So-net無料ブログ作成

あまりにも惨い草加市の事故 [命]

2月8日、正午すぎに発生したあまりにも惨い埼玉県草加市の交通事故


交差点で、信号無視をしたトラックに親子がはねられ、お子さんは奇跡的に助かったものの、お子さんを庇った38歳の母親がお亡くなりになりました。


AS20170208003820_commL-300x197.jpg


あまりにも凄まじい事故でした。


ブレーキをかけた痕跡もなく、速度を緩めることもなく、そのままスピードで交差点に進入。他のトラックを巻き添えにして、保育園帰りの、仲良く手を繋いで歩いていた親子を襲ったのです。


子供が生きている事が正に奇跡とも言える事故。





トラックを運転していた八下田 誠男(しずお)容疑者(28)は、過失運転致死傷の現行犯で逮捕されました。


八下田容疑者は、調べに対しこのように話しています。


「道が混んでいたので、いつもとは違う道を通っていた。スマホで地図を見ながら走っていたため、信号をよく見ていなかった」。


あの速度で、スマホを見ながら走るとどのような事が起きるかぐらい想像がつくはずです。ましてや類似した事故が多発しているのです。


どうやって償えるというのでしょう?


ご主人のあまりにも淡々としたインタビューの受け答えに少々とまどいを感じました。


受け止めているとは言いながらも、きっとまだまだ受け入れられていないのでしょう。でもそれが普通だと思います。自分だったら気が狂っているかもしれません。


「事故を起こすと、どっちも被害者になる。起こした人も、起こしたくて起こしているわけではない。明らかに赤信号だけど、そんな人はいないんだし。ただ、やったことは、こっちも受け止めているんですよ。もう妻はいないんだから。車を運転した人も、それはしっかりと認めてほしい。」


9日はそのお子さんの2歳の誕生日でした。きっと親子でお祝いをする予定だったのでしょう。


そしてご主人は、そのお子さんが2歳を迎えるタイミングで、今まで取得していた育児休暇から仕事に復帰する予定であったそうです。


一瞬にして幸せに暮らしていた家族の生活を壊したこのような事故、なぜ無くならないのでしょう?


ご冥福をお祈りいたします。


t02200147_0624041610448295434.jpg



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました