So-net無料ブログ作成
検索選択

浅田真央さんの引退 [スポーツ]

浅田真央さんが引退しました。平昌五輪までは続けると思っていたので、正直驚きました。


2016y11m14d_185948802.jpg


それにしても26歳で引退だなんて。ほぼ同世代の僕の子供がようやく社会人になったばかりだと言うのに(笑)


世間で言えばまだまだこれからという年齢。スポーツの世界、とりわけフィギュアスケートの世界の過酷さには驚かされます。


浅田真央さんは「膝と腰が既に限界に来ていた」、なんて記事も目にしました。それに浅田真央さんクラスの選手になると自分の意志だけでは引退もなかなか決められないのでしょう。


フィギュアスケート界の顔として活躍をしてきた選手、そして10社以上にも及ぶ企業スポンサー、浅田真央さんの引退は大きな痛手であることは間違いありません。


本当は体と心のバランスからしたらもっと早い引退を望んでいたのかもしれませんね。それが周囲への配慮や気配りでここまで延ばし延ばしになっていたのかもしれません。


それにしてもここまで広く、多くの人気を集めたスポーツ選手もなかなかいませんよね。


引退の記事が出てから、朝、配達しているスポーツ新聞のトップ一面を3日間だったでしょうか。浅田真央さんの記事が飾っていたのですから。


sim.jpg


テレビを見ていても、小さなお子さんからお年寄りまで皆、浅田真央さんの引退を惜しんでいました。


引退会見では浅田真央さんらしい、周囲への気配り溢れた、見ていて気持ちのいい会見であったと思います。つられて涙したファンの方も数多くいたのではないかなと思います。


001.jpg


最後のあいさつでは、後ろを向き、涙をこらえ少し沈黙する場面もありました。でも最後は笑顔でしっかりと言葉を選んで締めくくってしました。


浅田真央 引退会見38-600x314.jpg


これからどうされるのでしょうね?


「スケートは一言で言うと人生」と語っていました。そして「悔いはない」と。だから「生まれ変われるのならスケートの道はない」と・・・。


ファンとしてはこの先もスケートの世界で生きていく浅田真央さんを見ていきたいですよね。


一部では浅田真央さんに「国民栄誉賞を」、何て言う声も挙がっていましたね。


国民栄誉賞は広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者または団体の栄誉をたたえるため、内閣総理大臣が授与する賞。とあります。


スポーツで受賞された人たちは、何といっても実績がスゴイですよね。その点で言えば浅田真央さんの残した実績は世界選手権3度、全日本選手権6を制し、2度の五輪は銀メダルと6位でした。


実績の面で言えば、受賞されたスポーツ選手の域には及ばないと思いますが、これだけ広く老若男女から愛され、フィギュアスケートを人気の競技に成長させた功績はかなり大きいと思います。


実際の受賞が叶わなくても、誰もが認める国民栄誉賞級のスポーツ選手であったことは間違いありません。


長い間、本当にお疲れさまでした。


次のステップで活躍する姿を早く見たいものです。






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました