So-net無料ブログ作成
検索選択

広島カープに親近感! [スポーツ]

日本シリーズ、応援していた日ハムが日本一になりました。


今回の日本シリーズ、本当に熱戦、熱戦で多くの人が引き込まれたのではないでしょうか?


そんな余韻も冷めやらぬなか、広島カープの選手たちの日常に初めて触れる記事を目にしました。


広島カープの練習量が多いことは折に触れて耳にしていました。


6238_03.jpg


CIMG1290.jpg


でも日本シリーズで敗退したその日に打ち込み練習をしていたと言うのです。


この記事を書いた記者さんが新井貴浩選手に話を聞いたそうです。


show_img.jpg


練習には皆さん、マイカー通勤ではなく、ほとんどが公共交通機関を使っていると言うのです。理由は危ないからじゃないかと言うことでしたが。特に選手からも不満の声はないようです。


そして練習に入る時間もどうやら他球団よりかなり早いようで、朝10:00前には汗だくになっていると言うのです。


そしてそれはナイターで遅くなった時も変わらないそうです。


その記者さんは他の球団も取材で見てきているのでしょうね。


このような内容が記事になっていると言うことは、やはりこの広島カープの日常が他球団と違うからなのでしょうね。


でも新井選手もこの広島カープの日常に違和感はないと言います。その中にいたらそれが当たり前にはなりますね。


広島カープが地元に根付いた球団だと言うこと、地元の人が何故、これほどまでに応援するのか、こんなところに理由があるような気がしますね。


広島カープに親近感を感じます。スゴく距離が近く感じます。


プロ野球選手と言えば、年棒数千万、数億円を稼ぎ、高級車に乗り、球場入り入りなんていうイメージを持っています。勿論実際は一部の選手だけかもしれませんが。


公共交通機関で練習場に、早めの時間に行って毎日練習をし、本番に臨む。


公共交通機関を使って毎日、早めに職場に通い、仕事をする。普通の社会人の日常生活となんら変わりませんね。


決して裕福とは言えない球団が、日本シリーズであわや優勝と言う所まで昇りました。それも普通の社会人の日常生活と同じような環境で、猛練習を積んで。


これでは広島県が地元じゃなくても、嫌でも親近感が湧きますね。


僕らは年齢的に、山本浩二さん、衣笠祥雄さん、達川さん、北別府さんや津田さん、大野さん、川口さんなどが活躍していた頃をよく覚えています。この頃はもっとハードな練習だったようです。


046-c5706.jpg


hcv526-jpp08310628.jpg


そういう歴史が球団に根付いているのでしょうか。


来シーズン、あと一歩で及ばなかった日本一、達成する瞬間を見たいものです。


勿論、日ハムにも頑張ってもらわねば。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。