不満もあると思います。勿論僕もその一人です。


でも、ツイッターなどの投稿を拝見すると、どうにも気持ちのいいものではありません。


「朝からいい迷惑」、「人を跳ねやがった」、「飛び込んでんじゃねーよ」、「ふざけんな」等など。


こういう投稿を目の当たりにもいると空恐ろしさを感じます。名前を明かさず、思ったことを何でもオブラートに包まず外部に発信すると言う行為。


これを身内の方が目にしたらと思うと遣りきれません。


人の意見や考えですから、色々あるのも当然だし、しかるべきだと思うのですがもう少し何とかならないものでしょうか?


それなら読まなければいいじゃないか、と言われてしまえば確かにそうなのですが。人間の最も見たくないものがさらけ出されているようでいたたまれなくなります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハゲ割サービス(笑) [ニュースネタ]

面白い記事が出ていました。


函館市にあるホテルでなんと髪の毛の薄いお客様の宿泊料を割り引くと言う「ハゲ割」なるサービスがあると言うのです。


何とも面白い割引ですね。


そもそもこのアイディアは、従業員さんのボヤキがきっかけだったとのこと。


それは排水溝の髪の毛の処理が一番大変だと言う現場の声でした。


それを聞いたホテルの社長さんが、掃除の手間がかからない薄毛の人の宿泊料を安くしようと即断したというのですからユニークな社長さんです。


確かに排水溝の髪の毛の処理は面倒かもしれませんね。わずか1本でも残っていたらそれを見たお客様はは不快に思うでしょうから。


僕はスキンヘッドなので、風呂場や脱衣所や洗面所に毛が落ちていたら、自信をもって「俺のではない」と言い切れますから、確かにホテルに宿泊しても従業員さんにその点では手間は取らせませんね(笑)。


それが割引の対象となるのならスキンヘッドも悪くはありません(笑)。


このホテルは函館市梁川町の「ホテルテトラ」だそうですが、何でも全国20カ所もホテル展開をしているそうです。特にPRをしているわけではないのに口コミで広がっているというのですから面白いものです。


thumb_400_01_px400.jpg


どうやら社長さん自身も僕と同様のスキンヘッドらしいですね。同じような頭をしていれば確かに気持はよく理解できるはずです(笑)。


567E2104FB7B40AAB6505941914A3CA5_LL.jpg


割引を受ける場合には、チェックアウトの際にフロント係員に申し出るそうです。


チェックイン時ではないのですね。


どうやらホテルの係の人が頭髪の薄さを見て割引対象になるかどうかを判断するそうなのですが、明確な基準はないそうで、生え際が後退しているだけの人は微妙だそうです(笑)。


でも微妙な人は本当にどうするのでしょう?気にしている人は割引されて嬉しいような悲しいような気になりますね(笑)。


でも一つ気になることが・・・。


頭は薄くても体毛が毛深い人って意外と多いですよね。男性ホルモンが多い人がハゲやすいともいいますしね。体毛は排水溝にも流れますから。


でも体毛チェックまではさすがにできませんからね(笑)


今、ちょっとしたことで人権問題等と騒がれがちですが、やはり中にはハゲを気にする人もいるでしょうけど、僕は全く気にしないので、このホテルのサービスの記事、楽しく拝見させていただきました。

タグ:ハゲ割
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

娘の結婚 [その他]

娘が12月に結婚することになりました。


結婚式1.jpg


26歳での結婚です。


2人が交際を開始した日に入籍をしたいらしく、今月10日に入籍だけを済ませるようです。


今日、入籍前最後となる我が家への訪問。


嬉しいやら寂しいやら、とても複雑な心境です。次に会う時には既に違う姓になっているのですから。


最近、よく昔の事を思い出します。テレビドラマではありませんが、本当に小さい時には、「お父さんのお嫁さんになる」と言っていたのです。


キャンプに行った先で出会ったお友達に「うちのお父さん、カッコいいでしょう?」と言っていたのです。全然カッコ良くもないのに(笑)


仕事から帰ってきたら寝ているのを突いて起こしたりもしました。


毎朝のように会社に行く前に近くの公園に散歩に出かけました。


一緒にお風呂に入ったり、寝る前にベッドの上でふざけたり、とても楽しい思い出です。


下に2つ違いの弟がいます。とても仲が良く、小さい頃は寝る前に僕のことを2人で奪い合いをしていました。


帰宅がいつも遅かったので、そんな楽しいひと時も仕事が休みの日だけでした。今思えばもっとそういう時間を作っていたら、と悔やんでいます。


こんなこともありました。


下の弟が悪さをして、家内に外に締め出された時、そっとカギを開け、中に入れてあげたことがありました。それが家内に見つかり、家内のビンタが娘の頬を。それを2階に上がる階段から見ていた幼い弟は棒立ちでした。


娘は勿論大泣きで。その時家内は、弟を外に締め出した理由を説明したあとに、ギュッと抱きしめ、「でもお姉ちゃんは優しいね、ありがとう」と言っていました。


その時のことを2人は覚えているでしょうか?(笑)


1人目が女の子、2人目の男の子。同じように可愛いのですが、やはり長女にはちょっと特別な思い入れがあるようです。それが初めての子供だったからなのか、女の子だったからなのか今でもよくわかりません。


娘の結婚、とても寂しいですが、とても幸せです。


病気や事故で最愛の娘さんを亡くされる方もたくさんいます。事件に巻き込まれて命を奪われるニュースも目の当たりにすることもあります。


そういうニュースを見るたびにやっぱり我が娘や息子とダブらせて考えてしまいます。


無事に愛した人の元へ嫁いで行けるのですから、親としてこれ以上の幸せはありませんね。


式の時にはどうなることやら(笑)
タグ:結婚 娘
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。