So-net無料ブログ作成
検索選択

福岡に続き、銀座でも強盗事件発生! [事件]

どうしたというのでしょう?


福岡に続き銀座でも強盗事件が発生しました。


福岡では20日の昼、中央区の駐車場で3億8400万が奪われました。金塊取引の為に引き出した現金です。


529e2368.jpg


そして21日は銀座。銀座で貿易関連の取引の為に用意した7200万円の内4000万が奪われました。


20170421-OYT1I50018-N.jpg


いずれも複数の犯行です。


多額のお金が、それも用意した直後。どう考えても計画的な犯行なのでしょうね。


それにしてもテレビや映画の世界ではなく、現実の世界でもそのような多額なお金を銀行間での送金や小切手ではなく、現金で持ち歩く人がいるのですね。


命を失わずに済んだことが何よりも幸いでしたが、すんなり諦めきれるような額ではありません。この後の人生を左右するような金額です。


しかし、こういう事件がこのあと、まるでブームのように連鎖反応的に発生することが気掛かりでなりません。


大文前になりますが、僕の住んでいた家の向いの家に用事で来ていた高齢の女性が、正に家の前でバイクで走ってきた男にバッグを引っ手繰られると言う事件がありました。数日後になってバックやら携帯やらは出てきたそうですが、やはり現金数万円は戻らずだったようです。


o0330023310208677114.jpg


確かに男女問わず、夜道を帰宅するときは本当に気をつけないとダメですよね。いや夜道だけ、人気のいない場所だけではないですね。


日中でもオフィス街など、サラリーマンやOLが昼食の為に外出していますが、財布や携帯を軽く握るようにして、おしゃべりしながら歩いています。


背後からひったくろうと思えば簡単に出来てしまいますよね。


今回、何よりも驚いたのが、銀座と言う、それも4丁目交差点の近くで、平日の昼でも買物客や観光客やらで人手もそれなりにいる場所での犯行だったことです。それを考えたら、オフィス街や雑多な繁華街、ましてや人気の少ない夜道など、本当に危険ですよね。


ひったくられそうになったバッグなどを無理に守ろうとしてケガしたり、最悪命を落とすこと危険もありますから、初めから隙を見せないようにするしか手は無いのかもしれません。


だから今は財布だけ持ち歩くときは、しっかりと手に持つようにしているし、帰宅時はバックは道路とは反対側の歩道側に持つように、または肩から掛けるようにしています。


1日も早く、犯人が見つかり、現金が戻って来ることを願うばかりです。


ところで話していて疑問に思ったのが、強盗とひったくり、何がちがうのでしょうね?


回答としてこのような回答を見かけました。違うのですね。


刑法上の罪名は、「路上強盗」は「強盗罪」、「ひったくり」は「窃盗罪」です。 強盗と窃盗の違いですが、窃盗に当たって「暴行又は脅迫を用いる」のが強盗です。つまり、路上で、相手に暴力を振るったり、脅しつけた上でふんだくるのが「路上強盗」、こっそり近づいてパッとふんだくるのが「ひったくり」です。



スポンサーリンク






タグ:銀座 強盗
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。