So-net無料ブログ作成

ASKA容疑者の再びの逮捕 [芸能ネタ]

再びASKA容疑者の記事を見かけたとき、もうしばらく経過したのに随分と引きずっているのだなと思いました、そうではありませんでした。


ASKA容疑者の再びの逮捕でした。


20161128-OHT1I50169-T.jpg


本当に残念です。


6.jpg


ASKA容疑者は2014年に同法違反などの罪で有罪判決が確定し、執行猶予中の身でした。


逮捕されたのは28日。覚醒剤を使用した疑いが強まったとして警視庁組織犯罪対策5課が覚醒剤剤取締法違反(使用)容疑でASKA容疑者を逮捕しました。尿鑑定で覚醒剤の陽性反応も出ました。


しかし逮捕された経緯も覚醒剤の影響でしょうか?おかしなものでした。


ASKA容疑者は25日、午後7時ごろ、何と自分自身で「盗撮されているので確認してほしい」と110番したのです。言動に不自然な点があったため、尿の任意提出を要請。27日に尿検査を受け、科捜研で鑑定し、陽性反応が出ました。


そして28日の逮捕に至った訳です。逮捕当時は妻と2人で自宅にいたそうです。


afr1611280038-p14.jpg


しかしASKA容疑者は調べに対し「私が提出した尿から覚醒剤が検出されたとのことで逮捕されましたが、事実に反します」と容疑を否認しているそうです。


逮捕前のブログでもこのように書いています。


14:53  はいはい、皆さん落ち着いて
「逆に疑われてしまいまして尿検査を受けました。何の問題もありません。全てフライングのニュース」

15:05 陽性はありません
「100%ありません。」

15:20 ミヤネ屋さんへ
「『人が信じられなくなってる』なんて電話はしてませんよ。幻聴、幻覚などまったくありません。」

16:21 とにかく驚いています
「もし、科研が調べたのであれば、無実が証明されているはずです。尿から覚せい剤反応が出るわけなんてことはあるわけがないのですから」


何か自分の取った行動と事実とブログの内容が全くかみ合っていませんね。


元近畿厚生局麻薬取締部長の西山氏によると「クスリでボケている状態で、普通では考えられない異常行動は、典型的な薬物に起因する妄想型の精神症状」ということです。


今回、執行猶予中のことですから、実刑判決を受ければ、当然執行猶予も取り消されることになります。


ASKA容疑者は前回の事件後、薬物依存からの社会復帰を支援する民間施設「ダルク」で更生プログラムを受けていますが、1か月しか続かなかったようです。


こうなってしまっては、一旦実刑判決で服役して、根本的に薬物から強制的に隔離する方がASKA容疑者にとってもいいのかもしれません。


子供が小さい頃、カラオケで「YaYaYa」を一生懸命歌っていたことが思い起こされます。


何とか頑張って復帰して欲しいものです。素晴らしい才能があるのですから。



スポンサーリンク






タグ:ASKA 逮捕
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました