So-net無料ブログ作成
検索選択

祝!イチロー選手、メジャー史上30人目通算3000本安打達成! [スポーツ]

マーリンズ・イチロー選手がロッキーズ戦でメジャー史上30人目の通算3000本安打を達成しました。


611d4_1397_71706daa_ff92d78e-m.jpg


20160808-00010002-baseballc-000-1-view.jpg


メジャー16年目、通算2452試合目でアジア出身選手では初となる偉業だそうです。


今までの印象だとあっさり達成してしまうような印象を持っていましたが、意外にも「生みの苦しみ」を感じさせられた3000本安打の達成でした。


それにしても凄いことをやってのけたモノです。


3塁打を打ち、3塁に到達来たときに、スタッフがイチローを祝うためにフィールドに出て、イチロー選手と喜びを分かち合い、抱擁を繰り返している姿に思わず鳥肌が立ちました。


96958A9F889DE2E7E6E4E1E3E6E2E1E2E2E5E0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXMZO0579780008082016000001-KB2-4.jpg


正に感動の一言です。イチロー選手のあのような無邪気に喜ぶ笑顔を始めてみたような気がします。





今年の6月に日米通算で4257安打を達成したとき、ピート・ローズ氏の持つメジャー最多4256安打を上回ったことで、米国内では日米合算の記録を認めるかどうかで論争が沸き起こりました。


その時、イチロー選手と言えども、やはりアウェイと言う環境の中で戦っていたのだと嫌でも感じさせられました。「何故、ケチをつけるんだろうってね。」


また2008年、マーリンズが最下位に低迷する中で、ひたすら安打を重ねていくイチロー選手の姿に対して「利己的」とみる同僚選手などもいて、チーム内に亀裂もあったそうなのです。


イチロー選手の中でもそれらの周囲を取り巻く環境は、かなりのフラストレーションであったのだろうと思います。


しかし今回の3000本安打の達成はそうではありません。


4257安打を記録した際に苛立ちを見せていたピート・ローズ氏がその偉業を素直に称え、このようにコメントをしているのです。


c9d0be748ca97e102b759e279e84c48e-770x433.jpg


「3000安打を放った者は誰もが偉大な打者だ。イチローはとてつもない打者だ。3000安打は自動的に彼を殿堂入りにさせるものだし、少なくとも私はそうすべきだと思う。スピードと強肩を兼ね備えた偉大な打者だ。とても尊敬しているよ。3000本打つのはどれほど大変か知っているからね。3000安打クラブにホームランヒッターではない打者が入って良かった」


イチロー選手は記者会見で喜びをこのようにコメントしていましたね。


「この2週間強、ずいぶん犬みたいに年取ったんじゃないかと思うんですけど、あんなに達成した瞬間にチームメートたちが喜んでくれて、ファンの人たちが喜んでくれた。僕にとって3000という数字よりも僕が何かをすることで僕以外の人たちが喜んくれることが、今の僕にとって何より大事なことだということを再認識した瞬間でした」


物凄く実感のこもった感動的なコメントでした。


またイチロー選手がベンチで涙を拭うシーン、今にも顔が歪んで泣き出してしまいそうなシーン、もらい泣きしそうでした。





改めて、野球に真摯に取り組む姿勢、常にケガをせず万全の態勢で試合に臨めるように日頃のトレーニングに取り組む姿勢、道具を大切に扱う姿勢に尊敬の念を抱きました。


イチロー選手によっては当たり前のこの姿勢こそが、できそうで一番難しいことなのかもしれません。


でも恥ずかしながら、僕の座右の銘である「凡事徹底」を地で実践しているイチロー選手。


この少年が、この線の細かったプロ野球選手が、世界の一流選手と呼ばれるようになったのですから、天才等という言葉だけではあまりに失礼ですね。人一倍の努力が才能を開花させ、さらなる努力がここまでの高みに導いたのでしょうね。


「イチロー_幼少時代」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像).png


53233.png


ICHIRO-012.jpg


次は4000本安打?


50歳まであと8年でしょうか?イチロ選手ならこのまま活躍を続けて、達成も不可能ではないような気がしますね(笑)。


でもまずは、本当におめでとうございました。


dubliqr.gif



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。