So-net無料ブログ作成
検索選択

「じゃあ殺せ」! 冨田真由さん殺人未遂犯が法廷で怒鳴り退廷に! [事件]

先日も投稿させていただいた昨年5月に発生した東京都小金井市の冨田真由さん(21)の殺人未遂などの罪に問われた群馬県伊勢崎市の無職岩埼友宏被告(28)の裁判員裁判が23日、東京地裁立川支部で行われました。


kiso.jpg


先日、予定されていたのが冨田さんの体調不良により延期になったようですが、今回は頑張って出廷されたのですね。


いくら被告や傍聴席から見えないように、ついたてが設けられていたと言っても、自分を恐怖のどん底に陥れた人間のいる場所になど、恐ろしくて行けるものではありません。


そんな中で気丈にも自身の思いをしっかりと述べたのです。想像を超える勇気であったと思います。


「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」

「絶対に許してはいけません。一方的に感情を抱いて、思い通りにならなければまた人を殺そうとする人です」


岩埼被告は当初、無表情で聞いていたそうですが、「野放しにしてはいけない」という冨田さんの発言に「じゃあ殺せよ」と怒鳴ったのです。


裁判長が不規則発言をしないよう注意しましたが、冨田さんが「また人を殺そうとする」と話したところで「殺すわけないだろう」と怒鳴ったため、開廷から約20分後に、退廷を命じられました。


審理は一時中断し、再開後は検察官が被害者の思いを代読したそうです。


検察側は「常軌を逸した身勝手な犯行だ」として、被告に懲役17年を求刑しましたが、冨田さんの代理人弁護士は、無期懲役にするべきだと訴えました。


当然です。


梅沢富美男(66)がこのようなコメントを出していました。


20161214-OHT1I50034-T.jpg


「殺せよって言うなら、殺してやれよ。なんの罪もない子を殺そうとしてやった。何十回も刺したヤツが何で(懲役)17年なんだよ。17年っていったて短くなって10年そこらで出てくるんだろ。この子がかわいそう。今でもドキドキしていると思う。それなのに自分が悪いことをしたと思ってもいないヤツが殺せっていうなら、殺してやれよ」とまくし立てた。「裁判官なにしてたんだよ。殺せよって言った後だったら、『じゃあ、あなたは死刑にします』って言ってやれや」


正に世論の声、そのものだと思いました。


一方、被告の弁護側は「衝動的な犯行で計画性はない」と述べ、同じような刺傷事件での刑の重さを考慮すべきだと述べています。


被告も殺意はなかったと主張しているようですが、目撃者はこのように証言しているのです。


「野生の動物が獲物を狙って、仕留めているようだった」


thumb-12198-84687-domestic.jpg


そしてナイフで34回も刺しています。この行為をもって「殺意はなかった」と主張すること自体、もうすでに狂っているとしか思えません。


「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」


仮に「もう二度としない」と主張したとしても、既にそれは受け入れることができないほどの、取り返しのつかない罪を犯してしまいました。


せめてもの償いに自分の生涯を賭して、被害者の冨田さんが安心して暮らしていけるよう終身刑を受け入れるべきではないかと思います。


公判は結審し、判決は28日に言い渡されます。


もし今回の判決で、有期刑となり、いつの日か被告が社会に復帰するとなれば、冨田さんの精神状態はどのようになってしまうのでしょう?


今回の訴えは、被告を二度と社会復帰させないための命がけの訴えだったのだと思います。


21歳の、まだ成人になったばかりの女性がこれだけ勇気を振りしぼって、強い口調で訴えたのです。


同じような刺傷事件での刑の重さを考慮等せず、この事件の重大性のみを考えた判決を下されることを願うばかりです。


それにしてもこの岩埼友宏被告の人間性はいつ、何がきっかけでこのようなものになってしまったのでしょう?


そしてこのような人間が、社会に、身近にどれだけいると言うのでしょう?そう考えると恐ろしいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冨田真由さん事件で母親、涙の訴え [事件]

東京都小金井市の女子大学生 冨田真由さん(20)が刃物で刺され意識不明の重体となっている事件で、殺人未遂罪などに問われた無職岩埼友宏被告(28)の裁判員裁判の公判が21日、東京地裁立川支部で開かれました。


o0600033713655080128.jpg


被害に遭った冨田真由さんの母親は証人尋問で、「娘は家でも“助けて”と叫んだり、泣いたりする時がある」と、事件の恐怖に苦しむ近況を説明したのです。


無理もありません。


犯人・岩崎友宏は、当時女子大生でアイドルだった冨田真由さんへの好意が高じてストーカー化し、事件当日、持っていた小型ナイフで何と冨田真由さんの首や胸、背中など計34ヶ所を刺して傷つけたのです。2016年5月21日のことです。


f63706974701ac704a1051f50b68e1c2-e1463982862892.png


冨田真由は意識不明の重体に陥りました。むしろ助かったことが奇跡的でした。


母親にしてみれば悔やんでもやみきれません。だって「娘が嫌がらせを受けている」と京都府警へ相談していたのですから。


母親は、法廷内のついたてで囲われた席から証言し、痛ましい現状を証言したのです。


真由さんは事件後、友人から見舞いに行くと連絡があっても「顔が傷だらけになっちゃったから」と話し、会いたがらないのだとといいます。また読書が趣味だったそうですが、後遺症で視野が狭まったせいか「内容が頭に入らず、毎日同じページを読んでいる」そうなのです。


あまりにも痛ましいトラウマ・・・・。


岩埼友宏被告(28)は殺害しようとした罪に問われています。つまり殺人未遂です。


殺人未遂の量刑は死刑又は無期懲役もしくは5年以上20年以下の有期懲役の範囲で刑が科されるそうです(刑法203、199条)。


ただし、未遂罪ですので中止未遂なら必ず免除又は減軽されます(同法43条ただし書)。


免除ならば刑は科されず、減軽ならば無期懲役又は2年6月以上10年以下の有期懲役となるそうなのです。


おかしな話です。


殺意を持ちながら人を殺そうとしたものの、相手が死ななかったという結果論で殺人未遂になるのです。


21日の裁判に証人として出廷した冨田さんの母親は、リハビリについて、「娘は一生懸命ですが、『こんなの全然治らない』と泣いたり、傷を見ては悲しんでいます」と証言しています。


母親であっても心の傷を癒すことはできません。圧倒的な恐怖がじわじわと襲いかかり、そしてある日、決定的なものになってしまったのです。


岩埼被告に対しては母親は涙ながらにこのように訴えています。


「身勝手な言い分と行動で娘の心も体も傷だらけにされた」

「娘はたまたま生き残っただけで殺人事件だと思っています」

「娘が安心して暮らせるような判決をお願いしたいです」


首や胸、背中など計34ヶ所も刺されているのです。あまりにも残虐な事件です。明らかに殺意を振る舞いです。犯行を目撃した人は、「野生の動物が獲物を狙って、仕留めているようだった」とコメントしているのです。


356x207xkoganei-01_png_pagespeed_ic_NXOH5w4PZD.jpg


これが未遂だからと言って2年6月以上10年以下の有期懲役で刑務所から出てきたとしたら、冨田さんのこれからの人生はどうなると言うのでしょう?


結果的に命を落とさずに済んだという奇跡的で幸いな結果が、この先の人生を怯えて生きることになるなんてあまりにも辛すぎます。


冨田さんは、悲しいかな、あるいはあの時「命を落としていた方がよかった」とさえ思っているかもしれませんね。


この親子に罪はないのですから、生涯、安心して暮らせるように司法の判決が配慮することを願うばかりです。


このような犯罪を犯した被告に「人権的な配慮」は不要ではないでしょうか?


取り返しのつかない犯罪とは正にこのような犯罪で、その償いは、命をかけて償うか、一生涯刑務所から外に出ないということでしか償うことはできません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金正男氏の殺害事件 [事件]

金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の腹違いの兄である金正男氏(46)の殺害事件、本当に驚きました。


yjimage.jpg


映画の世界のような事件です。


今の時代にこのような事が平然と行われているなんて。


既に実行犯としてインドネシア人の女性が逮捕されていますが、「
悪ふざけの映像を撮影するためだった」と警察に供述しているそうです。


LOL.jpg


実行犯のこの女性に明確な殺害の意図があったのか、それとも北朝鮮側にだまされて利用されたのか、意見が割れているようです。


しかしいずれにしても誰かの意志が働き、このような事件を起こったことには変わりはありません。


金正男氏と言えば2001年5月に息子と二人の女性を同行し、偽造パスポートで日本に入国しようとして拘束され、強制退去させられたことで記憶に残っています。


その理由も「東京ディズニーランドに行きたかった」と言うのですから、子供にせがまれたのか、同伴の女性にせがまれたのか、はたまた本人が行きたかったのかは不明ですが、それなら何故正当な手続きを経て入国しなかったんだろうと疑問に思った記憶があります。


blog_import_526b05a54a36a.jpg


それにしても今思えば何ともやることが憎めないですね。


このことがきっかけで、ネット上では「北朝鮮にもこんなに人間味にあふれた人がいたのか?」と驚きが広がり、「マサオ」と親近感を持って呼ばれるようになったとのこと。


jonnmnauiihito.jpg


また北朝鮮のミサイル発射を非難したり、東日本大震災の翌日には「この災難に見舞われた日本の方たちを思うと、心が強く痛みます。心をこめて」と言うメッセージもJNNの記者に送っていたそうです。


金正男氏は、長年海外生活を続けており、北朝鮮の体制にはほとんど影響がなかったのに何故このような形で命を奪われなくてはいけないのでしょう?


確かに体制を批判していた事は、事実のようですがだからと言って命を奪いますか?


勿論、まだ国の指示により暗殺されたと確定しているわけではありませんが、多くの側近を処刑してみたり、今までの振る舞いを見る限りでは、同じ血の通った人間とは思えません。


それが国のトップに君臨しているのですから、この国の将来はあるのでしょうか?


アメリカのトランプ大統領の振る舞い、北朝鮮の今回の事件、世界が大きく揺れています。


その影響は日本にも様々な形で影響してくるのでしょう。不安は増すばかりです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あまりにも惨い草加市の事故 [命]

2月8日、正午すぎに発生したあまりにも惨い埼玉県草加市の交通事故


交差点で、信号無視をしたトラックに親子がはねられ、お子さんは奇跡的に助かったものの、お子さんを庇った38歳の母親がお亡くなりになりました。


AS20170208003820_commL-300x197.jpg


あまりにも凄まじい事故でした。


ブレーキをかけた痕跡もなく、速度を緩めることもなく、そのままスピードで交差点に進入。他のトラックを巻き添えにして、保育園帰りの、仲良く手を繋いで歩いていた親子を襲ったのです。


子供が生きている事が正に奇跡とも言える事故。





トラックを運転していた八下田 誠男(しずお)容疑者(28)は、過失運転致死傷の現行犯で逮捕されました。


八下田容疑者は、調べに対しこのように話しています。


「道が混んでいたので、いつもとは違う道を通っていた。スマホで地図を見ながら走っていたため、信号をよく見ていなかった」。


あの速度で、スマホを見ながら走るとどのような事が起きるかぐらい想像がつくはずです。ましてや類似した事故が多発しているのです。


どうやって償えるというのでしょう?


ご主人のあまりにも淡々としたインタビューの受け答えに少々とまどいを感じました。


受け止めているとは言いながらも、きっとまだまだ受け入れられていないのでしょう。でもそれが普通だと思います。自分だったら気が狂っているかもしれません。


「事故を起こすと、どっちも被害者になる。起こした人も、起こしたくて起こしているわけではない。明らかに赤信号だけど、そんな人はいないんだし。ただ、やったことは、こっちも受け止めているんですよ。もう妻はいないんだから。車を運転した人も、それはしっかりと認めてほしい。」


9日はそのお子さんの2歳の誕生日でした。きっと親子でお祝いをする予定だったのでしょう。


そしてご主人は、そのお子さんが2歳を迎えるタイミングで、今まで取得していた育児休暇から仕事に復帰する予定であったそうです。


一瞬にして幸せに暮らしていた家族の生活を壊したこのような事故、なぜ無くならないのでしょう?


ご冥福をお祈りいたします。


t02200147_0624041610448295434.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

共稼ぎ夫婦の家事について [その他]

共稼ぎ夫婦の家事に関する記事が出ていましたね。


簡単に言えば、共稼ぎにも関わらず、家事が妻である女性だけに偏っていると言う問題です。


yjimage.jpg


確かに一昔前は、夫が外で働き収入を得て、妻が家を守り、家事育児全般をこなすと言うスタイルが一般的でした。


個人的には僕の実家が正にその典型的なスタイルで、母親は仕事は一切せず、家事全般をすべて切り盛りしていました。父は高度成長期の過酷な競争の中で働き、収入を持ちかえり、家の事は基本的には何もしないという感じでした。


勿論、それぞれ個々の性格もあったでしょうし、時代背景もあったでしょうから、それが問題になることはなく・・・・。そしてそういう環境で育てば、母親はいつも家にいて、料理、洗濯、育児、教育など家の中のことは全部受け持つもだという固定観念が植え付けられてもおかしくはありません。


しかし今の時代はそういう訳には行かないという家庭も多いでしょうね。


夫が働き、妻は昔ながらの専業主婦と言うパターン

夫が働き、妻はフルタイムではなくパートで働いていると言うパターン

夫が働き、妻も同様にフルタイムで働いていると言うパターンそこにお子さんがいると言うパターン


等々様々なケースがあると思います。

全ての作業を男女平等なのだからフィフティフィフティーにと言う考え方のご夫婦なら完全に分担制にするべきなのでしょうね。


hon_sec01_g02.gif


しかし奥さんがフルタイムではないというのなら、やはり妻の方に多少家事のウエイトが偏ることは仕方ないかもしれませんね。


でもお互いフルタイムで働きながら、家事育児は奥さんの仕事と言うのは少々夫が身勝手と言われても仕方がありません。


奥さんが家事育児をするものというのは、妻が専業主婦ならばいいでしょうけど、そうではなければ確かに厳しい話です。


バランスの取れた食事を、ましてやそこに好き嫌いなど入ろうものなら献立作りだけでもかなり神経を使うでしょうし、育児には休日などないのですから。


「なぜ、私だけ?」と思われても仕方がありませんし、それが続けば、それは奥さんの精神的な限界を超えるのは時間の問題です。


僕のところはお互いフルタイムで働き、妻は帰宅が遅く、僕も副業をしていますので、少々寂しい気持ちはあるものの、自分の事は自分でするというスタイルを取っています。


勿論、洗濯などは、分けてする必要はありませんから、手が空いている方がします。


食事の準備をするということになれば、先に書いたとおり、お互いに負担がかかることは目に見えていますから自分の分は自分で作って食べることが多いわけです。


どのようなスタイルにするかは、ご夫婦の性格や共稼ぎのパターンによって相談して決めるしかないと思います。


いずれにしても家事育児は女性がするものと言う認識はもはや当たり前ではありません。


あとはお互いにどれだけ気配りができるかにかかっているのでしょうね。


今の若いご夫婦の親御さんはまだギリギリ昔ながらの「夫は外で働き、妻が家を守る」というスタイルで育った人が多いのかもしれませんね。


あと少しで、共稼ぎで育てられた人たちが結婚をする世代になるでしょうから、そうすれば今よりはよき理解者が増えてくるのではないでしょうか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TOKIO城島茂の新たな独自キャラ(笑) [芸能ネタ]

今朝の記事にこのような記事がありましたね。


城島茂、独自キャラ確立というようなタイトルです。


城島茂.jpg


どうやら今までのジャニーズのアイドルらしからぬキャラクターを確立しつつあるというのです。


確かに僕らの若かりし頃のジャニーズアイドルと言えば、カッコよく、スマートで、スポーツも抜群、泥臭い雰囲気などなく、垢ぬけているというイメージでしたが。


そしてそれは歳を重ねてもその路線は変更されることもなく、そのまま渋くてカッコいい中年に。近藤真彦さんや少年隊の東山紀之さんのように。


fn_jaf_kob_0505B15D.jpg


91ee60334816cd1b639cc6130b2c22f0.jpg


でも確かにその路線からするとTOKIOの城島茂さんはちょっと違いますね(笑)。


農業やクレーンの操作、最近では民謡番組の司会もしているとか・・・

que-13154676943.jpg


59152608.jpg


鉄腕ダッシュを見ていても、農業に関する知識など、素人からみたら尋常ではないほど長けています。また料理の腕前などもスゴイですね。


何でもそつなくこなす山口達也さんは持って生まれた器用さのようなものを感じるのですが、こと城島さんに関しては努力してマルチになってような気がしてなりません。


CFw5NbfUgAEGfA5.png


そして何といっても好感を持てるのは歳相応に変化している自身の姿を隠していないということ(笑)


歳をとってトイレが近くなったことや髪の毛の悩みや老眼等とても共感を持てますからね(笑)。


11a6f68f868155397efdab045f50e355_8806.jpg


それに未婚ということも折に触れて話題にはなりますが、ご本人は無人島開拓の方に心が傾いているようですね。


でも歳を取ると本当に近くは見えなくなるし、髪の毛は少なくなったりするし(笑)。まあこれは人にもよりますけど。僕は剃ってしまっていますが(笑)


僕もある老化は一切隠さぬようしていますよ。誰もが迎えることだし、隠そうとすると疲れるし、歳を取るに連れて出てくる貫録や渋さもあると思いますから。


城島さんにはこれからもありのままで頑張ってほしいですね。


こんなに庶民的なアイドルもなかなかいませんからね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感