So-net無料ブログ作成
検索選択

「じゃあ殺せ」! 冨田真由さん殺人未遂犯が法廷で怒鳴り退廷に! [事件]

先日も投稿させていただいた昨年5月に発生した東京都小金井市の冨田真由さん(21)の殺人未遂などの罪に問われた群馬県伊勢崎市の無職岩埼友宏被告(28)の裁判員裁判が23日、東京地裁立川支部で行われました。


kiso.jpg


先日、予定されていたのが冨田さんの体調不良により延期になったようですが、今回は頑張って出廷されたのですね。


いくら被告や傍聴席から見えないように、ついたてが設けられていたと言っても、自分を恐怖のどん底に陥れた人間のいる場所になど、恐ろしくて行けるものではありません。


そんな中で気丈にも自身の思いをしっかりと述べたのです。想像を超える勇気であったと思います。


「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」

「絶対に許してはいけません。一方的に感情を抱いて、思い通りにならなければまた人を殺そうとする人です」


岩埼被告は当初、無表情で聞いていたそうですが、「野放しにしてはいけない」という冨田さんの発言に「じゃあ殺せよ」と怒鳴ったのです。


裁判長が不規則発言をしないよう注意しましたが、冨田さんが「また人を殺そうとする」と話したところで「殺すわけないだろう」と怒鳴ったため、開廷から約20分後に、退廷を命じられました。


審理は一時中断し、再開後は検察官が被害者の思いを代読したそうです。


検察側は「常軌を逸した身勝手な犯行だ」として、被告に懲役17年を求刑しましたが、冨田さんの代理人弁護士は、無期懲役にするべきだと訴えました。


当然です。


梅沢富美男(66)がこのようなコメントを出していました。


20161214-OHT1I50034-T.jpg


「殺せよって言うなら、殺してやれよ。なんの罪もない子を殺そうとしてやった。何十回も刺したヤツが何で(懲役)17年なんだよ。17年っていったて短くなって10年そこらで出てくるんだろ。この子がかわいそう。今でもドキドキしていると思う。それなのに自分が悪いことをしたと思ってもいないヤツが殺せっていうなら、殺してやれよ」とまくし立てた。「裁判官なにしてたんだよ。殺せよって言った後だったら、『じゃあ、あなたは死刑にします』って言ってやれや」


正に世論の声、そのものだと思いました。


一方、被告の弁護側は「衝動的な犯行で計画性はない」と述べ、同じような刺傷事件での刑の重さを考慮すべきだと述べています。


被告も殺意はなかったと主張しているようですが、目撃者はこのように証言しているのです。


「野生の動物が獲物を狙って、仕留めているようだった」


thumb-12198-84687-domestic.jpg


そしてナイフで34回も刺しています。この行為をもって「殺意はなかった」と主張すること自体、もうすでに狂っているとしか思えません。


「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」


仮に「もう二度としない」と主張したとしても、既にそれは受け入れることができないほどの、取り返しのつかない罪を犯してしまいました。


せめてもの償いに自分の生涯を賭して、被害者の冨田さんが安心して暮らしていけるよう終身刑を受け入れるべきではないかと思います。


公判は結審し、判決は28日に言い渡されます。


もし今回の判決で、有期刑となり、いつの日か被告が社会に復帰するとなれば、冨田さんの精神状態はどのようになってしまうのでしょう?


今回の訴えは、被告を二度と社会復帰させないための命がけの訴えだったのだと思います。


21歳の、まだ成人になったばかりの女性がこれだけ勇気を振りしぼって、強い口調で訴えたのです。


同じような刺傷事件での刑の重さを考慮等せず、この事件の重大性のみを考えた判決を下されることを願うばかりです。


それにしてもこの岩埼友宏被告の人間性はいつ、何がきっかけでこのようなものになってしまったのでしょう?


そしてこのような人間が、社会に、身近にどれだけいると言うのでしょう?そう考えると恐ろしいです。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました