So-net無料ブログ作成

全日空機に爆発音?緊急着陸、乗客の命は? [ニュースネタ]

昨日、29日の夕方、午後5時25分頃、乗客387人を乗せた機内に緊張が走りました。


全日空機が離陸して間もない空港に引き返し、緊急着陸しました。乗客の命は全員無事でした。


問題が発生したのは、全日空264便(ボーイング777-200型)。福岡→羽田便です。


20151130k0000m040051000p_size6.jpg
http://mainichi.jp/select/news/20151130k0000m04004...より引用


乗員乗客387人を乗せた飛行機です。


通常、旅客機は高度10000m(33000フィート)が最高の飛行高度のようですから、おおよそ20分前後でその高度に達すると思われます。


今回のトラブルで20分後に離陸した福岡空港に緊急着陸したというのですから、まだ最高高度に達する前に、トラブルが発生し、引き返すことになったようです。


乗客の証言でも「離陸して5、6分ぐらいでドンドンと音がして衝撃がきた」と言うことですから、正に機体が斜めに上昇しているときの機体トラブルだった訳です。


一般的なジェット旅客機の場合、1秒間に15m~20m上昇するそうです。これは 上り勾配30°の道路を130km/hで駆け上るのとほぼ同じ上昇率といいますからかなりのものです。


その途中で左翼側で「爆発音を聞いた」「火炎を見た」などと証言している人もいるそうですから
恐かったでしょうね。かなりのパニックに陥ったのではないでしょうか?


全日空によると、同機は左右の翼に一つずつエンジンがあり、左エンジンの排気熱が異常に高まったことを示すランプが点灯したため、機長が左エンジンを停止し、右エンジンだけで引き返したそうなのです。


初めての知りましたが、飛行機は通常一つのエンジンだけども一時間以上は飛んでいられるようにできているそうですね。


でもそのようなこと、きっとを知らない人も多いですよね。そもそも鉄の塊が空を飛んでいること自体不思議に思っているという人も多いのですから(笑)。


緊急着陸により福岡空港は6分間閉鎖され、後続の発着便20本に遅れが出たとのこと。


乗客の証言は以下の通り。


「『ドン』という爆発音の後、左翼付近から一瞬炎みたいなものが見えた。機体が燃えてしまうのではないかと思い、怖かった」。


「離陸して5、6分ぐらいでドンドンと音がして衝撃がきた。機体が不安定に揺れ、ただごとではないと思った」


本当に生々しい証言です。


よく飛行機事故は、車の事故より確率が低い、安全な乗り物などと聞きます。


確かに統計上でいくとそうなのかもしれませんね。


でも交通事故の場合、生存も十分考えられますが、墜落事故は=死をどうしても連想させられます。


日本の民間航空会社では、29年前の日航ジャンボ機墜落事故以降、飛行機事故による死者は一人も出ていません。


それだけ機体の安全性とパイロットの質が高いと言うことなのでしょうか。


この飛行機の機長さんは今回のようなトラブルに実際に遭遇したことはあったのでしょうか?


パイロットは通常、二つのタイプのシミュレータ訓練を受けるそうです。


120618_0048_panda-640.jpg
http://www.aviationwire.jp/archives/4971より引用


dcx-cockpit-bv-300x199.jpg
http://fso-sol.com/より引用


一つは、何のトラブルが発生するかシナリオが決まっている定期訓練。

もう一つは、全く知らされずに実運航を模擬して同時に複数のトラブルシューティングを行うLOFT訓練です。


yjimageCLEB2L2Q.jpg
http://youhavecontrol.blogspot.com/2015/05/blog-po...より引用


殆ど航空機事故が発生していないと言うことは、実際のトラブルを経験したパイロットも少ないと言うことになりますね。


もし今回の機長さんもそうであったのなら、訓練通りの対応で、今回の事故を乗りきったことになるわけです。


パイロットに求められる資質や技量は半端なものではありませんね。


通常、航空会社のパイロットになるためには、定期運送用操縦士の資格を取得することが必要になります。


取得には飛行訓練が必要なため、航空大学校か航空会社の自社パイロット養成コースに就職して資格を取得することが一般的だそうです。


ちなみに平成24年度の航空大学校入学試験では、受験者350名に対して最終合格者が36名、倍率は約9.9倍と発表されています。


結構高い倍率ですね。


航空会社の自社養成パイロット採用試験の正確な合格率は発表されていませんが、非常に倍率が高いことで知られています。年によっては100倍以上の高倍率になることもあるようです。合格率にすると1%以下となります。


こちらも難関です。


パイロットを夢見る子供は多いですが、現実はかなり狭き門のようです。


今回のような事故が発生した時も、冷静に、日ごろの訓練通りにしっかりとした対応が出来る能力を求められるわけですから、おのずと狭き門になっていくのでしょうね。


それにしても今回の事故、初め目にした時、一瞬「テロか?」と思ってしまいました。


今回の事故に関して、調査中と言うことですが、爆発があったということですから、しっかりと原因解明を急いでほしいものです。


全員が無事で本当によかったです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

危機一髪、新聞配達員が火事から隣人救出! [新聞配達ネタ]

28日未明の北海道恵庭市黄金南で住宅火災が発生しました。


20151128-00010002-doshin-000-view.jpg
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6182367より引用


残念ながら一人の方がお亡くなりになってしまいました。その家の住民の60代の男性であろうとのことです。


火事は2階建ての家を全焼し、隣にも燃え移りました。


5e24796e613d91382adaa30f7d8b19bc.jpg
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1...より引用


しかし夜明け前の住宅街に「お隣が火事です。起きてください」と懸命に叫ぶ声が響きました。


そして激しくドアを叩く音。


それは激しく燃える家の両隣3軒のドアを叩く音でした。


文字通り叩き起こしたのでしょうね。


火事の発生を知らせるべく、必死にドアを叩いたのは、新聞配達中に火災に気付いた北海道新聞恵庭東部販売所の配達員小出幸子さん(68)でした。


小出さんは同日午前4時半すぎ、乗用車で配達中、焦げた臭いに気付き、次第に目が痛くなって来たことから火事だと確信しました。


配達を中断し、5分ほど周囲を見回った末、火災現場にたどり着きました。


しかし到着した時点で既に現場は玄関フードのガラスは割れ、火が噴き出していました。


東側の隣家にも火が迫る勢いだったため、即座に知らせに行きました。


玄関ドアをたたいて、一家4人を起こすとともに119番通報を依頼、さらに足が不自由な95歳の女性ら2人が暮らす西側の住宅などにも駆けつけ、避難するよう伝えました。


正に危機一髪の火事からの隣人救出劇でした。


小出さんは当時の事をこのように話しています。


「暗くてインターホンのボタンが見えなかったので、とにかく懸命にドアをたたいた。火が迫っていて無我夢中だった」


僕は札幌では、北海道新聞の配達をしていたので、よくわかりますが、明け方は一番冷え込みが厳しく、路面も凍結していますから、歩くにしても用心しないと転んでしまいます。


ましてや走るとなればそれこそ足をすくわれて仰向けに転んだりすることもあります。


それに札幌に近い恵庭でも先日からの悪天候でかなりの積雪もあったのだと思います。


そんな中での必死の救出活動です。雪に慣れているとは言え本当に大変だったと思います。


しかも小出さんは68歳の女性の配達員です。本当に同じ新聞配達をしている者として頭が下がります。


一家4人で逃げることが出来た吉川さんはこのように話しています。


「就寝中に聞こえた誰かの声のおかげで一家全員が助かった。知らせてくれた人に感謝したい」


妻(46)と長女(15)、長男(13)の4人家族です。


勿論これからの事も大変なのでしょうけど、まずは何よりも大切な家族全員の命が救われたのですから本当に良かったですね。


明け方の配達中には意外と色々な事に遭遇します。


つい先日も配達中に、消防車やパトカーが集まって来たことがありました。


あとでニュースにもなっていたようですが、女性が後ろから走ってきた自転車に乗った男とぶつかり、口論となった末に、鈍器のようなもので頭を殴られてけがをする傷害事件が発生し、そのまま男性が逃走するという事件があったわけです。


他にも今までこんなことに出くわしました。


●路上で人が倒れていた。

●男女がガチで殴り合いをしていた。

●彼氏に殴られ、救いを求められた。

●冬の玄関先で倒れている老人がいたので、「こんなところで寝ていたら寒さで死んでしまいますよ」と声をかけていたら、トイレに行きたかったらしく、失禁してしまった。

●配達先の図書館の自動ドアが真夜中にも関わらず全開になっていた。警察に通報。閉め忘れだったようです。

●見たことのない動物が路上で血を流していた。何の動物でしょう?お巡りさんを呼んで警察に引き渡しました。

DSC_0046.JPG

●女装のおじさんが歩いていた。


●大の苦手のセミとエレベーターで一緒になってしまった。

110819_041705.jpg

●雨の中、駐車場で上半身裸のおじさんが太極拳みたいな事をしていた。

●倒れていた人に声をかけ、家を聞き出し、知らせに言って戻って来たら消えていた。知らせに行った家もベルを鳴らしてもでなかったので良かった。お巡りさんを呼んで後はお任せしました。

●霧の夜に広い道路のセンターラインの上を裸足の女性が歩いていた。

●8階建ての団地を配りながら左に曲がったらいきなり雪だるまがいて声をあげそうになってしまった。8Fまで雪を運んだんですね。

DSC_0811.JPG


色々ありますね(笑)。


でも今回のような人命に関わるような事に出くわした時に、自分に小出さんのような勇気のある行動がとれるのだろうかと自問自答しています。
タグ:新聞配達
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

糖尿病の7歳児に治療をさせず死に至らしめた男が逮捕! [命]

26日、栃木県下野市の自称・祈とう師の近藤弘治容疑者(60)が糖尿病の7歳児に治療をさせず、死に至らしめた殺人の容疑で逮捕されました。


35b9a_1110_20151126-133816-1-0000.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/10877906/より引用


亡くなったのは糖尿病の今井駿君(当時7歳)で、1型糖尿病に必要なインスリンの注射を中断させ、死亡させた疑いです。


耳を疑いました。


わずか7歳と言う短い生涯でした。


駿君は「1型糖尿病」と診断されていました。


僕らがよく耳にする糖尿病は、一般的に生活習慣が悪かったり、暴飲暴食が原因でなったりしますね。でもそれらに起因して起こる糖尿病は「2型糖尿病」と言って、駿君が患っていた「1型糖尿病」とは異なるようです。


18843fd9b03de2a50d04a7f0b0d745da.jpg
http://nurse-like.com/%EF%BC%91%E5%9E%8B%E7%B3%96%...より引用


「1型糖尿病」の場合は生活習慣は関係しておらず、膵β細胞の破壊によるインスリン欠乏が原因とのことです。


そのため、1型糖尿病の場合は治療の原則はインスリンを適切に補充することだと言うのです。


17204746_T3.jpg
http://imagenavi.jp/search/search.asp?kw=%83C%83%9...より引用


でもまだ病気の事をよく理解し、我慢すると言う事が年齢的にも厳しかったのかもしれませんね。


「どうして僕だけ注射を打たないといけないの」と嫌がっていたとのことです。


20151127-101315-1-0000.jpg
http://www.news24.jp/articles/2015/11/27/07315897....より引用


そんな駿君の切実な訴えが、両親の正常な判断を誤らせてしまったのでしょうか?


藁にもすがりたい両親に「龍神」を名乗る近藤容疑者は「不治の病を治す」などと話し、去年12月に治療を依頼されるわけです。


近藤容疑者は、下野市内で解体業などを営んでいたそうですが、ほとんど営業実態はなく、たびたび奇行を目撃されたりして、近所の人も関わりを避けていたということです。


ご両親は医師の資格もないこの男の民間療法とも言えないような話をなぜ信じたのでしょう?民間療法でも試してみようと考える人はみなさん、治癒した人の体験談や評判等をまずは調べると思うのですが・・・。


どのような経緯で駿君のご両親と近藤容疑者が接点を持ったのかもわかりません。


近藤容疑者は「男児の腹の中には死に神がいて、インスリンでは治らない」とし、インスリンを投与するなどの治療をしないように指示していました。


そして近藤容疑者が行った実際の治療はと言うと「死に神退散」と呪文を唱えたり、体をさすったりしていたと言います。


そのようなとても治療とは言えないような行為で両親から治療費としてあわせて200万円以上を受け取っていたということです。


両親は、今は「龍神に頼んだのは間違いだったと後悔している」と話しているそうです。


他人が聞いたら、どう考えても信用できない話なのですが、子供の命を何としても救いたいと言う強い気持ちが、冷静さを失わせていたのでしょうか?


周囲に冷静な判断が出来る人は居なかったのでしょうか?


そもそもご両親は1型糖尿病という病気そのものをしっかりと理解していたのでしょうか?


駿くんの容体は死亡する3日前から急激に悪化していたそうですが、それでもご両親が病院に連れていくことはありませんでした。


考えられないような行動です。


俗に言う洗脳と言うものなのでしょうか?


死亡する前日に至っても、ご両親が近藤容疑者に「改めて治療をお願いしたい」などと電話で連絡を入れていまます。


近藤容疑者はその際にも、インスリンを投与するなどの治療をしないように指示しています。


両親は駿君の容体が悪化した際に近藤容疑者に相談をしていましたが、近藤容疑者は「私には特殊能力がある。ハンバーガーを食べたり栄養ドリンクを飲んでいれば大丈夫」などと、言葉巧みに両親を信じ込ませていたということです。


近藤容疑者の精神状態に問題はないのでしょうか?


もし精神状態に何らかの問題があり、その上で人にこのように他人を洗脳と言うのかマインドコントロールと言うのかはわかりませんが、信じ込ませる事が出来ると言うのは、本当に恐しいことです。


現在、近藤容疑者が金目的で犯行に至った可能性も視野に捜査をしているそうです。


余罪きっとあるのでしょうか?


またご両親についても保護責任者遺棄致死の疑いで書類送検する方針とのこと。


それにしても何とも悔やまれる事件です。


適切な治療を受けてさえいれば、失わなくてもよかった命です。


病院の関係者の人や学校の先生、カウンセラーの人などの力を借りて、駿君に病気の事をわかりやすく、恐怖心を与えることなく、正しく理解させることが出来なかったのでしょうか?


ご両親が誤った方向に流されていくのを周囲は止めることが出来なかったのでしょうか?


先日の無責任な親の行動で命を落とす子供がいる一方で、子供を救いたいあまりに誤った選択をしてしまい、その事で命を落とす子供もいます。


同じように糖尿病のお子さんをお持ちの親御さんにはショックな事件でした。


親の責任をつくづく感じさせられる事件が続きます。つらいですね・・・。

タグ:糖尿病
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ショック!アメリカで1歳児がオーブンで死亡! [命]

今月、アメリカで8歳児に殴られ乳幼児が死亡すると言うショッキングな事件が発生しましたが、新たに信じられないようなショッキングで痛ましい事件が発生してしまいました


なんとアメリカで1歳児がオーブンで死亡したというのです。


事件は米テキサス州ヒューストンで16日に起こりました。


留守番をしていた1歳の女児が、3歳の双子のきょうだいにオーブンに入れられ、焼死すると言う痛ましい事件です。自宅には他に5歳児のきょうだいもいたようです。


死亡したのはジェイザイラ・トンプソンちゃんです。


puffer-15.jpeg


3歳の双子のきょうだいのうち1人が妹をオーブンに入れ、もう1人がスイッチを入れて「温めた」といいます。


20151126-232617-1-0001.jpg
http://www.news24.jp/articles/2015/11/26/10315883....より引用


この事件も前回の事件と同様、母親が5歳以下の4人の子供を残して処方薬やピザを取りに行くために恋人と外出していたわけです。時間にして2時間ほどです。


そして帰宅すると3人の子どもたちがキッチンを指さしながら泣き叫んでいたというのです。


自分達のしたことがどのような事になったのか?雰囲気で理解できたのでしょうね。恐かったでしょうね。


この事からも双子のきょうだいに悪意などなかったことが伺えます。


トンプソン被告は、状況に気付き、女児をオーブンから出し、蘇生を試みましたが、手遅れだったとのことです。


母親のラクアル・トンプソン被告(25)と交際相手の男性(21)が子供を危険にさらしたとして25日までに訴追されました。


05964f26f1e4822c0ba5705e95b3697c6706437b.jpg
http://friends.excite.co.jp/channel/article/10978/より引用


確かにオーブンの中に人を入れると言う行為そのものは、誰もが想像もしないような行為です。


8歳児童の事件といい、今回の事件といい何故このような事が立て続けに起き、幼い命が犠牲になってしまうのでしょう?


少なからず、今までの子育ての経験から、物事の分別のつかない子供が、大人の想像もつかないような行動を取ることを経験してこなかったのでしょうか?


同じように親の不注意で幼子を死なせてしまった、正に8歳児童のニュースなど目に、耳にしてこなかったのでしょうか?


双子のきょうだいは何を思い、何を感じて妹をオーブンで温めてしまったのでしょう?


泣き出してしまい、静かにさせるためにオーブンに入れたのでしょうか?


寒そうにしていたから、中に入れて暖めてあげようとしたのでしょうか?


かくれんぼでもしていたのでしょうか?


オーブンが焼き上がる時に鳴る合図音が聴きたかったのでしょうか?


ジェイザイラちゃんは嫌がらなかったのでしょうか?


嫌がって暴れたら、二人とはいえ、3歳児が無理矢理オーブンの中にジェイザイラちゃんを入れることなどできたのでしょうか?


5歳の年長の子供はその時どうしていたのでしょうか?
いずれにしても、親が幼いきょうだいを残して不在にしなければ、かなりの確率で起こらなかった事件です。


きょうだいの話によると、ジェイザイラちゃんはオーブンの中から扉を蹴っていたと話しているとの事。


きっと想像も付かない、考えたくもない辛い状況の中で必死にここから出してくれと必死だったのでしょうね。


辛かったでしょうね。


熱かったでしょうね。


恐かったでしょうね。


わずか19ヶ月の命、何のために生まれて来たと言うのでしょう?


小さな子供が命を失う事件ほど悲しいものはありません。


そしてその原因が親の身勝手な、我が儘な行動にあるならば尚更です。


残されたきょうだい、中でも双子のきょうだいのこれからが心配です。


残されたきょうだいは、これからお母さんとどう接していったらいいのでしょう?

ジェイザイラちゃんのご冥福をお祈り致します。


558126ee-s.jpg
http://www.gekiyaku.com/archives/47018582.htmlより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

軽減税率はやはりデメリットになるのでは? [増税]

先般から自公で論議されている軽減税率の財源の問題で、安倍首相が財源は4000億円以内にするよう指示があったと谷垣氏が公表しました。


puffer-6.jpeg


ところが今度はその夜に安倍首相は「具体的な数字を出すわけがない」などと明言しました。


puffer-7.jpeg


これだけ関心事の高い内容に関して首相と幹事長の言っていることに食い違いがあるというのはどう言うことなのでしょう?


考えれば考えるほど軽減税率はデメリットになるようにしか思えません。


自民党は軽減税率導入による減収分は「税と社会保障の枠内」である4000億円以内と主張しています。


この4000億円はそもそも低所得者の医療費等を国が補助する「総合合算制度」の新設見送りにより浮くお金です。


つまり低所得者対策を見送ることにより出来る財源を軽減税率に伴う減収分に充てると言うことです。


「総合合算制度」は低所得者の家計に過重な負担をかけない」観点から、制度単位ではなく家計全体をトータルに捉えて、医療・介護・保育・障害に関する自己負担の合計額に上限を設定するというものです。


低所得者対策に使用するはずだった財源を、低所得者だけではない人達も含めた全国民の軽減税率の財源に充てると言うのですから、やはりちょっと気持ちがスッキリしませんね。


低所得者層が本来受けられるはずだった恩恵を皆で分けましょうと言うことですから、当然その恩恵は大きく目減りします。


今回、安倍首相が指示したしないはどちらでもいいとして、4000億円以内となれば、生鮮食品が中心となります。


財源の問題はありますが、線引きの問題でも食品表示法に基づく「生鮮食品と加工食品の区別は加工食品内の線引きよりははっきりしている」とする自民党の主張はもっとなものかもしれません。


でも生鮮食品内でもやはり微妙な線引きが発生するのも事実です。


例えば、混ぜると言う行為は食品表示法では加工と見なされるそうですから、豚のミンチは生鮮食品でも牛を混ぜた合挽きは加工食品となります。


puffer-4.jpeg


puffer-5.jpeg


マグロのお刺身は生鮮食品でも他のお刺身との盛り合わせとなると加工食品となるわけです。


puffer-1.jpeg


sasimori5.jpg


しかしスーパーに行けば同じ売り場にある訳ですね。


何だかバカらしいようなお話です。


もし加工食品がはずされるとなれば、低所得者層にとっては大きな打撃です。


僕らが食費を節約する上で加工食品は切っても切れないものです。


カップ麺にサラダ、コンビニ弁当、冷凍食品。サラリーマンやOL、ちょっと手抜きしたいときの料理等々。


puffer-8.jpeg


024.jpg


puffer-9.jpeg


低所得者対策に充てるはずだった財源がなくされ、替わりに導入された軽減税率の恩恵の少なさを考えると、結局は一番恩恵を受けるのは富裕層と言うことになりませんか?


そもそも何のために増税をするのか?


その増税に当たり、どのような人達の負担を軽減させてあげればいいのか?


シンプルに考える必要があるのではないでしょうか?


くどいようですが、これから類を見ない高齢化社会を迎えるに当たって、もう国の財源は限界なのですよね?


だから財源を少しでも確保するために増税をするのですよね?


勿論全国民に軽減税率を適用出来ればそれに越した事はないでしょう。


でも、そもそもそんな余裕があるのでしょうか?


本当に厳しい人達にしっかりと手を差し伸べて、ある程度の収入がある人には我慢をお願いするしかないのではないでしょうか?


しかし悲しいかな、お願いする側の人間に不正をしたりする人がいるから、国民がそう言う我慢をしようという気持ちになれないわけです。


一般市民とかけ離れたような裕福な生活をしながら、さらに潤おうとします。


国民を納得させるだけの姿勢をまず、政治家が見せることからスタートしなければならないと思います。


いつも理想論で終わってしまいます。


同じことの繰返し(笑)。


下記はウルグアイのホセ・ムヒカ大統領が、スペイン語版CNNのインタビューで語った言葉です。とても印象的でしたので、ご紹介状しますね。


puffer.jpeg

「お金をたくさん持っている人は、政治の世界から追放されるべきだ」 ムヒカ大統領は、裕福な人々そのものを嫌っているわけではないと言います。 ただし、お金持ちではない多数派の人々の利益を代表するという仕事を、裕福な人々がうまくできるとは考えていないのです。 「政治の世界では、彼らを分け隔てる必要があります。 お金があまりに好きな人たちには、政治の世界から出て行ってもらう必要があるのです。 彼らは政治の世界では危険です。 (中略)お金が大好きな人は、ビジネスや商売のために身を捧げ、富を増やそうとするものです。 しかし政治とは、すべての人の幸福を求める闘いなのです」 「彼ら(裕福な人々)は世界を、彼らの視点、つまりお金の視点から捉えます。たとえ善意に基づいて取り組んでいるときでも、彼らの世界観、生活観、それに何かを決定する観点を提供するものは、お金です。 私たちの住む世界が多数派によって統治されなければならないとするなら、私たちは自らの視点の拠り所を、少数派ではなく多数派の視点に置くよう努力する必要があります」


HUFFPOST
http://m.huffpost.com/jp/entry/6052326より引用


yjimage.jpeg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

電撃発表!KAT-TUNの田口淳之介が脱退! [芸能ネタ]

24日に行われた日本テレビ系音楽の祭典「ベストアーティスト2015」で、KAT-TUNから衝撃的な発表がありました。


無題.png
http://matome.naver.jp/odai/2144836425514718501より引用


田口淳之介さん(29)が、KAT-TUNを脱退して、ジャニーズ事務所を退所するというのです。


ファンの人達は驚いたでしょうね。


これで2010年の赤西仁さん、2013年の田中聖さんについで3人目です。


298803003_1750249cc8.jpg
http://www.flickr.com/photos/hui614/298803003/より引用


img20070622_2_p.jpg
http://yaplog.jp/s2kames2/archive/24より引用


メンバーが半分になったと言うことですから、その時ファンの人達の頭によぎったのは「解散」の二文字だったのかもしれません。


田口さんのコメントは以下の通りです。


kat-tun-taguchi2-1.jpg
http://ringosya.jp/kat-tun-taguchi-kominerena-1400...より引用


「皆様へ、私田口淳之介は一身上の都合により、ジャニーズ事務所との契約を終了する事となりました。 2016年はKAT-TUNのデビュー十周年という年ですが、その十周年を節目にKAT-TUNを離れ、自らの道を歩む運びとなりました。 今まで応援して頂いたファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様、スタッフの方々には突然のご報告となり誠に申し訳ございません。 KAT-TUNのメンバーとして活動する最後の日まで全力を尽くしますので、何卒、宜しくお願い致します」


どうやら所属事務所とも再契約をしないことで既に話はまとまっているとの事。


それにしても脱退理由はなんなのでしょうね?


一方、他のメンバーのコメントは以下の通りです。


亀梨和也さんコメント


3530762207_4785a098eb.jpg
http://girlschannel.net/topics/6/より引用


「この度は、突然の発表。幾度も、多くの関係者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 そして、デビューから10年。様々な思いをさせてしまっているのにもかかわらず支え、一緒に歩んでくださっているファンの皆様。本当にごめんなさい。今の自分としては、どの言葉で気持ちをお伝えすれば良いか、正直分かりません。 グループの一員としては、なぜ今なのか。情けなく、悔しい気持ちです。 ただ、KAT-TUNとして、状況を受け止め、頂いているお仕事に真摯に向き合い、全力で取り組む。これが、今の自分に出来る事だと思っています。 ファンの皆様に笑顔になって頂けるよう、残る4人でのKAT-TUNの時間を大切にしたいと思います」 


中丸雄一さんのコメント


nakamaru.jpg
http://laughy.jp/1432182386371108537より引用


「本日、皆様にご報告しなければならないことを心苦しく思います。 この度、メンバーの田口淳之介がグループから脱退することになりました。 この様な結果にならない為に、これまで多くの時間を掛けて話し合いを致しましたが、彼とは芸能活動に対する考えに大きな隔たりがあり、最善を尽くしましたが、その溝を埋めることは出来ませんでした。 グループのデビュー10周年を目前にして、前向きなことをお伝えしたい気持ちに反していることや、度重なるメンバーの脱退に、応援してくださっている皆さん、関係者の皆様に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。 そして、これまで長く苦楽を共にしてきた仲間が抜けることに非常に深い悲しみを抱いています。田口の今後の具体的なビジョンは聞いておりませんが、これからも田口を温かい気持ちで見守っていただけたら幸いに思います。 皆様からKAT-TUNへ変わらぬ応援を頂くために、今後も一層の精進に努めてまいります。」 


上田竜也さんのコメント


dk54dy0siaA.jpg
http://topicks.jp/14908より引用


「これまで僕達4人を愛し応援して下さったファンの皆様、またお世話になっている関係者の皆様には、何度も裏切るような形となってしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。 色々あったグループですが、来年10周年を迎えられることは、支えてくださった皆様のお陰だと心から感謝し、更なる高みを目指そうと話し合いを重ねる中で、田口より同じ方向を向いて進めないという話が出ました。 本人には何度も説得を試みましたが意志が固く、このようなご報告を申し上げることとなり、自分の力不足を痛感しています。 今、頂いているお仕事を精一杯務め、全力で頑張りますので、何卒宜しくお願いいたします。」


「情けないとか悔しい気持ち」

「考えに大きな隔たり」「溝を埋めることが出来なかった」

「同じ方向を向いて進めない」「何度も説得を試みた」

等々、円満な脱退とは言えないような言葉が要所要所に出てきますね。


かねてより噂のある小嶺麗奈さんとの結婚と言うことであれば脱退の必要はないでしょうし、仮に脱退せざるを得ない事情があっても、それは新たな人生の門出ですから、こういうコメントにはならないと思うのですが。


E5B08FE5B6BAE9BA97E5A588-2dfad.jpg
http://mushimegane-news.blog.so-net.ne.jp/20150116...より引用


俳優業への転身でしょうか?それなら場合によっては両立もできますし、やはり新しい門出です。


ある関係者によると、田口さんの天真爛漫で、争いごとを好まない優しい性格が、競争の激しい世界の中で、時にはアイドルとしての向上心に水を差すようなこともあったというのです。


KAT-TUNは来年10周年を迎えます。


その節目の年を迎えるにあたって、他のメンバーとの温度差が表面化してきてしまったのでしょうか?


自分の性格を見据え、これからの活動を考えたときに、他のメンバーとの温度差や方向性に無理が出てきたということなのでしょうか?


確かにそういう穏やかな、のんびりした雰囲気は容姿にも現われているように思います。


でもこの理由が一番納得できそうな理由ですね。


これが理由だとしたのなら、大分以前から悩まれていたのでしょうね。


KAT-TUNの解散は今のところないようですね。


田口さんの脱退後もまだハッキリしていないようですが、こちらはおいおい明らかになってくるのでしょうね。


紆余曲折を経ながらもここまで一緒に頑張ってきたわけですから、仲たがいしての脱退だけは避けてほしいものですね。


何よりもファンが悲しみますからね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

高橋由伸 、引退セレモニーで現役生活を完全燃焼! [スポーツ]

巨人の高橋由伸新監督(40)が23日に行われた引退セレモニーで現役生活を完全燃焼させました。


20151123-00000140-spnannex-000-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-0000014...より引用


セレモニーは東京ドームでの「ジャイアンツ・ファンフェスタ2015」の中で、「監督就任のセレモニー」も合わせて行われました。


これでようやく一区切りが着いたと言うところでしょうか?


原巨人の優勝が消滅した時点から、急ピッチで進められた監督人事。


当の本人ですら来期も現役を見据えて準備をしていたのを翻意させての就任でした。


監督に就任するなら「兼任はあり得ない」とし、「現役に未練はないと」自らの現役生活に終止符を打ちました。


20151027k0000m050044000p_size8.jpg
http://mainichi.jp/sports/news/20151027k0000m05003...より引用


そうして引退試合もないままで、そのまま引退となった訳です。


そう言う意味ではファンの中にも唯一モヤモヤしていた部分だったのてはないでしょうか?


こんな劇的な流れで、それも巨人の監督に就任するなんて、あとにも先にも高橋監督しかいないかもしれませんね。


でもこれでスッキリしましたね。


それにしても一打席限定で行った管野、阿部バッテリーとの真剣勝負で左中間にライナー性のヒットですからね。


試合の中で見たかったですよね。





本当に勝負強さは大したものです。今季の打率3割9分5厘と言う勝負強さはやはり本物でした。


でもこの打席に入るにあたって、練習の休養日を削って、室内練習場で打ち込みをして臨んだということです。


引退試合のなかった高橋監督にしてみたら、自分の打席を見せることができる最後の場であったから、自分らしいバッティングを見せたかったのでしょうね。本当に見事でした。


でも、見事なバッティングであればある程、今更ながらですが、やっぱり引退はもったいないですよね。


引退スピーチの全文は以下の通りです。


 ◆全文は以下の通り

私、高橋由伸は今シーズン限りで現役を引退します。

ともに戦ってきた巨人軍の皆さま、応援してくれたファンの皆さま、支えてくれた家族、すべての方に感謝します。本当にありがとうございました。

大きな希望と不安を抱き、巨人軍に入団し、神宮での初ヒット、東京ドームでの初ホームラン、今でも昨日のことのように思い出します。

誇れることがあるとするなら、巨人軍で現役生活を全うし、完全燃焼できたことだと思います。ここ、東京ドームで温かい声援を一身に受け、プレーできたことは本当に幸せな時間でした。

プロ野球選手として野球を職業にし、来る日も来る日も野球と向き合い、戦いの場にいました。それは楽しかったことよりも、重圧を感じ、苦しかったことの方が多かったように思います。

そんな日常だからこそ、一方で、達成できたことの喜びは大きく、18年間頑張ることができました。

来季からは偉大な先輩方が務められた巨人軍の監督に就任します。

これまで以上の試練や困難が待ち受けていると思います。選手時代以上に皆さまの声援を力強く感じながら、叱咤激励を受けながら監督を務めていきたいと思います。

最後に、皆さんに誓います。

どんな逆境にも立ち向かい、覚悟を持ってまい進します。そして、野球の素晴らしさをしっかりと伝えていきます。

今日は、このような素晴らしい舞台を用意してくださった関係各位の皆さま、あらためて感謝申し上げます。

18年間、本当にありがとうございました。


PN2015112301001805_-_-_CI0003.jpg
http://news.goo.ne.jp/picture/sports/PN20151123010...より引用


立派なスピーチでした。


小さなお子さんからの花束、長嶋終身名誉監督からのボールのプレゼントのシーンなど、ジーンときてしまいました。


お子さんにとっては最高の思い出になりましたね。幼心にも誇らしかったのではないでしょうか?


スポーツ選手はよく「子供の記憶に残るまでは現役を続けたい」ようなことを良く言いますよね。しっかりと目に焼き付けてくれたらいいですね。


20151123-00000044-jijp-000-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-0000004...より引用


長嶋終身名誉監督は、高橋監督が巨人に入団した時の監督です。その恩師からの直筆ボールを手渡されました。


ps1a88w4460.jpg
http://weblog.hochi.co.jp/yaguchi/2015/11/post-a64...より引用


PK2015112402100066_size0.jpg
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/npb/news/...より引用


ボールには一生懸命書いた「勝つ、勝つ、勝つ!」と書いてあります。


20151124-00000005-spnannex-000-0-thumb.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-0000000...より引用


これには嬉しかったでしょうね。


今回のセレモニーに関しては、高橋監督が自身の現役生活を続行したいという気持ちを封印して、巨人の監督に就任してくれたことへの球団サイドの精いっぱいの感謝の気持ちを表したセレモニーであったなと思いましたね。


本当にいいセレモニーであったと思います。


それにしても打席に立った時の高橋由伸は本当にカッコイイですね。


20151123-OHT1I50094-T.jpg
http://www.hochi.co.jp/giants/20151123-OHT1T50210....より引用



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

天龍が指原莉乃を相方に滑舌の悪さを逆手に司会初挑戦! [テレビ]

今月15日に惜しまれながらもプロレス界を引退した天龍源一郎さん(65)が、HKT48の指原莉乃さん(22)を相方に、なんと滑舌の悪さを逆手にバラエティー番組の司会に初挑戦します。


20151123-00000005-nksports-000-2-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-0000000...より引用


年齢差43歳、身長差30cmの新タッグ結成です。


それにしてもこの手の大きさの違い!スゴイ差ですね(笑)。握手しだだけでポキっといきそうですね。


番組は日本テレビ系バラエティー「みんなで悩めばコワくない」。(12月6日午後1時15分)


番組は薄毛をはじめとするコンプレックスに対して、同じコンプレックスがありながらもポジティブに生きている人が登場し、アドバイスを送るというコンプレックス応援バラエティーです。


確かに滑舌の悪さもコンプレックスのひとつですよね。


冒頭で天龍源一郎さんが、タイトルコールをすると、指原さんがすかさず「タイトルがはっきりわからないまま始まる斬新なスタートです」とツッコミを入れ笑いを誘ったとの事。


目に浮かぶようで思わず笑ってしまいました。


それにしても天龍源一郎さんの滑舌の悪さを逆手に取るとは、面白いですよね。プロデューサーにアッパレです。


正に番組の内容にピッタリの人選かもしれませんね。何といっても滑舌の悪さを逆手にしてのバラエティーデビューなのですから。それも司会で。


「日本一滑舌の悪いしゃべるスタンプ」と題して音声付きのLINEスタンプが販売されたほどの人気ですから、プロデューサーが目をつけるのも当たり前ということなのでしょうか(笑)


1433337327.jpg
http://www.choshuriki.com/news.phpより引用



天龍源一郎さんのお酒の飲みすぎやプロレス技の受けすぎで声がつぶれてしまったようですが、天龍源一郎さんにとっては、プロレスに全精力をかけてきただけに、そのつぶれた声と滑舌の悪さも勲章なのでしょうね。


指原さんは、いつの頃かよく覚えていないのですが、まだAKBでもあまり知名度がない時だったでしょうか?


深夜番組で、緑の3本ラインのジャージを着て、水をかけられたりして、体当たりの仕事をしていたのを覚えています。それが総選挙で1位になり、今では見ない日がないほどの人気者です。


o0800120510914786518.jpg
http://ameblo.jp/10rinaa2ko/entry-10729677251.htmlより引用


2007年にAKBのオーディションに合格してから2013年に1位になっていますね。子供のような年齢から競争の激しい芸能界で頑張っていたわけですから、よく頑張っていますよね。


それにしても、あれだけ激しいプロレスの世界で生きてきた人が、同じテレビに映る仕事とはいえ、全く違う分野のバラエティーですからね。


勿論、向き不向きもあるのでしょうね。天龍さんは競馬の実況もされたことがあるようですね。それこそしゃべりのお仕事ですが、大丈夫だったのでしょうか?


244942.jpg
http://live.nicovideo.jp/watch/lv197308771より引用


プロレスを引退して政治家になったアントニオ猪木さんや文部科学相の馳浩さん、タレントの高田延彦さん、「居酒屋 カンちゃん」を経営するキラーカーンさんなどは有名ですね。


ref_l.jpg
http://blogos.com/article/82214/より引用


AS20151106000148_commL.jpg
http://www.asahi.com/articles/DA3S12053415.htmlより引用


20130419_nakajima_17.jpg
http://koskosnews.com/geinou/%E9%AB%98%E7%94%B0%E5...より引用


20150603-OYT8I50484-N.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/life/special/prowres/2015...より引用


でも引退後、どの道に進むにしても、その道で食べていくのに必要な努力だとか忍耐だとか、研究新だとかいうものは、プロレスで名を馳せた人たちは既に身につけているのかもしれませんね。


それにしてもコワモテだった天龍源一郎さんのこの衣装、なかなかお似合いです(笑)。


長州力選手も、引退後バラエティーの方に来られるのでしょうか?まだ先かもしれませんが、バラエティーでの天龍さんと長州さんの絡み、楽しいでしょうね。


無題.png
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/28471039.ht...より引用


タグ:天龍源一郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

自爆テロをカミカゼと表現することへ怒り! [ニュースネタ]

フランスメディアがパリ同時多発テロの自爆犯人を「カミカズ(カミカゼ)」と表現しています。


96958A9E93819695E3E69AE39A8DE3E6E3E3E0E2E3E79191E2E2E2E2-DSXMZO9401335014112015CC0001-PN1-7.jpg
http://paris0608.seesaa.net/article/429640004.htmlより引用


言わずと知れた神風特攻隊の事ですね。


その事にショックを感じますし、怒りを覚えます。


しかしどうやら自爆テロの比喩にカミカゼ特攻隊が用いられるのはフランスだけではないようです。


欧米では一般的な単語として定着しているようです。


特攻隊の事は、日本では日頃から平和について考えるとき、折に触れてメディアでもよく取り上げられています。


特攻隊とは爆弾を装着した航空機や潜水艦で相手に体当たりをする攻撃です。隊員は爆弾もろとも体当たりするわけですから、正に片道キップです。


空からは零戦での神風特攻隊が、海からは人間魚雷回天がよく知られています。


Chiran_high_school_girls_wave_kamikaze_pilot.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E...寄り引用


593d26cf49976174ac5c6f72ccd193ab.jpg
http://blog.goo.ne.jp/yoshi0749/e/71c6b02193dcf727...より引用


特攻隊による死者は6418人と言われています。


今の時代で考えれば、本当に非人道的な行為です。


それも犠牲になったのはまだあどけなさの残るような若者たちの命です。


20151116164646c35.jpg
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entr...より引用


しかし当時は、その命令を拒むことが許されない時代だったわけです。


国のために、愛する家族を守るために戦争と言う人の命を奪う戦いに、拒否することも許されずに駆り出された多くの人達。


正に地獄だったと思います。誰が望んで殺戮などすると言うのでしょう?


今、日本には特攻隊の厳命を受けながらも、航空機の不調等でやむを得ず、引き返し、命を捨てずに済んだと言う人たちがいます。


自分だけが生き延びた事と人を殺めた事への罪悪感を持ちながら、思い出したくもないであろう過去を思い出しながら、平和のために自身の体験を話している人達もいます。


何故、そのような人達と今回の自爆犯人を同じカミカゼと言う表現でくくるのでしょう?


「日本をなんとか救おうと、愛国心の一念から仲間は飛び立ち、命をささげた。テロと特攻を一緒にするのは戦友に対する侮辱であり、残念至極だ」


このように話したのは16歳で陸軍少年飛行兵に応募、18歳の時に特攻隊として台湾の飛行場から飛び立つも、機体のトラブルにより、任務が遂行出来ず、そのまま終戦を迎えたと言う福岡県豊前市在住の末吉初男(88)さんです。


wst1511170080-p1.jpg
http://www.sankei.com/west/photos/151117/wst151117...より引用


戦後70年、亡くなった戦友のことは片時も忘れず、冥福を祈り続けたと言う末吉さんはこのように語っています


「無差別に人を狙う、こんな恐ろしいことが起こる世の中になった」と残念な思いでいた。ところが、そんなテロの代名詞に「カミカゼ」が、誤って用いられている。


「特攻の攻撃対象は敵艦であり、乗っているのは軍人だ。無差別に一般市民を巻き添えにすることは決してなかった。」

 
「戦友は上司の命令に従い、国を守るため、天皇陛下のためと死んだ。特攻とテロが一緒にされるとは心外でたまらない。戦友に対して申し訳なく、はがゆい思いでいっぱいだ」


今までも特攻に行った人達の本を折に触れて読んできました。


でも多くの人達は、家族や友人との別れなど望んでいませんでした。今にも「ずっと愛する人達に囲まれて生きていたい」、「死にたくない」と言う心の叫びが聞こえてきそうなものばかりでした。


しかし国のために、天皇陛下のためにと言うの大義の下に「生きていたい」という本音を無理矢理隠して、出撃しているのです。


僕ならきっと腰を抜かして動けなくなり、精神が崩壊してしまいます。


そうして命を捨てざるを得なかった神風特攻隊が無差別テロと一緒にされているのです。


それを知ったときの悔しさ、憤りを考えると胸が締め付けられるような思いです。


非人道的な作戦ではありましたが、神風特攻隊はあくまでも国と国との戦いの中で、敵軍を相手にしたのに対して行われた行為です。


今回の自爆テロは自分達の一方的な主義主張を押し通そうとして一般市民を狙ったテロ行為です。


英語圏では自爆テロ犯を「スイサイドボマー(自殺的な爆破者)」と呼ぶそうですが、フランスでは日本からの外来語が誤解されたまま、「カミカズ」がまかり通っているそうです。


特攻隊は自爆と言う行為そのものは同じであっても、全く異なるものである事を、時代の中でやむを得ず産み出された非人道的な作戦であったこと、そしてそれに従わざるを得なかった当時の特攻隊の事を少しでも理解してほしいものです。


今回の同時多発テロの犯人たちも若者たちでした。


当時の神風特攻隊の若者たちと同じ気持ちでいたのではないかと思うと、遣りきれません。


やられたらやり返す。


大切な人を失った事のない人間が言える事ではないと思いますが、復讐の連鎖、どこかで絶ちきって欲しいと願うばかりです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北の湖理事長の九州場所中の訃報に悲しみの声多数。 [訃報]

北の怪童と呼ばれた昭和の大横綱、北の湖理事長の大相撲九州場所中の訃報に相撲界だけならず、芸能界にも大きなショックが走りました。


Kitanoumi_and_Takanohana_in_Sumiyoshi_Taisha_IMG_1433-2_20130302.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E3%81%AE%E...より引用


直腸がん。62歳のあまりにも早すぎる訃報に悲しみの声が途切れません。還暦の土俵入りをしてまだ2年しか経過していません。


20130617_261601.jpg
http://noball-nolife.jugem.jp/?month=201306より引用


今朝の朝刊配達の仕事の時に、朝一番に届いた新聞の一面を見た時に、本当に驚きました。


先日、貧血で入院と言うニュースを何かで見かけた直後でしたから。


貧血=訃報に繋がるなんてあまり考えませんませんからね。大したことはないと思って気にも留めていませんでした。


先日の横綱白鵬の猫だましに苦言を呈していましたから、相変わらずだなと思っていた矢先のことでしたので尚更驚きました。


北の湖敏光、本当に強い横綱でした。


20140315_909215.jpg
http://kinkansnews.jugem.jp/?eid=1570より引用


優勝回数で言えば24回と歴代5位ですが、まさに「憎らしいほど強かった」横綱でした。


006.jpg
http://mainichi.jp/graph/2015/11/21/20151121k0000m...より引用


無愛想であまり笑顔も見た記憶がありませんでしたから、そんな雰囲気も手伝い、当時は本当に憎らしい程、そして恐い程強かったと、僕自身もそう記憶しています。


このように表現したら怒られるかもしれませんが、そういう意味では白鵬や鶴竜、日馬富士等の今の横綱達とは比べ物にならない位の迫力があったのではないでしょうか?


子どもの好きな物の例えでよく言われていた「巨人大鵬卵焼き」を嫌いなものとしてもじった「江川ピーマン北の湖」とはよく言ったものでした(笑)。


それほど無敵な横綱だったわけです。


特に、もう一人の横綱輪島との横綱対決は本当に迫力がありました。


m_mainichi-20151121k0000m050115000c.jpg
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/sports/ospo...より引用


1985年、32歳で引退するまで横綱在位は10年4カ月にも及び、63場所は史上1位です。


jjp_m0020330707.jpg
http://news.biglobe.ne.jp/sports/1120/jjp_151120_8...より引用


そういう功績が認められ、大鵬に次ぎ、二人目の「一代年寄り」が認められました。


「一代年寄り」とは相撲界に多大な功績があった人物に対して贈られる、該当者一代限りの年寄株のことです。


ところで初めて知りましたが、北の湖理事長は、何と中学生の時に初土俵を踏み、15歳9カ月で幕下昇進、17歳11カ月で新十両昇進、18歳7カ月で新入幕しているんですね。


CBK4YSgUUAAvLG6.jpg
http://togetter.com/li/656975?page=5より引用


当時は中学生力士なんて言うのも認められていたのですね。驚きました。


そして21歳2カ月、最年少で横綱に昇進しています。


北の湖理事長の得意技は4つ相撲からの投げや寄りでしたが、今回白鵬に苦言を呈した猫だましのような技は確かに見た記憶はありません。


正面から受けて立つ横綱相撲に強いこだわりがあったのですね。


当時は北の湖に対して「負けろ」というヤジも飛んでいたほどの強い横綱だったわけですが、「横綱は頑張れと言われたらおしまいですから」と何とも憎たらしいコメントで返しています(笑)。


現役時代の北の湖関に対する印象は、強い、恐い、ふてぶてしい、憎らしいなど悪評が先行する位の強さだったわけですが、実際はそうではなかったようです。


何事にも律儀で義理堅く、実父と師匠が1日違いで亡くなった時には「師匠は自分にとっては親以上である」として師匠の葬儀に参列、また注射嫌いで有名だったのに献血には率先して参加したなんて言うエピソードもあります。


インタビューでは口数が少なく、笑顔もあまり見せませんでしたが、近所の人に言わせれば、挨拶するとちゃんと返してくれるなど気さくな印象なんですね。子供と一緒にいる時の笑顔なんて最高ですよね(笑)、


20151121dd0phj000041000p_size7.jpg
http://mainichi.jp/shimen/news/20151121ddm03505016...より引用


本当に強いだけで、ふてぶてしくて怖くて憎らしい性格であれば、北の湖理事長の訃報にこれだけ多くの悲しみの声が上がるはずはありませんよね。


芸能界とは無縁のような気がしていましたが、芸能界からもお悔やみの声が続々と集まっているとのことですから、正に心技体の揃った昭和の大横綱だったわけですね。


でもそれだけに相撲界のショックははかり知れませんね。


第68代横綱の朝青龍のツイッターでの「悲し涙が止まらない」。まさに相撲界の今の気持ちを代弁しているようです。


20151120-00000538-sanspo-000-3-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151120-0000053...より引用


相撲界も八百長問題や賭博問題など、ファン離れが加速した時期もありましたが、相撲人気回復に向けて精力的に活動もしていたようです。


ようやく相撲人気も回復してきました。そんな矢先だけに本当に悔やまれてなりません。


心よりご冥福をお祈り申し上げます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ