So-net無料ブログ作成

世界ボクシング協会WBA会長が再戦指示! [スポーツ]

世界ボクシング協会(WBA)のヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長がWBAミドル級王座決定戦の採点に問題があったとして再戦を指示しました。


20日に行われた一戦で、米国人ジャッジが117-110で村田選手、パディージャ氏が116-111、アール氏が115-112でエンダム選手支持と大きく割れていました。


101015_26812493_1.jpg


この結果にメンドサ会長は自らの採点では7点差で村田選手の勝ちだったとして不満を訴え、ツイッターで村田選手陣営に謝罪を表明したのです。


yjimage.jpg


また日本ボクシングコミッション(JBC)からWBAへ採点に関する抗議文が出されたこともあり、正式に今回のジャッジに対する「誤審」を認め、再戦指示の裁定を下したという訳です。


ボクシングの試合のジャッジに関しては、各ジャッジのボクシングに対する見方、考え方によってポイントに差が出るのもそれはそれで理解は出来るのですが、今回のジャッジに関してはそんなことでは説明の付かないほどおかしなジャッジであったということですよね。


そのことは村田選手の負けとしたパディージャ氏とアール氏の両ジャッジに6カ月の資格停止の処分を下されていることからもわかります。


協会のトップも今回のジャッジに対して明らかに問題ありと判断した訳で、それ自体は良かったと思うのですが、それならば何故、再戦なのでしょう?何故再戦しなければならないのでしょう?


両者互いに譲らず、試合内容が拮抗していたから再戦して白黒決着をつけるというのは理解ができます。しかし今回はそうではありません。


両選手とも今回の試合に望むに当たり、過酷な練習に耐えて来たわけです。


それにボクシング自体が場合によっては後遺症の残ることもあり得る過酷なスポーツです。


ジャッジが処分されるほどのおかしなジャッジであったと言うのなら、再戦ではなく、あの試合そのものを再ジャッジして、判定をやり直すのが筋ではないかと思うのですが。


再戦するにあたって両陣営ともにきっと素人の僕らでは想像がつかない程のコストもかかるでしょう。会場の費用などは誰が負担をするのでしょう?


両選手共にあの試合に照準を当て、最高の試合ができるよう調整してきたはずです。ですからあくまでもあの試合に対するジャッジがおかしかったのであれば、あの試合に関してのジャッジをやり直すべきです。


つまり、あの時のジャッジは誤りだったので、「村田選手がタイトル獲得」とすればいいのではないですか?


再戦したらそれはそれでまた別の試合です。この考え方っておかしいのでしょうか?


オリンピックでもそうです。薬物疑惑で失格の選手が出た場合、繰り上げでメダル獲得になっています。


ところでエンダム選手は、これらの一連の報道をどのように感じているのでしょうね?


5_20endam.jpg


あの判定は当然の結果だと思っていたのでしょうか?


もしエンダム選手自身が、あのジャッジに違和感を感じていたのであれば、きっと精神的にも辛いでしょうね。


でもおそらくそうであったのだろうなと思います。これだけ多くの人があのジャッジに疑問を投げかけているのです。当の本人が何も違和感を感じていないことはないと思います。


と言うかそう思いたいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WBA世界ミドル級王座決定戦、村田諒太敗れる! [スポーツ]

20日に有明コロシアムで行われたボクシングの;">「WBA世界ミドル級王座決定戦」、帝拳に所属する村田諒太選手が敗れました。


yjimageUW4PISL5.jpg


お相手は同級1位のアッサン・エンダム(33)選手です。判定は2-1


仕事から帰宅後、テレビで途中から観戦していました。エンダム選手をダウンさせたシーンは見ることはできませんでしたが、というよりも知らずに途中から観戦したのですが、それでも「村田、勝った」と思いました。


spo17052021210085-p2[1].jpg


だから一人目のジャッジを聞いた時に「あれ?」。そして敗れたとわかった時の怒りのような(笑)、消化不良のようなあの感覚、きっと多くのボクシングファンの方が抱いたのではないでしょうか?


だってダウンだけではありません。ダウン寸前まで追い込むシーンもあったし、音が聞こえてくるほどの強烈なボディーブローも放っていました。どう見ても主導権は村田選手にあったと思います。


box17052021210014-p1[1].jpg


判定が出た直後、一瞬、アナウンスも途切れたようで、きっとアナウンサーも勝利を確信していただけに、言葉が見つからなかったのでしょうね。


エンダム選手の「手数が評価されたのでしょう」的なコメントや記事がありましたが、何とも後味の悪い、取ってつけたような、自らを無理やり納得させるようなコメントでした。


ボクシングの事は素人なのでよくわかりませんが、「手数の多さ」が「ダウンさせた」事よりも、「ダウンさせる寸前まで追い込んだ」ことよりもポイントを稼ぐことができるのでしょうか?


プロテストのように「基本」を重視するような試合ではありませんよね?観戦したところお互いにフェアな闘いをしていたと思います。


何か「別の力が働いてしまったのか?」と勘繰りたくもなってしまいます。


でも判定が今更、覆る訳もなく。今はまだショックが大きいかと思いますが、また頑張って再挑戦して欲しいと思います。


ロンドン五輪で48年ぶり日本2人目のボクシング五輪金メダルを獲得した村田選手の通算戦績は13戦12勝(9KO)そして今回の1敗。


村田選手のエピソードですごく頭に残っている事があります。


アマ時代に五輪を目指すと決めた時から、自宅の冷蔵庫に「金メダルをとりました。ありがとうございました」と言う未来のことなのに、さも実現した後のような暗示の紙を奥様が貼っていたというエピソード。そして今、その紙は「チャンピオンになりました」と書きかえられたそうです。


まずは、お疲れさまでした。次はチャンピオンです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガリガリガリクソンの飲酒運転 [芸能ネタ]

お笑いタレントのガリガリガリクソン容疑者(31)が12日、大阪市内の路上で飲酒運転をしたとして、大阪府警南署に道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕されました。


wpid-bIn6e86.jpg


なぜ、飲酒運転がこれだけ大きな社会問題になり、多くの被害者が出ていると言うのに、それも命を落とすような事故が相次いでいるというのに、未だに次から次に紙面を賑すのでしょう?


ガリクソン容疑者は右側前後輪がパンクした乗用車内で寝ているのを発見され、基準値以上のアルコール分が検出されたとのことです。


運転した事実については「記憶がない」と否認しているそうですが、なぜそのような状態になるまで飲酒するのでしょうね?


個人的には、お酒は好きですが、強くないので一定量を飲めばそれ以上は飲めなくなるし、飲みたいとも思わなくなります。それを越えると逆に具合が悪くなってしまいます。ですから記憶な無くなる程、飲むという感覚がどうにも理解できないのです。


お酒好きの人は、お酒に強い人は二日酔いは別としても、飲んでいる最中に具合が悪くなて歯止めがきくと言うようなことは無いのでしょうか?


結局、ガリクソン容疑者は、周辺の防犯カメラに車を運転しているのが映っていたことから、午後に逮捕されたわけです。


発見当時、ガリクソン容疑者の車はエンジンがかかったままで右の前後輪がパンクしており、右前バンパーに新しい傷があったそうですが、事前に事故を起こした可能性については捜査中だそうです。


人身事故にはなっていないでしょうけど、恐らくどこかにぶつけたなど物損事故は起こしているのでしょうね。そうじゃなければ車がそのような状態になる訳がありませんから。


12日にはガリクソン容疑者と直前まで大阪市内のバーで同席していたグラビアアイドルの門楼まりりんさん(25)が、大阪府警の事情聴取を受けたそうです。


cd31f0dc.jpg


門楼さんは事務所に対し、泥酔したガリクソンを複数でタクシーまで運んだ際、ガリクソンが車で来店したことを知ったと経緯を説明しています。


「寝るだけ」というガリクソン容疑者に「運転するな」と念押しして、車に乗せて店に引き返したといいます。


門楼さんはツイッターでも「車での来店を知っていたら無理やりにでも止めてます!!もしくは無理やり(運転)代行を呼んでいました」と主張しているようですが、確かにその通りかもしれませんね。


所属事務所は解雇も含めた厳しい処分を検討しているようですが、嗜好品であるお酒で人生が大きく傾く、やりきれない話です。


人身事故に発展していなくて本当に幸いでした。


競争の激しいお笑いの世界で、テレビでも売れるようになってきたのに、あまりにも大きな代償となってしまいました。

元会社の同僚が肺がんに [健康]

元会社の同僚が肺がんになっていました。


e0752a22.jpg


以前勤めていた会社の同僚のブログを何気なく見ていたら、現在入院中とのこと。様子伺いのコメントをいれたところ、何と肺がんで入院中で、それも3回目の転移で3回目の入院とのことでした。


さすがにショックでした。確かにタバコもお酒もよくやっていたと印象があります。それにしても・・・子供がちょうど僕の子供と同い年なので、順調に行っていれば既に社会人になっているはずです。


このような記事が出ていました。


「受動喫煙の医療費が3233億円」(朝日新聞)


驚きました。喫煙者の医療費ではありません。受動喫煙の医療費です。


363a05cbeda9c18240c2c9db917304b0.png


受動喫煙とは、本人は喫煙していないのに、周囲の喫煙者の吐き出すタバコの煙の影響を受けることです。


その影響により、肺がんや脳卒中などにかかかり、余計にかかる医療費が2014年度で3233億円にも上ると言うのですから、恐ろしい数字です。金額もさることながら、それほどまでにタバコの煙による影響が大きいという事実。


その記事によると・・・


受動喫煙によって肺がんにかかるのは約11000人、それに伴う医療費が335.3憶

受動喫煙によって脳卒中にかかるのは約129000人、それに伴う医療費が1941.8憶

受動喫煙によって虚血性心疾患にかかるのは約101000人、それに伴う医療費が955.7憶


驚きの数字です。


しかし当の喫煙者の医療はこんなものではありません。何と1年間に1兆1669億2千万だそうです。


僕も以前は喫煙していました。喫煙本数は1日約10~15本×喫煙年数は約20年。既にタバコをやめて14年が経過しました。


勿論、今では食後であってもタバコを吸いたいという欲求もないし、煙に対しては不快感を感じます。


やめた理由は、やっぱり「もし肺がんなんかになったら・・・」でした。「タバコをやめていれば」という後悔をしたくなかったから。取り返しのつかない後悔だから。


不思議とこの時、スパッとやめられました。20年も吸っていたのに(笑)


でもこんな記事をインターネットで見かけました。


タバコをやめてからの体のことです。


20分後 最初の変化は意外に早いです。まず、血圧と脈拍が正常になり、手足の体温が上昇します。

8時間後 血液内のニコチン濃度が93.25%減少。

12時間後 半日でやっと、血液内の酸素濃度と、一酸化炭素濃度が通常値に。これによって注意力が上がったり、睡眠の質が良くなっていきます。

24時間後 タバコの禁断症状がピークに達すると同時に、体内からニコチンが排除されます。

48時間後 喫煙によってついた肺の中の傷やタバコのゴミが消え、神経終末が修復を始めます。そして、嗅覚と味覚が正常に戻ります。

72時間後 ついに、体内のニコチンが100%消えます。ここでやっと、タバコの禁断症状から徐々に解放されていきます。

2週間後 血液循環と歯の黄ばみや強度が、非喫煙者と同等レベルにまで改善。

2~4週間後 ストレスや不安も消え、リラックスした精神状態に。

2週間~3ヶ月後 心臓発作のリスクが下がり、肺機能も向上します。

9ヶ月後 肺が綺麗になり、体を動かしても息切れの症状がなくなります。咳の回数も減少。

1年後 ここでやっと1年。心筋梗塞や心疾患のリスクが半分になります。
5~15年後
ついに5年が経過しました。脳卒中のリスクが非喫煙者と同等にまで回復。

10年後 タバコをやめて10年。喫煙による肺ガンのリスクが30~50%減少し、死亡のリスクも半分になります。

15年後 冠動脈性心疾患や心臓麻痺、歯が抜け落ちるなどといったリスクが非喫煙者と同等に。

20年後 ここまできてようやく、体は完全にタバコによる害から解放されます。

さて、共に体の変化を追ってみて、あなたはどう思いましたか?タバコの害から完全に解放されるまで、なんと20年もの時間を要するのです。

http://grapee.jp/121277より引用。


これが正しければ、僕もまだタバコの害から解放されていないということになります。後6年もかかるんです。


でもそれだけタバコの影響は大きんですね。


今、どこに行っても灰皿もなく、喫煙者=邪魔者、悪者みたいな扱いです。


小さな部屋に押し込まれ、白く煙った部屋の中でタバコを吸っている姿を見ると、異様な光景だと思います。


report_ph_10.jpg


一昔前まではこのような時代がくるとは思いもしませんでしたが、医学的に周囲に害を及ぼすことがここまで明確にされているのです。


5008.png


喫煙者の方たちも本当に真剣に考えなくてはなりませんね。


勿論、タバコを吸わなくても肺がんになる人もいるし、ヘビースモーカーでも肺がんにならない人もいます。


でもなってから後悔だけはしたくありません。「俺は肺がんで死んでもいいんだ」何て言う話も耳にしますが、それはまだ肺がんになっていないからです。


莫大な治療費、体の痛み、つらさ、家族との別れ、平気でいられるはずがありません。


少なくとも僕は、だからやめました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感