So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ハゲ割サービス(笑) [ニュースネタ]

面白い記事が出ていました。


函館市にあるホテルでなんと髪の毛の薄いお客様の宿泊料を割り引くと言う「ハゲ割」なるサービスがあると言うのです。


何とも面白い割引ですね。


そもそもこのアイディアは、従業員さんのボヤキがきっかけだったとのこと。


それは排水溝の髪の毛の処理が一番大変だと言う現場の声でした。


それを聞いたホテルの社長さんが、掃除の手間がかからない薄毛の人の宿泊料を安くしようと即断したというのですからユニークな社長さんです。


確かに排水溝の髪の毛の処理は面倒かもしれませんね。わずか1本でも残っていたらそれを見たお客様はは不快に思うでしょうから。


僕はスキンヘッドなので、風呂場や脱衣所や洗面所に毛が落ちていたら、自信をもって「俺のではない」と言い切れますから、確かにホテルに宿泊しても従業員さんにその点では手間は取らせませんね(笑)。


それが割引の対象となるのならスキンヘッドも悪くはありません(笑)。


このホテルは函館市梁川町の「ホテルテトラ」だそうですが、何でも全国20カ所もホテル展開をしているそうです。特にPRをしているわけではないのに口コミで広がっているというのですから面白いものです。


thumb_400_01_px400.jpg


どうやら社長さん自身も僕と同様のスキンヘッドらしいですね。同じような頭をしていれば確かに気持はよく理解できるはずです(笑)。


567E2104FB7B40AAB6505941914A3CA5_LL.jpg


割引を受ける場合には、チェックアウトの際にフロント係員に申し出るそうです。


チェックイン時ではないのですね。


どうやらホテルの係の人が頭髪の薄さを見て割引対象になるかどうかを判断するそうなのですが、明確な基準はないそうで、生え際が後退しているだけの人は微妙だそうです(笑)。


でも微妙な人は本当にどうするのでしょう?気にしている人は割引されて嬉しいような悲しいような気になりますね(笑)。


でも一つ気になることが・・・。


頭は薄くても体毛が毛深い人って意外と多いですよね。男性ホルモンが多い人がハゲやすいともいいますしね。体毛は排水溝にも流れますから。


でも体毛チェックまではさすがにできませんからね(笑)


今、ちょっとしたことで人権問題等と騒がれがちですが、やはり中にはハゲを気にする人もいるでしょうけど、僕は全く気にしないので、このホテルのサービスの記事、楽しく拝見させていただきました。

タグ:ハゲ割
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

娘の結婚 [その他]

娘が12月に結婚することになりました。


結婚式1.jpg


26歳での結婚です。


2人が交際を開始した日に入籍をしたいらしく、今月10日に入籍だけを済ませるようです。


今日、入籍前最後となる我が家への訪問。


嬉しいやら寂しいやら、とても複雑な心境です。次に会う時には既に違う姓になっているのですから。


最近、よく昔の事を思い出します。テレビドラマではありませんが、本当に小さい時には、「お父さんのお嫁さんになる」と言っていたのです。


キャンプに行った先で出会ったお友達に「うちのお父さん、カッコいいでしょう?」と言っていたのです。全然カッコ良くもないのに(笑)


仕事から帰ってきたら寝ているのを突いて起こしたりもしました。


毎朝のように会社に行く前に近くの公園に散歩に出かけました。


一緒にお風呂に入ったり、寝る前にベッドの上でふざけたり、とても楽しい思い出です。


下に2つ違いの弟がいます。とても仲が良く、小さい頃は寝る前に僕のことを2人で奪い合いをしていました。


帰宅がいつも遅かったので、そんな楽しいひと時も仕事が休みの日だけでした。今思えばもっとそういう時間を作っていたら、と悔やんでいます。


こんなこともありました。


下の弟が悪さをして、家内に外に締め出された時、そっとカギを開け、中に入れてあげたことがありました。それが家内に見つかり、家内のビンタが娘の頬を。それを2階に上がる階段から見ていた幼い弟は棒立ちでした。


娘は勿論大泣きで。その時家内は、弟を外に締め出した理由を説明したあとに、ギュッと抱きしめ、「でもお姉ちゃんは優しいね、ありがとう」と言っていました。


その時のことを2人は覚えているでしょうか?(笑)


1人目が女の子、2人目の男の子。同じように可愛いのですが、やはり長女にはちょっと特別な思い入れがあるようです。それが初めての子供だったからなのか、女の子だったからなのか今でもよくわかりません。


娘の結婚、とても寂しいですが、とても幸せです。


病気や事故で最愛の娘さんを亡くされる方もたくさんいます。事件に巻き込まれて命を奪われるニュースも目の当たりにすることもあります。


そういうニュースを見るたびにやっぱり我が娘や息子とダブらせて考えてしまいます。


無事に愛した人の元へ嫁いで行けるのですから、親としてこれ以上の幸せはありませんね。


式の時にはどうなることやら(笑)
タグ:結婚 娘
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フジテレビへのネット上での批判について [スポーツ]

WBA世界ミドル級戦、村田選手の勝利、本当に良かったですね。


AAtRAT7.jpg


それにしてもアッサン・エンダムに7回終了TKO勝ちするとは。


あまりボクシングのことは詳しくないのでよくわかりませんが、あのような勝ち方もあるのですね。エンダム選手の戦意喪失と言うことなのでしょうか?


7.jpg


誰もがタウンをさせての完全決着を望んでいたと思いますので、少々残念な気もしますが、ある意味相手がもう勝てないからと試合放棄をしたのですから、それはダウン以上の勝利なのかも知れません。


しかし今回の試合を放送したフジテレビにネット上で批判の声が上がったとか。


要はTKO勝ちする直前にCMを挟んだため、勝利の瞬間がよく分からなかったと言うことのようです。


image-1508681989.jpg


何故、それが批判の対象になるのでしょうね?


ラウンドの途中にCMを挟むのは普通だと思っていました。偶然、その時にエンダム選手が棄権したのですから、やむを得ない話です。


批判的なコメントは以下の通りです。


「CM明けに、いきなり決着なんて最悪」

「よそ見をしていたら村田が勝っていた」

「判定の決定的な瞬間が映っていない」

「TKOの瞬間を、きちんと放送できていない」

「勝利の瞬間が流れていない。やってしまった」

上の二つは試合の結末にただ不満を言っているようにも思えますけど、残り3つはやはりCMを挟んだことによる不満ですよね。


確かに一瞬何があったか僕もわかりませんでした。闘って決着が付くもんだと思っていましたからね。でも後からその流れがわかったら腑に落ちました。


誰もがあの勝敗の決し方は想像していなかったと思いますから、きっと放送していても分かりにくかったと思います。


それにしても何をしても文句を言う人がいますね。


でも今回のフジテレビへの批判的な意見をおかしいと感じる人も多々いたようですからホッとしました。


それらの方達の意見は以下の通りです。


「ボクシング中継でラウンド間のCMは通例」

「なんでも批判するな」

「インターバル中のCMは当たり前」

「ラウンド間の棄権はよくあること」

「別にフジ以外の局でもこうなる」


もっともなご意見だと思います。もしかしたらフジテレビの最近の不祥事なども含めて便乗批判的な部分もあったのでしょうか?


今回の事はおかしいとは思いませんでしたが、確かに最近のテレビのCMのハサミ方にはちょっとイラッとさせられることもあります。


引っ張りすぎと言うか、いいところでCMが入り、白けてしまったり。結局肝心なところを見ることができなかったり・・・


以前はこんなことはなかったように思うのですが、僕の思い違いでしょうか(笑)。


ちょっと演出にやらしさを感じる事があります。


局側にもきっと言い分があるのでしょうね。


実際に制作側の苦労話なども含め、一つの番組で紹介してもいいと思うのですが。テレビの裏側を。


多分、制作側もそんなことくらいわかっているはずですよね。でもそうできない様々な理由がきっとあるのでしょうね(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネット情報の嘘の恐ろしさ [テレビ]

少し前にネットの誤情報が引き起こしたトラブルが放送されていました。


ネットの嘘の情報って本当に恐ろしいです。


e45f66e093d64cb64700bdba18ceb951.jpg


東名高速でワゴン車が大型トラックに追突されてご夫婦二人がお亡くなりになった事件です。


福岡県の容疑者に関連して「容疑者の父親」だとか「容疑者の勤務先」などと誤った情報がネットのまとめサイトに書き込まれたわけです。勿論無関係の人がです。


それ以降、「お前の息子やろが」などの嫌がらせ電話が殺到し、その数は1日100件にも及んだというのです。


その他にも無言電話があったり、無関係の旨を伝えても「嘘をつくのか」と全く耳を貸さないとか。


結局容疑者逮捕から3日目で会社を休業し、お子さんも学校を休ませることになったというのです。


誰が、何故このようなことをするのでしょう?そしてその書き込みを見た人は何故、そのような行動を取るのでしょう?


想像ですが、そのようなことをする人たちの殆どの人が事件とは無関係の人なのでしょうね。


改めてネット社会の恐ろしさを感じさせられました。


被害者の方が「自分の住所が割れた時とか、上の中学校の子は女の子なんですけど、怖がって泣いてました。誰が来るか分からないわけじゃないですか」とコメントしていますが、本当にその通りです。現にそう思わせるような事件が今までも発生しているのですから。


このような行動に取る時点で既に何をするかわかったものではありません。


でも先日、フェイスブックを見ていたら、このようなとても癒される、落し物の話題が出ていました。


片方には「おとうさんだいすき」と書かれ、片方には子供の顔と名前が書かれたお守りが電車の中に落ちていたそうなのです。きっと大切にされていたお守りだったのでしょうね。拾った人がそのことを投稿したところ、それを見た人たちがその情報を拡散し、無事に落とし主の手元に戻ったという内容でした。


21feb584.jpg


とても微笑ましく、癒されました。


かと思えば、一方ではもっともらしい人情話をでっち上げ、探し人の記事を投稿するストーカーもいるそうなのです。そうして情報収集し、対象者を探し出すようなこともするそうなのです。


確かにネットに出ている情報=正しい情報、確かな情報と思ってしまう節があります。ネットの普及率が既に9割を超えているのでしょうか?


自分で何が正しい情報なのかを見極める必要がありますよね。どうしても自分の欲しい情報や救いとなるような情報には盲目的に飛びつきがちですから、本当に気をつけないといけないですね。


でも、名前が出ないことをいいことに、他人を誹謗中傷して、日頃の鬱憤や憂さを晴らそうとする人が多いことに嫌気がさします。


そう人の中には、お子さんのいる人もいるでしょうね。お子さんはそのような親の行動を知った時、何を感じるのでしょうね?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

注文をまちがえる料理店 [ニュースネタ]

少し前になりますが、「注文をまちがえる料理店」と言うのが期間限定でオープンしたという記事を目にしました。


IMG_9060.jpg


このお店の名前を見ただけで、気持ちがぐっと惹かれましたね。どのよう料理店なのだろうと。


料理をお出しするのですから、料理人の方はやはりプロの料理人だそうですが、どうやらオーダーを取ったり、お客様に料理を運ぶスタッフさんたちに共通点があり。


20170604-00071670-roupeiro-005-23-view.jpg


それが認知症だったのです。


認知症と言えば、脳の病気や機能低下によって、記憶力や認知力が低下する症状ですが、僕も含め多くの人の認識からすれば、就業参加は困難と言う認識だと思うのです。


でもそれをマイナスと捉えず、積極的に「注文をまちがえる料理店」としてオープンするとは、驚きと共に、大きな癒しを感じました。


8b586cee-l.jpg


この料理店の運営はテレビ局や広告代理店などに勤める人たちがボランティアで行っているようですね。


実行員のテレビ局のディレクターさんが5年前、認知症介護のプロのドキュメンタリー番組を作っていたときに経験した、ある「間違え」がきっかけだったようです。 それはロケの間にごちそうになった料理が献立と事なる料理であったという間違いです。


でもそのくらいの間違い「別にいいよね」と感じたことが、今回の発案の原点のようです。


そしてこのレストランを通して、認知症を抱える当事者の方たちとそのご家族の「間違える、忘れる」=社会に参加できないと思いがちな観念を、「周囲が寛容であれば解決できる、間違いを一緒に楽しめる」に変えていけるのでは、と言うことを伝えたかったようです。


確かに周囲が「間違えるかもしれない、忘れるかもしれない」という可能性を前提として受け止めていたとしたら、何も問題ないかもしれませんね。


勿論、程度の差こそあれ、若い人たちであっても忘れることも間違えることもあり、それを許しあい、認め合っているから社会が成り立っているのですよね。


このような取り組みに対して、中には「認知症と言うことが世間に知れてしまう」とか「見世物にして」などと言う批判をする人もきっといるでしょうね。


それに、昨今、食品に対するアレルギー問題もクローズアップされています。誤って出てきた料理が原因で・・・等と言う心配もあるでしょうし、万が一の事故と言う不安もあるでしょう。でもそれは認知症とは関係のない現場でも発生することです。それを言い出したら何も前には進めません。


どうやらお店はとても和やかな雰囲気の中で、大成功だったようですね。


20170622-00016640-forbes-000-4-view.jpg


この先も継続するのでしょうか?このような取り組みが期間限定で終わるのは寂しですね。試行錯誤しながら、お店が成長して、同様のお店が増えていくことを切に願っています。


是非一度いってみたいですからね。


皆さん、岡野雄一さんの「ペコロスの母に会いに行く」というコミックエッセイというか4コマ漫画というか、本をご存知ですか。今も東京新聞の朝刊に連載されているでしょうか?僕は何冊か購入して持っていますよ。


818IyonWpdL.jpg


この本は認知症になったお母さんの介護の体験談を漫画にした本ですが、マイナスでキツイと思われがちな介護と言う問題をとても、暖かく、ほのぼのと描いているのです。見ていてこちらが幸せになってくような気さえするのです。


今回の「注文をまちがえる料理店」の記事を拝見した時に、「ペコロス」の本と重なり合う部分を強く感じました。


暗い、嫌な記事ばかりが目立つ昨今、本当にこのような記事にはホッとさせられますね。これからの日本が迎える超高齢化社会、このような取組みが本当に大きなカギになってくると思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新聞配達、辞めました。 [新聞配達ネタ]

延べ年数にして10年間続けてきた新聞配達のアルバイトを先日、辞めました。


DSC_0035.JPG


始めは、転職により激減した収入を補うために始めた新聞配達。


始めは、それだけでも足りなくてパチンコ店の清掃の仕事もしていました。


その当時は、本業の仕事に出かけ、帰宅してから少し仮眠して、パチンコ店の清掃に行き、終わったら仮眠して新聞配達へ、戻ったら仮眠して本業へ。こんな生活を1年半ほど続けていました。その時のおおよその睡眠時間は3分割で合計5時間程度でした。


少し収入が安定し、まずはパチンコ店の仕事を辞めました。そして転職による給料アップで新聞配達も辞めました。副業も禁止されていたので。ここまでは北海道札幌での生活です。


しばらく副業なしの生活をしていましたが、体が訛るのが嫌で早朝ランニングを。この時は転勤で名古屋での生活でした。


でも元より新聞配達の仕事は嫌いではなかったし、どうせ早朝ランニングをしているのなら、運動と実益とを兼ねて新聞配達を再開しました。この時は仕事の都合で東京生活です。


僕にとって新聞配達は本当にいい仕事でした。配達をしながら色々なことを考えられるし、運動にもなるし、頭も少なからず使います。一人きりの仕事なので人間関係に悩まされることもないし。そしていい収入にもなります。


朝の誰もいない時間帯をバイクで走るにはとても気持ちがいいものです。特に夏場には色とりどりのお花もきれいだし。ネコやカエルや虫たちもいます。勿論雨降りの日や、冬場のキツイ時期もありますが(笑)。


DSC_0570.JPG

DSC_0331.JPG

00060004.JPG


でも何よりも僕の中には充実感がありました。精一杯仕事をしていたのでこれ以上は稼げない、だからお金が出せなくて出来ないことがあってもスッキリと諦めがつくのです。これ以上は自分の分不相応だと。働ける余力があるのに「お金がないと言いたくない」という変な意地みたいなのものがあって(笑)。


それに僕自身、対した能力もないだけに、真面目に、地道に働く姿を子供たちに肌で感じてほしかったという気持ちもありました。


色々なことがありました。


大雪で配達終了まで7時間近くかかったこと。倒れている人がいたり、ガチの殴り合いをしている男女と遭遇したり、見たこともない動物が出血して道路に倒れていたり、真冬なのに家の玄前で泥酔して寝ているおじいちゃんがいたり、お金を拾ったり、深夜なのに図書館の自動ドアが全開になっていたり・・・・etc


DSC_0046.JPG


今回、そんな大好きな新聞配達を辞めた理由は、腰痛と股関節痛。だましだまし病院に行ったりハリ治療を続けながら辞められずにいたのですが、もしこの先無理してもっと大事になってしまったら家族にも迷惑をかけてしまうし、何か自分が一線から退いて引退してしまうような感覚があってしばらくは決心がつかなかったのですが、ようやく決断できたというわけです。


辞めてまだ1カ月も経っていないので、帰宅したら早く寝なくては、なんて気持ちが急いでいる自分がいたり、配達の時刻になると目が覚めるし、とい言う感じです。おおよそ10年間、新聞配達に使っていた約4~5時間が急に僕の生活の中に新たに生まれてきたので、まだどのように使おうか考えながらのんびりしています。


また腰痛や股関節痛が治ったら始めたいものです。


新聞配達、周りからは辛いごと、キツイ仕事のように言われるし、現に長続きしない人が結構いるのですが、僕にしてみれば本当にいい仕事でした。


しばらくのんびりします。


タグ:新聞配達
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北朝鮮のミサイル発射 [ニュースネタ]

先日、出勤前の準備をしながら何気なくつけていたテレビから突然Jアラート発令の音声が。


数分間に渡り、ひたすら北朝鮮からミサイルが発射されたこと、避難指示などが繰り返し繰り返し連呼されていました。


north-korea-missile-launch.jpg


9月15日午前7時前のことです。


ミサイルは北朝鮮の西岸から発射され、午前7時4〜6分ごろに北海道上空を通過し、同16分ごろ、襟裳岬の東約2千キロに着水しました。


政府によるミサイルの破壊措置はなかったようです。


正にその前日の14日に北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会により、以下のような報道官声明が出されました。


「日本列島は核爆弾により海に沈められなければならない。日本はもはやわが国の近くに存在する必要はない」


23ad8339.jpg


何故、他国の人間にこのような言われ方をされなくてはならないのでしょう?


この記事を見ていたので、まささか?とは思いつつ、やはり不安にはなりました。


今回のJアラートの対象エリアに都内は入っていませんでしたけど、あれを耳にした時に「どうすればいいの?」と思ってしまいました。


何処に行けばいいのか?何処にかくれたらいいのか?混乱してしまいます。


戦争経験の無い世代にとっては、他国から攻撃を受けて、それに対して避難すること自体、本当に未知の世界です。


まさか戦争を放棄している日本にこのようなことが降りかかって来るなんて・・・


北朝鮮は何故このような暴挙に走るのでしょう?地球規模で自然破壊が問題視されている中でのミサイル発射、核実験、地球を痛めつけているという認識はないのでしょうか?


地球がおかしくなれば北朝鮮もアメリカもロシアも、中国も、もちろん日本も関係ありません。


ちっぽけな存在なのに。


この先、人類は一体どのような道を進んでいくのでしょう?

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メキシコ地震の被害、でも明日は我が身?

7日の深夜に発生したメキシコ沖の巨大地震、その大きさはマグニチュード8.1


o04500300m0024928765.jpg


過去100年で最大の地震だったそうです。


死者65人が既に確認されています。でもがれきの下に埋まった人たちの生存率が急激に下がると言われている「発生から72時間」が間もなく経過しようとしているのです。


AS20170909003132_comm.jpg


でもこのニュースを目にした時、このメキシコ地震の被害は、「明日は我が身」と言う思いにさせられました。


日本でももうすでにいつ来てもおかしくないと言われている「M8~M9クラスの首都直下型地震や東海沖地震」。


mig.jpg


2011年3月11日の東日本大震災でもあれだけ甚大な被害をもたらしたのです。そしてその傷跡は今もまだ残っています。


それが人口密度のはるかに高い首都圏で発生したらと思うと恐ろしいほどの不安が湧きあがってきます。


yjimage.jpg


大型ビルの倒壊、道路の陥没、電車の脱線、火災、津波・・・


hqdefault.jpg

そして首都圏直下型地震によってもし富士山が噴火したら・・・・


volcano.jpg


今、職場のある渋谷ではかなりのハイペースで再開発が進められています。もちろん構造上問題のないようにしてはいるのでしょうけど、あれだけ地下深く掘り返してしまって大丈夫なものなのでしょうか?


新宿、渋谷、池袋、上野、東京、横浜等など、人の集まるところは地下を掘り返している場所ばかりです。


しかも2020年には東京でオリンピックが開催されるのです。


誰にもわからぬことですが、不安は募るばかりです。と言っても何もできずにいる自分がいます。


今、北朝鮮のミサイル問題で揺れていますが、そんな人間のやることよりもはるかに大変な自然との闘いに目を向けることができないのでしょうか?


そのあたりが何とも理解しがたく、歯がゆいですね。

タグ:地震 被害
nice!(0)  コメント(0) 

北朝鮮のミサイル問題 [ニュースネタ]

いよいよ9月に突入し、残すところ年内もあと3カ月弱、早いですね(笑)


でも先週は北朝鮮のミサイル問題で日本にとっては落ちつかいない1週間となってしまいました。


北朝鮮が8月29日、早朝6時頃、弾道ミサイル1発を発射しました。


reuters20170830181528-thumb-720xauto.jpg


ミサイルは中距離弾道ミサイルというものらしく、北海道の襟裳岬上空を通過し、太平洋上に落下しました。


SAG2017082901001102_id1_20170829092010.jpg


今年に入って既に13回ものミサイルを発射しているのです。


北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したのは5回だそうですが、その内4回は事前予告がありましたが、今回の発射についてはその予告がなかったそうなのです。


何とも不気味な印象が拭えません。この先一体どのような行動に発展していくのでしょう?


日本政府はミサイル発射から4分後の午前6時2分にJアラート(全国瞬時警報システム)を北海道や東北、北関東など12道県に発信しました。


しかし「頑丈な建物や地下に避難してください」と言われてもそう簡単には行くはずもなく。ましてや地方に行けば行くほどそのような施設は少なくなるばかりです。


これでは混乱と同様が広がるばかりです。とは言っても誰もが未経験の出来事です。そうなってしまうのも頷ける話だし、自分もきっとそうなっていたはずです。


今回のミサイルに関してはレーダー情報から日本に落下する可能性がないと判断し、自衛隊法に基づく破壊措置を行わなかったそうです。


破壊措置命令は、弾道ミサイルなどが日本に飛来する恐れがあり、人命や財産を守るために必要な場合、上空で破壊することを認める命令で、自衛隊法82条の3に基づき、防衛相が首相の承認を得て発令するそうなのです。


今までは破壊措置命令は、ミサイル発射の兆候を覚知した際に随時発令していたそうなのですが、北朝鮮が過去に例のないペースでミサイル発射を続けていることから、現在では政府は常時発令した状態にしているそうなのです。


img_7be37e18bb488cfee0da2994c13fb574195822.jpg


日本も対岸の火事ではなくなっているのだとつくづく思わされました。


現在、世界に核兵器を持つ国は9カ国ほどなのでしょうか?何度も人類を破滅させることができる核兵器が世界にあると言われています。


日本の防衛予算もどんどん増加しています。


核兵器を持って各国が牽制しあう世の中を望むのか?全核兵器を廃棄し、人類の平和を担保した上で牽制しあう世の中を望むのか?


核保有国が自国の核保有はそのままで、核の廃絶を訴えているのは本当におかしな話です。


優秀であろう人たちが世界の国を動かしているのです。何故、世界がこのようなおかしな方向に向かって行ってしまうのでしょう?


世界各国のお偉方はどのような将来を望んでいるのでしょう?


自国が世界のトップに君臨し、思うがままに世界を動かすことを望んでいるのでしょうか?

nice!(1)  コメント(0) 

2017年内に驚きの葬儀場ドライブスルーシステムが稼働開始? [その他]

驚きました。日本初となる葬儀場のドライブスルーシステムが2017年内にも稼働を開始する予定だというのです。


yjimage.jpg


時代のニーズに応えるものだというのですが、そもそもそのようなニーズがあるのでしょうか?


でも記事を読み進めて行くと確かに頷ける部分も多々ありました。


システムが導入されるのは、長野県上田市にオープン予定の葬儀場「上田南愛昇殿」だそうです。


読んで字のごとくファストフード店のドライブスルーのように、クルマを降りることなく葬儀に参列できるようです。


流れは、専用レーンを1台ずつ進み、受付台に備えられたタブレット端末を通じて参列者は自分の名前や住所を登録し、お香典を預けるとのことです。


そして自動焼香システムというものがあるようで、その場で焼香することも可能なんだとか。


yjimage2.jpg


喪主をはじめとする場内の参列者は、その様子をカメラを通じてモニターで確認できるそうなのです。


賛否両論あるでしょうね。


喪主やお身内の方は、実際の参列者とモニターと両方に気を配るとなると何とも慌ただしい葬儀になりそうですね。


それ以前に何とも味気ないような気がするというのが本音です。


お葬式と言うその場の空気に触れることができないというか、故人の魂に触れることができないというか・・・

このようなドライブスルーシステムを導入する理由を会社側はこのように説明しています。


「たとえば車いすで生活されているお年寄りが、クルマを降りることなく葬儀に参列できるようにするためです。こうした方にとって葬儀への参列は大変な労力を要し、「人の世話になるから葬儀に行けない」という声を多く聞きます。」

「また、葬儀はお昼や午後の早い時間帯に行われることが多く、忙しい方にとっては来にくいものですので、健康な方にもニーズがあるでしょう。喪服に着替える時間がなく、平服でも「顔だけは出したい」と思われる方も多くいらっしゃいます。こうした方々も参列しやすくする意図があります。」


こうして言われると確かに従来の葬儀の参列方法にも改善しなくてはならない点があるのだと感じさせられますね。従来の葬儀でもそのような悩みを持たれていた方がいたと言うことです。


でも一方で故人との最後のお別れの場です。


それが「ドライブスルーで」というのも何とも寂しい話です。喪主の方やお身内の方にしてみれば、何やら故人を軽んじられているような気になったりはしないものなのでしょうか?


誰もが自分の生活もありますし、仕事の都合もあろうかと思いますが、そんなに頻繁に次から次に葬儀があるわけではありません。


お仕事の都合くらい付けられぬものなのでしょうか?せめて故人との最後のお別れくらい、時間の余裕を持ってしたいものです。なんて勝手なことを言っていますが、誰もがそう思っているのだと思います。


「上田南愛昇殿」の荻原政雄社長さんも「ここまで簡素化していいものなのか?」と言う思いはあったとコメントしています。その上でこのようなコメントをしています。


「少子高齢化によって葬儀参列者は全体的に高齢化しており、スタイルも変化しています。それに、喪主さんは「あの人は(葬儀に)来た、あの人は来ていない」ということをよく覚えているものです。それは、行きたくても行けないという方にとっても心残りになりますので、ひとりでも多くの方に参列いただくことが重要だと考えています。」


お身体の不自由な方の場合、やはり施設の設備上の問題は考えなくてはなりませんね。当事者の方からすれば、周囲がそのような事を考えていなくても、自身の参列が周囲の方の手を煩わせることに恐縮してしまうのでしょうね。地方に行けば行くほど地域の密着度が強くなりますから、これらのようなケースが顕著に表れてくるのでしょう。


ドライブスルー形式の葬儀場、メリットもあればデメリットもありますよね。でもデメリットは双方の気持ちの持ちようでデメリットではなくなりそうです。


前向きにとらえれば確かに新たな一歩かもしれませんね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -