So-net無料ブログ作成
検索選択

全国保育所の30%で給食誤配などで事故発生! [ニュースネタ]

全国の保育所の30%でアレルギーを持つ乳幼児に原因食材の入った給食を間違って配膳したり、目を離した隙に食べてしまったりする事故が発生していることが厚生労働省研究班による初の全国大規模調査で判明しました。


保育所給食.jpg


こうした誤食や誤配によって、子供が蕁麻疹などのアレルギーを発症したケースも11%の保育所であったそうですが、その大きな原因となっているのが深刻な保育士不足だと言うのです。


人員不足が、保育士さんたちの気持ちを焦らせてしまうのでしょう。


目を離すことが出来ない年齢の子供たちが、方々で予測も出来ないような行動をとるのですから、無理からぬことですね。


しかしこのアレルギーの問題、深刻です。


調査は今年2月、全国の保育所のほぼすべてにあたる3万2210施設に実施をしました。


それに対して1万3921施設(43%)が回答しています。


昨年4月~今年2月に誤食や誤配があったのは、回答の30%に当たる4138施設です。


そのうち1589施設で、子どもが蕁麻疹や唇の腫れなどのアレルギー症状を起こしており、原因(複数回答)の46%が単純な配り間違いです。


続いて「ほかの乳幼児の食べ物を食べた」が18%、「原因食材を見落とした」が14%と続きます


勿論、人員不足を解消しても保育士さんが気を付けなければこのような誤配はなくなりませんが、少なからず人員が増え、精神的にも余裕が出来れば、そちらにももっと注意を払うように出来るはずです。


食物アレルギーは、特定の食べ物を摂取した後に蕁麻疹や嘔吐、呼吸困難などの症状が出ること、とあります。


複数の症状が急に出現し、血圧低下などを引き起こすと、命にかかわることもあるそうです。


原因となる食べ物は、卵や乳製品、小麦、大豆、ゴマ、カニなど多岐に渡り、個人差があります。


TKY201302020163.jpg


2012年12月には、東京都調布市の小学校で、乳製品にアレルギーのある当時5年生の女児が、給食でチーズ入りのチヂミを食べて死亡する事故が起きています。


子供たちの誤食や保育士さんの誤配が、時には重篤な症状を引き起こし、死亡に繋がることもあるわけですから、保育士さんの人員不足問題、本当に何とかしなければなりませんね。


保育現場関係者らが30日、保育士給与の月額5万円増を求める28453人分の署名を安倍晋三首相と塩崎恭久厚生労働省宛に提出しました。


親御さんは生活していくために働かなくてはなりません。その間、親御さんに変わって小さな命を、体を張って守っているのが保育士さんです。


厚生労働省15年賃金構造基本統計調査によると保育士の平均月給は約21万9千円(35歳)。全産業の30万4千円(42.3歳)を大きく下回っています。


その事を考えれば、5万円どころか10万円上げてもいいくらいです。


回答施設に通う125万人の乳幼児のうち、食物アレルギーを持つ子の割合は4・1%だそうですが、今後この数字は増えていくのでしょうね。


20160330-027-OYTEI50012-N.jpg


調査した慈恵医大の吉沢穣治講師(小児外科)はこのようにコメントしています。


「アレルギーに詳しい医師との連携ができず、十分な対策が難しい保育所もある。各地域で、アレルギーに関する研修の機会を作るとともに、緊急時には、いつでも医師に電話で相談できる仕組みを整えることが重要だ」。 


連携強化は、可能だと思いますが、とにかく保育士人口を増やさなくてはなりません。そのためにも、仕事がハードであっても、それに見合う賃金が補償され、将来の人生設計ができるようなものであれば、必ず保育士人口は増えていくと思うのですが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台湾路上で幼女が通り魔に首を切断されて殺害! [命]

28日、ショッキングな事件が発生しました。


幼女が台湾台北市の路上で通り魔に首を切断されて殺害されたのです。


事件は昼前の、それも市街地の路上で起きました。


母親と2人で歩いていた4歳の女児に、無職の男(33)が包丁で後ろから切りつけたのです。


20160328-00000006-ftaiwan-000-view.jpg


男は近くの男性らに取り押さえられたが、女児は首を切断されて死亡しました。


afpbb_3082028_0-small.jpg


男は警察の調べに「四川省の女児を殺せば血統を継げる」などと意味不明の証言をしているそうです。


この男性、薬物使用の逮捕歴があり、2年前には母親への暴力で精神科に強制入院させられたものの、精神疾患とは診断されなかったというのです。


一体、何をもって精神疾患と言うのでしょう?


何か具体的な症状をもって、そう判断されるのでしょうか?


28日午後の送検時には怒った群衆が男に殴りかかり、警察官ともみ合いになる場面もあったそうですが、それほど残虐で、痛ましい事件であったことを裏付けています。


puffer.jpeg


日本の国会議員に相当する立法委員の一部からは児童殺害犯を原則、死刑とする動きも出ているそうです。心情的にこの動きは一気に加速するのではないでしょうか?


中国国民党の立法委員は、12歳未満の児童を殺害した場合、原則として死刑とし、無期懲役の場合も仮釈放を認めない刑法改正案を立法院(国会)に提出しており、事件を機に成立を目指す構えです。


しかし一方では、5月に政権に就く民主進歩党や新党「時代力量(時代の力)」は死刑廃止に賛成してきており、事件は政治的な論争に発展しそうな雰囲気です。


それぞれの立場で賛否両論が論議せれるのでしょうけど、ご遺族の悲しみはどのように納めよと言うのでしょう?


自らの命をもって償いをせよと言う人もいるでしょう。


命を持って償うよりも終身刑として一生涯刑務所の中で生活させることを望むご遺族もいるでしょう。


何をもってしても被害者心情が癒されることはありませんが、せめて加害者にもそれ相当の苦しみを背負わせなければ、と言うのが本音なはずです。


台湾も日本も死刑と言う極刑があります。


しかし死刑が他の処罰よりも犯罪抑止力があることを示す確たる根拠はなく、 死刑と殺人発生率の相関性についての国連の調査では、死刑が終身刑より抑止効果が大きいという根拠は科学的に立証できない、と結論付けているそうです。


今日では140カ国で、法律上または事実上死刑が廃止されているとのことです。


アムネスティ・インターナショナルは、「犯罪の性質や状況、有罪・無罪、個人の特質、執行手段などにかかわりなく、すべての死刑に例外なく反対する。 死刑は、世界人権宣言に謳われている生存権の侵害である。 残虐、非人道的および品位を傷つける究極の刑罰である」としています。

※アムネスティ・インターナショナルは、1961年に発足した世界最大の国際人権NGOです。市民の自発的な行動による人権状況の改善へのさまざまな取り組みが認められ、1977年にはノーベル平和賞を受賞しています。


そもそも死刑と言う極刑の論議がなされる犯罪を犯した人間に対して「生存権の侵害」と言う概念を当てはめることに疑問を感じます。


他人の生存権を侵害した時点で、自らの生存権を放棄したと考えるべきだと思います。


中には死刑=犯罪抑止力にならない人間がいることは理解出来ますが、多くの人は死と言うものに少なからず恐れを抱いているはずです。


犯罪の先に「死」が待っているのだとしたら、必ずそれは犯罪抑止力になると思うのですが。


この無慈悲に目の前で殺害された幼児の母親の心情、察するに余りあります。


この母親の前で、犯人にも「生存権がある」と誰が、どうして言えると言うのでしょう?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2年間行方不明だった娘と父親が再会! [事件]

2年間、行方不明だった女子生徒が無事に保護されました。


puffer-1.jpeg


女子生徒の父親(46)が28日夜、埼玉県朝霞市内で記者会見し、このようにコメントしました。


puffer.jpeg


「娘が見つかり、保護され、ほっとしている。必ず戻ってくると信じていた。ようやくこの日がきたかという思いです」


2年間も行方不明であった娘と父親が病院で再会した時、娘さんは車いすに乗っていました。


近寄ると笑って手を振ってくれたそうです。


父は「がんばったね。お帰り」と声をかけ、娘と手をつないだとのこと。


その何気ない行為に今までの2年間の思いが凝縮されているような気がしてなりません。


父親は安堵のためか一時、高熱が出たと言います。それだけ精神的にもキツイ状態が2年も続き、それが無事に発見されたのです。無理からぬことなのかも知れませんね。


「お父さんとお母さんが一生懸命チラシを配っているのを知ってるよ。ずっと見てた」。


puffer-2.jpeg


puffer-4.jpeg


女子生徒はインターネットを通じて両親や同級生らが女子生徒を捜すビラを配っているのを見ていたそうです。


想像しただけでも涙が出そうになります。


寺内樺風容疑者は女子生徒に「借金のカタでおまえは捨てられた」と嘘をついていたようですが、女子生徒は両親のこのビラを配る姿を見て「自分は捨てられていないんだと」と思ったと言います。


しかし女子生徒は逃げられたときに身分証明に役立つと思い、生徒手帳を捨てられないように隠し持っていたそうですから、芯の強い生徒さんだったのでしょう。


そして両親のそう言う姿が、「チャンスがあれば逃げたい」という気持ちにさせたようですね。


正に親御さんの娘さんを思う強い気持ちが通じたのでしょうね。


父親は約2年ぶりに再会した娘の印象について「5センチくらい身長が伸びた」「しゃべっていて大人っぽくなった」などとコメントしています。


お父さんも照れ臭さと嬉しさとが入り雑じった複雑な気持ちなのでしょうね(笑)。


女子生徒は「千葉市の部屋は外から鍵がかけられて逃げたくても逃げられなかったが、中野区の部屋は決心すればいつでも出られる状態にあった」とも話ています。


新潟青陵大の碓井教授によると、「最初に脅されたり、自分はひとりぼっちだと絶望したりすると、強い恐怖心から心が鎖で繋がれたようになり逃げられなくなる」と指摘しています。


好き好んで監禁状態でいるはずもありませんから、心理的な影響とは本当に恐ろしいものだと思います。ましてや監禁されたのは中学1年生の時です。トラウマなどと言う形で残らないことを願うばかりです。


それにしても監禁している女子生徒と一緒に引っ越しまでするとは、やはり普通の精神状態では考えられません。


千葉大が、寺内樺風容疑者の卒業資格の取り消しを検討しているそうですが、それはそうだと思います。


puffer-3.jpeg


自分の理不尽な欲求で、女子生徒の貴重な中学時代の2年間を奪い、一家の心に大きな傷跡を残したのです。


にもかかわらず、自身は大学生活を送り、卒業資格を手に入れ、ましてや就職先まで決まっていたと言うのです。心情的にもとても容認出来るものではありません。


寺内樺風容疑者がどのような家庭で育てられたか、成長過程に問題行動を取るような要因があったのかはわかりません。


精神鑑定などはしないのでしょうか?勿論、異常が認められたからと言って許されるものではないのですが。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2年前に行方不明の女子中学生が無事保護! [事件]

2014年3月から行方不明になっていた埼玉県朝霞市の当時中学1年だった女子生徒(15)が27日、東京都中野区内で約2年ぶりに警視庁に無事保護されました。

m_sankei-afr1603270010.jpg


そして本日未明、埼玉県警は、未成年者誘拐の疑いで逮捕状を取り指名手配をしていた同区東中野、職業不詳、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)を静岡県伊東市内で発見し、身柄を確保しました。


afr1603280006-n1.jpg


寺内容疑者は首などにけがを負っており、自殺を図った可能性もあるとみて慎重に調べており、埼玉県警はけがの回復を待って逮捕する方針です。


2年と言う月日、長かったでしょうね。自分の子供に当てはめて考えたとき、気が狂いそうになります。


ましてや昨今の異常とも思えるような犯罪が多発しているなかで、無事に戻って来たのですから。


ご両親の喜びは想像するに余りあります。


まだ信じられない、手を離したらまた消えてしまうのではないかと言う不安がまだ消えないのではないでしょうか?


保護された女子生徒にケガはないそうですが、健康状態を確認するため検査入院したそうです。


この女子生徒は2年前に行方不明になりました。


2014年3月10日午後3時45分頃、自宅前で男性と話しているところを近所の人が目撃したのを最後に姿を消しました。


母親が仕事を終えて帰宅すると、ポストには「さがさないで下さい」などと書かれたメモが残されており、女子生徒は携帯電話や財布も持たず、制服姿のまま行方不明になったわけです。


無題.png


女子生徒は、「全く知らない男に『両親は離婚してしまうので弁護士に会わせる』と声をかけられ、埼玉から車で連れて行かれた」と説明しているとのことです。


いきなり両親の離婚、弁護士等と言われたら、そのくらいの年齢の生徒さんであればつい信じてしまうことも十分考えられます。


女子生徒は27日昼過ぎ、中野区のJR東中野駅構内の公衆電話から自宅に電話をかけました。


thumb.jpg


yjimage.jpg


父親が応対し、母親が午後0時15分頃、「今、娘と名乗る者から電話が来た。声は娘に間違いない」と110番したのです。


その後、女子生徒も自ら110番し、午後0時半頃、駆けつけた中野署員に保護され、女子生徒はジャージー姿で、持っていた生徒手帳などから本人と確認されました。


埼玉県警は女子生徒が監禁状態にあった可能性があるとみて調べているようですが、「一緒にいた男がいなくなった隙に通報した」、「男は秋葉原に行くと言って出掛けた。いつもは外から施錠されていたが、今日は掛かっていなかった」等と話しているそうですから、監禁状態であっことは間違い無さそうです。


女子生徒は同日夕、埼玉県警新座署で母親と再会すると泣いていたといいます。


2年も監禁状態でいたら、勿論、想像の世界でしかありませんが、きっと精神的にも参ってしまいます。


女子生徒も、思いもかけない脱出の機会が訪れたことに驚いたのではないでしょうか?それでも無事に保護されるまで生きた心地がしなかったでしょうね。


何故、このような事をするのか、本当に理解に苦しみます。


子供を持つ親御さんが、見ず知らずの大人に対して警戒心を持たれるのも仕方のないことかも知れませんね。


近所付き合いも希薄になり、地域でも気軽に大人と子供が言葉も交わせないような殺伐とした関係になりつつあります。


本当に悲しい話です。


それにしても本当によかったですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

透き通る体のイカに驚き! [生物]

透き通るボディの小さな“ガラスイカ”の動画が話題になっているそうです。


驚きました。


今朝も日本テレビの「シューイチ」で函館の企画を放送していましたね。イカをいけすから釣り上げてその場で調理して食べていました。


本当に新鮮そうなイカで透明感がありましたが、その比ではありませんね。


このように透き通る体を持ったイカ、初めて目にして驚きました。


rankingshare-9b7037605fcb11e48bf406e0b9b52e4f1fa50abb4d3cbf251c.jpg


このイカは「ガラスイカ(Glass squid)」とよばれているそうですが、サメハダホウズキイカ科(Cranchiidae)の約60種の俗称で、そのほとんどの種でボディが透明であることに由来した名だそうです。


aonius05.png


深海生物-14.jpg


米カリフォルニアのカタリナ島海洋研究所(CIMI)の研究員、へザー・ピーターソン氏が「Vine」に投稿しました。


この美しいガラスイカは海洋調査中に偶然発見されました。


職員の1人、ジミー・リベラ氏が奇妙な生き物を見つけて海に飛び込み、この透明な生き物を救い上げてバケツに入れ研究所に持ち帰ったのだそうです。


最初この生物はゼリー状のポールのような形状を保っていたそうですが、数分間経って危険がないことを感じたのか、ボディが弛緩してくると、小さいながらもこのようにイカの姿になったというのです。


形状も変化させるのですね。本当にスゴイ!海洋の専門家でもなかなか目にする機会がないというのですから。正に神秘的ですね。


この透明感が美しいのは勿論、透明であることでまさに丸見えになっている色鮮やかな内臓にも目を奪われますね。





このオレンジ色の内臓は消化器官であると共に浮力の調節も行なっているそうなのです。


それにしても、どういう原理でこのような透明な体が出来上がるのでしょうね?


こういう生き物がいるということは、映画に出てくるような透明人間になる薬が開発されてもよさそうなものですね(笑)。

タグ:ガラスイカ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乙武洋匡氏の不倫問題で妻が謝罪するも波紋! [芸能ネタ]

乙武洋匡氏の不倫問題、驚きました。


不倫と言う行為とは対極にいるようなイメージが僕の中にありました。


m_o4.jpg


「五体不満足」(講談社)が多くの人々の共感を呼び、500万部を超す大ベストセラーになりました。


41PGKQ63SPL.jpg


教育方面でも活躍されていましたから、尚更です。


daijyoubu3kumi.jpg


乙武氏は24日発売の「週刊新潮」に不倫を報じられ、同日に自身の公式サイトで報道内容を認めた上で謝罪しました。


しかし謝罪は乙武氏本人だけではありませんでした。


妻の仁美さんも乙武氏の不倫に対し謝罪しているのですが、それが大きな波紋を呼んでいます。


「このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております」


しかしその行為に対して、いつものごとく賛否両論が渦巻いています。


「妻は悪くないのに何故妻が謝るの?」

「選挙に不利になるから?」

「よくできた妻」


皆、自分の置かれた立場をペースにして意見をいっているようですから、様々ですね。


ご主人の浮気や不倫で苦い経験を持つ人に言わせれば、とても理解不能で許せない話でしょうね。


しかし「かかあ天下」の家庭であれば夫の不祥事を妻が詫びるという構図も理解できますね。


しかし僕も奥さんの謝罪にはあれ?っと思ったのが率直な感想でした。


妻の仁美さんって一般の人なのですよね?


もしかしたら以前テレビに出演していた認知度のある方なのでしょうか?


それなら理解もできるのですが。


また乙武氏も奥さんが謝罪のコメントを出すことに対してNOではなかったのですね?それとも説得させられたのでしょうか?


いずれにしても選挙に出馬する話が出ている最中での不祥事ですから、かなりの痛手であろうし、選挙対策と言われてもおかしくはないですね。


それも一人ではなく、不倫相手が5人と言うのですから、さすがにちょっと呆れてものも言えないと言うのが本音です。


気の迷い、出来心では世間には通用しないかも知れませんね。不倫常習者と言う印象がインプットされてしまいました。


つまり「ほとぼりが冷めればまた」、と言う印象が拭えないということです。


一種の性癖というか。


ダウンタウンの浜田雅功さんの不倫が報じられ時に、やはり妻の小川菜摘さんがコメントを出しました。


「主人は猛省しております。彼は羽目を外し過ぎ、伸ばし過ぎた羽根を、家族にバキバキに折られ、その羽根をそっと畳み、意気消沈ゴリラになっています。そんな彼を、私達は変わらず笑顔で支えて行こうと思っています! わが家は大丈夫です!」


このコメントには浜田さんの世間的なイメージも考慮し、かかあ天下かどうかはわかりませんが、しっかりと浜田家の舵取りを握っているような、気持ちのいい、後で浜田さん自身も痛手を被らないようなお見事な対応であったと思います。


a26c7137.jpg


でも今回とは根本的に質が違うように思えてなりません。


乙武氏にとっては、今後の活動にも大きく影響を及ぼすような大きな代償となったのではないでしょうか?


色々な面で多くの方に勇気と希望を与えていた方だけに、残念の一言につきます。


以下、乙武氏と妻仁美さんの謝罪文です。


このたびは私の不徳の致すところにより、多くの方にご迷惑、ご心配をおかけして、たいへん申し訳ございません。

報道された私の行いは、これまで支えてきてくれた妻と、私を慕ってくださっている方々を裏切る行為であり、決して許されるものではありません。

以前より、妻には私のこれまでの行いを打ち明け、話し合いをしておりました。一生かかっても償いきれないほどの過ちであるにもかかわらず、妻は私を許し、やり直そうと言ってくれました。

「夫として、父として、もう一度、あなたを家族として迎え入れたい」と言ってくれた妻に、今度こそ応えたいと思っています。

失った信頼を回復するのは決してたやすいことではありませんが、いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合っていく所存です。

妻や妻のご両親、3人の子どもたちに心より謝罪し、またこれまでの仕事や活動のなかでお世話になっているみなさまに深くお詫び致します。


2016年 3月24日
乙武洋匡


このたびは、夫、乙武洋匡の行動が週刊誌で報じられた件につきまして、多くのみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。

このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。

今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました。

本人はもちろん、私も深く反省しております。

誠に申し訳ございませんでした。


2016年 3月24日
乙武仁美

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高木京介投手、1年間の失格処分! [スポーツ]

間もなくプロ野球が開幕致します。


何となくスッキリしない中での開幕となりますが、そんな中、野球賭博問題で唯一謝罪会見を行った高木京介投手への処分が発表されました。


高木京介投手へ下された処分は「1年間の失格処分」。


6.jpg


野球賭博に関わった選手は高木京介投手で4人目でした。


20160310-00000000-tospoweb-000-2-view.jpg


高木京介投手は、巨人との契約は解除されてしまいましたが、昨秋、関与が発覚した福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)の3投手(いずれも契約解除)の無期失格処分と比較すると軽い処分となりました。


高木京介投手は午後5時にコミッショナーの裁定を通達されましたが、裁定に対してこのようにコメントしています。


「同じようなことをしたのに、福田さんたちが無期ということを思うと心が痛い、苦しい。とても自分には野球をやる資格はないと考えていた。予想しなかった裁定で、今はどう考えていいか分からない。自分はプロ野球に汚点を残してしまった。深く反省する」


処分は22日付ですから、早ければ来年3月23日には復帰が可能となる訳です。せっかくの才能です。


takagi.jpg


ここで野球の道を離れてしまうにはあまりにも若く、惜しいですよね。1年後の復帰に向けてしっかりと反省と身体作りをしてほしいものです。


コミッショナーは球団には制裁金500万円を科す処分を合わせて発表しました。



NPBの熊崎勝彦コミッショナーは、他の3選手との処分の差に関してその理由をこのようにコメントしています。


7.jpg


「程度、深さ、期間、回数、そのあとの対応について比較したら相当な差異があった」。


確かに高木京介投手は2014年、笠原氏に名義を借りてプロ野球8~9試合で野球賭博を行い、昨年10月に他の3選手の関与が明らかになった際には、賭博相手の飲食店経営者Bらと口裏を合わせて関与を否定していました。


しかし今月8日に巨人は事実を公表し、高木京介投手は翌9日に記者会見で謝罪しました。


昨年に一度は隠ぺいを謀ったものの、賭博常習者との関係を断とうとしたこと、調査委や球団の聴取に一貫して真摯(しんし)に応じたことが、印象を良くしたのは事実でしょう。


それにしても思いのほか早く処分が下されましたね。


今回の高木京介投手の賭博への関与発覚は巨人軍が行った聞き取り調査後に発覚しましたので、再度慎重にも慎重を重ねて再調査してからの処分発表かと思っていました。


これでは報道されているように、開幕に照準を合わせて処分を急いで前倒発表したような印象を持たれても仕方ないかもしれませんね。


ましてや金銭授受の問題は他球団でも行われていたと言うことで、「野球とカネ」をめぐる問題は他球団にも波及していることが公になっているのです。


まだまだ根っこが残っていますね。


しかしNPBとしてはシーズン開幕が間近にせまり、伝統球団を揺るがした野球賭博問題にまずは一旦決着を付けたかったのかもしれません。


しかし福田、笠原、松本竜の元投手と高木京介投手以外に、野球賭博やその他の野球協約に違反する行為は認められなかったようですが、4人以外にも飲食店経営者B氏と接触を持っていたことが判明したのです。


4人以外で「B氏が経営する飲食店に行ったことがあり、B氏と面識もある」と答えたのは8人いたとのことです。


内5人が「B氏の店以外の店でB氏と顔を合わせたことがある」と回答しています。


巨人はB氏と接触のあった選手らには携帯電話の任意提出させ、「デジタルフォレンジック(電子鑑識)」を実施しました。


調査によれば、いずれの選手もB氏については「笠原(元投手)と親しい飲食店経営者」という認識で、昨年10月に賭博問題が発覚するまで野球賭博常習者という認識はなかったようなのです。


しかし今回、この問題が発覚していなければ、それこそ野球賭博に手を染めていた選手は4名程度では済まなかったかもしれませんね。


高木京介投手は失格選手として公示されることになりますが、野球協約第67条と68条にはこのような規定があるようですね。


「失格選手は全保留選手名簿に記載し、保留球団は保留権を有する」


巨人との契約を解除されても通常の自由契約選手とは違うのですね。


また、有期の失格選手がNPBに復帰する場合について、同第78条には「処分当時の所属球団に復帰しなければならない」と明記されている。


つまり再契約するのであれば、巨人に復帰しなくてはならないということなのですね。


でも、今回のことを野球で償うチャンスが残されたのでから、とにかく頑張って再出発を果たして、ユニフォームの元気な姿を見せて欲しいものです。


img_20120823220019833_2936239376355442984.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

虐待で児童相談所に保護を求めていた中学生が自ら命を! [命]

相模原市で今年の2月に男子中学生が自殺をしました。


この男子生徒は両親からの虐待を受けており、児童相談所に保護を求めていたにも関わらず、自らの命を絶ったのです。


相模原市児童相談所は、「切迫した緊急性がなく、家庭環境は改善の方向に向かっている」として、親の同意なしに強制的に引き離す職権での保護を見送っていたのです。


afr1603220019-n1.jpg


虐待の発覚は2013年11月に生徒の額が腫れて顔に傷があることに当時通っていた小学校の教師が気付き、市に通報したことが始まりでした。


児童相談所は経過観察をしていましたが、2014年5月末には深夜に「親に暴力をふるわれた」としてコンビニに逃げ込み、警察に保護されているのです。


中学生と言えばもう既にある程度は大人に近いレベルで物事の判断ができる年齢です。


その中学生が、深夜になりふり構わず、コンビニに助けを求めて逃げ込んでいるのです。容易な事態でない事は想像がつきそうなものです。


大学時代ですから今から30年以上も前の話になりますが、児童相談所で2週間の実習を経験しました。


その時にも一時保護で、身体中に親に殴られたアザのある小学生の子供がいました。


児童相談所の行う業務に児童の「一時保護」があります。


保護者の放任、虐待などのために緊急に保護をする必要がある場合や、相談のあった子どもの援助方針を決定するための行動観察の必要がある場合に、児童相談所は一時的に児童の保護を行います。


原則は子供や保護者の同意を得た上で権利が行使されますが、放置すると「子どもの福祉を害する」場合は、職権で強制的に保護する権限を持っているのです。


児童相談所は、両親から事情を聴いた上で虐待事案と認定しました。


虐待をやめるよう両親を指導し、6月から男子生徒と両親を一緒に毎月1~3回程度、児童相談所に通所させていました。


jido_sodanjo.jpg


しかしそれ以降も、男子生徒は児童相談所の職員に「暴力をふるわれるので家にいたくない」「児童養護施設に行きたい」などと度々訴えていたのです。


しかし児童相談所は保護を見送りました。


その後、男子生徒は10月上旬から親の体調不良を理由に通所しなくなったのです。最後に児相を訪れた際にも男子生徒は「親と離れ、児童養護施設で暮らしたい」と重ねて訴えていたそうですが、親の同意が得られなかったのです。


男子生徒は再び父親から暴力を受けるようになり、学校からの通報で児童相談所側もそのことを把握しながらも、男子生徒に直接確認するなどの対応はしていなかったのです


そして男子生徒は11月中旬、親戚宅で首つり自殺を図って意識不明となり、重度心身障害となったのです。


いくら訴えても聞き入れてもらえない絶望感。すべてが真っ暗だったでしょうね。


そして昨年6月に児童相談所に入所した後、容体が悪化して今年2月末に死亡しました。


児童相談所の鳥谷所長はこのようにコメントしています。


e38de_1110_20160322-113749-1-0002-m.jpg


「一人の尊い命がこういう形で失われたことについて大変深く、重く受け止めている」

「通所によって親との関係が改善しており、職権で生徒を保護するだけの緊急性、差し迫った状況はないと判断した」


何故、児童相談所は、生徒の「暴力をふるわれるので家にいたくない」「児童養護施設に行きたい」などの訴えがあったにも関わらず、親との関係が改善したと判断したのでしょうか?職権で生徒を保護するだけの緊急性がないと判断したのでしょう?


被害を受けていた当事者の訴えを何故、まずは最優先させなかったのでしょう?


児童相談所によると、担当職員が男子生徒が自殺する直前の10月29日に父親から暴力を受けたと学校側から知らされていたのに上司に報告をしなかったというのです。あまりにも杜撰な管理体制です。もし報告がなされていたのなら、職権を利用し保護していたというのでしょうか?


厚生労働省は、職権による一時保護について通知で「保護者の反発をおそれて控えるのは誤り」とし、積極活用するよう求めているそうですが、正にその「親の反発」を恐れた結果がこのような悲しい事件につながったのではないでしょうか?


行政の躊躇がまた子供の命を奪う結果となってしまいました。


子供の「助けてほしいと言うSOS」を何よりも最優先させるべきでした。


我が子に対して、子供が逃げ出すほどの虐待をする親に対して、親がどのような反発をしてきても、強い権限で跳ね返すだけの精神的な強さが児童相談所の職員には求められているのだと思います。


男子生徒の母親が取材に応じていました。それによると小学校6年生の秋に約束を守らなかったことがきっかけで父親が手を上げたことを明らかにしています。そして自分自身も手を上げたことはあったが、息子との関係がよくなるように、夫婦で話し合ってきたというのです。


事実かどうかは定かではありませんが、子供が外部に対してSOSを出すほどの、そして自殺に追い込まれる程の行為であった訳です。


何とも不可解なコメントです。額が腫れて顔に傷ができるというのは、子供をしつける行為としてはかなり度が過ぎている行為と言えるのではないでしょうか?


まさに虐待です。


いずれにしても、もっと詳細を調査する必要があるのではないでしょうか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

保育士の処遇改善 [ニュースネタ]

「保育園落ちた日本死ね」と言う2月上旬に投稿された匿名ブログが、国会でも論戦を巻き起こすほど大きな話題になっています。


puffer.jpeg


確かに切実な問題です。


保育士の処遇改善が進まぬ中で、このブログが大きな起爆剤になりました。


2015年4月1日時点で待機児童は2万3167人で、2万人を超えるのは7年連続だそうですね。


puffer-2.jpeg


単純な話、保育所の数が不足していると言うことですが、何故不足しているかと言えば保育士の人数が不足していると言うことです。勿論、それ以外にも様々な要因もあろうかと思いますが。


何と保育士の資格所有者の3分の1しか保育士として働いていないそうなのです。


ヘルパー資格を持っているのに、ヘルパーさんとして働いていないのと同じ現象です。


何のために資格を取ったのでしょう?


僕は社会福祉の学校を卒業していますが、友人の半分は福祉以外の仕事に就いています。


その理由の多くは、食べていけないと言うものでした。でも他業種と比較すると待遇が悪いことは否定出来ませんね。


厚生労働省15年賃金構造基本統計調査によると保育士の平均月給は約21万9千円(35歳)。全産業の30万4千円(42.3歳)を大きく下回っています。

小さなお子さんを預かるという責任の重さ、疲れ知らずの子供たちのお世話をする肉体的、精神的な負担、最近、折に触れて問題視されるモンスターペアレントへの対応等々、大変なお仕事であることは容易に想像がつきます。


にもかかわらず何故こんなにも待遇が悪いのでしょう?福祉職もそうです。


このままでは将来設計など立てられるはずもありません。そういう状況が続くと思えば結婚にも躊躇するし、ましてや出産に対して踏み切れないという若者が増えても仕方がありませんね。


簡単にいかないことはよくわかりますが、いっそのこと、「もっと小さな年齢から義務教育にしてしまえば」などと安易な考えではありますが、思ってしまいます。


小学校の前に、3年の義務教育課程があったらどうなるのでしょうね?ちょっとは今の状況は好転するのでしょうか?


親御さんが働いている時に、親の代わりになって子供と接するのですから、その仕事内容はとても重要です。専門的な知識がなければいけません。


そういう責任のある仕事をしているのですから、その責任の重さに見合う賃金を支払わなければおかしいですね。


この起爆剤、一過性の小爆発に終わらせないでほしいものですね。


多くの親御さんは子供が生まれれば、それなりの年齢になるまでは仕事に就かず、出来るだけ多くの時間を子供と共に過ごしたいと願っていると思います。


学校から帰ってきたら、出迎えてあげ、その日の出来事を聞いてあげたいと願っているでしょう。


しかし共稼ぎじゃなければ生活が出来ないという人が今の世の中多すぎます。


それでも働く環境が整えばまだいいです。


その環境が整わないという人が本当に沢山いるわけです。


このブログ、物凄く直球で、ストレートに心に届いたと言う人が多かったでしょうね。


乱暴と思われる表現に怒りが込められています。


議員さん達の胸にも強烈に突き刺さったのではないでしょうか?


これからの高齢化社会に伴う介護の問題、先々その高齢化社会を支えていくであろう子供達の保育の問題、国はいつになったら最優先課題として本腰を入れて動いていくのでしょう?

考えても仕方のないことではありますが、オリンピックを自国開催しなければ、どれだけの保育所を増やすことが出来たのでしょう?


ブログにあるようにお金の使い方、捻出に仕方、本当に真剣に考え欲しいですね。


puffer-1.jpeg


以下、話題のブログです。

何なんだよ日本。

一億総活躍社会じゃねーのかよ。

昨日見事に保育園落ちたわ。

どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。

子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?

何が少子化だよクソ。

子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。

不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。

オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。

エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。

有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。

どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。

ふざけんな日本。

保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。

保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。

国が子供産ませないでどうすんだよ。

金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。

不倫したり賄賂受け取ったりウチワ作ってるやつ見繕って国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ。

まじいい加減にしろ日本。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソフトバンク王球団会長が報道陣に異例の要請を! [スポーツ]

>ソフトバンクの王貞治球団会長(75)が18日、“金銭授受騒動”に関連して、報道陣に異例の要請を出しました。


G20160319012239520_view.jpg


ソフトバンクを含む7球団が円陣の声出しに絡んで、選手間で金銭が動いていたのですから、無理のないことかもしれません。


maxresdefault.jpg


王球団会長のコメントです。


「ファンの皆さんと球場をつないでいるのは(マスコミの)皆さん。きつい言葉を使うことで、より事を大きくしている。ちょっと言葉の選び方を考えてほしい」

「選手は本職を一生懸命やっている。決してファンの人を裏切るためにやったわけではない。今日の時点で7球団ですか。トレードで選手も交流する。じゃあ俺たちも発奮するために、などとやっていたこと。結果が悪くなるようにとか、ファンの人をだますためにやってない。そういうことをもう少し分かってほしい」


王球団会長が心配しているのは球界全体にダーティーなイメージがついてしまうことです。


しかし僕は球界にそのような慣習が蔓延っている事すら知りもしませんでした。


勿論、プロ野球と言っても職業野球です。選手も生活がかかっています。ましてや僕たちサラリーマンのように長く働くことが難しい世界です。


お金が大きなモチベーションになることは十分理解もできます。


しかし何と言っても多くの人に夢を与える仕事です。一生懸命応援して、贔屓のチームが勝ち、おいしいお酒を飲み、翌日の仕事の糧にする。そんな野球ファンが大勢いますね。


野球ファンが勝利に酔いしれている頃、「ベンチ裏でお金の計算がされ、声出しの人に現金が手渡される」、そんな光景誰もが見たくないと思いませんか?


先日、スポーツニッポン新聞社が緊急アンケートを実施していました。


spn_spnbiglb-20160317-0064-000-p-0.jpg


それによると今回の金銭授受問題に関して「良くない、悪い慣習」、「許容できる範囲内」と答えた人が同じ44%と真っ二つに割れたようです。


しかし「許容できる範囲」=「良くはないが、許容してもいいのではないか」ということですね。


つまり、皆さん良しとはしていないわけです。


前のブログにも書きましたが、勝敗によって金銭を支払う人と受け取る人がいること自体、やはり賭けごとと言われてもおかしくないように思うのです。


子どもたちがもし、同じようなことをチーム内でしていたら何というのでしょう?もし子供たちが、「モチベーションを挙げるためにしているんだよ」と言ったら、なんて返すのでしょう?


本職として野球に打ち込んでいるというのなら、小さなお金をモチベーションにせず、練習に打ち込んで、成績をしっかりと残し、オフの契約更改でガッポリと稼いで欲しいものです。


いずれにしてももうこれらの慣習は無くなるようですから、心機一転、盛り上げていってほしいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感