So-net無料ブログ作成
検索選択
新聞配達ネタ ブログトップ

雪の降った地域の新聞配達員の皆さまへ [新聞配達ネタ]

只今、朝刊の新聞配達から戻り、一息ついたところです。


雪の降った地域の新聞配達員の皆さま、本当にお疲れまでした。


先日、愛知県の雪の降る中での新聞配達のことがニュースで取り上げられていました。とても他人ごとではなく・・・。


0215a.jpg


数年前、東京でもかなりの大雪に見舞われました。その時は死ぬ思いでした。僕は札幌でも新聞配達をしていたので、雪の中での配達自体は慣れているのですが、いかんせん20~30cmも雪が積もり、除雪が一切行われていない中での配達には本当に参りました。


バイクもほとんど思うように進まず、ちょっと気を抜けば転倒の危険もあり。転倒したら新聞が雪の中に落ちてしまいます。ビニールのラッピングをしているものの、中には沁みこんで新聞が濡れてしまうこともあります。そうしたらそのままお客様の元にお届けするわけにはいきませんから、再度取りに戻らなくてはなりません。


197891744_624.jpg


脇道になるとさらに雪は積もっているため、バイクでは入って行けず、歩いての配達となります。一度に持てる部数も限界があるため、行っては戻りの繰り返しです。


普段からそのような配達の仕方をしていないので、段取りも思うように行かず・・・。


手足の指先は感覚がなくなり、痛みが出てきます。体は冷え切り歯がガチガチとなります。


そんな配達の記憶が蘇ってきました。特に今回は愛知や広島など普段から雪のない県での大雪です。


昨日からの大雪、今日も続くと言っていました。


きっとまだまだ配達の途中なのだと思います。


早く配達が終わり、暖かいお風呂に入れればいいのですが。


本当にお疲れ様でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大雪の中での新聞配達 [新聞配達ネタ]

降りましたね。大雪が。


今朝は、大雪の中での新聞配達でした。


出勤時の1:30過ぎにはまだ路面が濡れている程度でしたが、配達を開始する頃にはほぼ一面真っ白に。


各配達員、バイクにチェーンをつけたりとバタバタしていました。


5年ほど、札幌でも配達をしていたので、雪の中での配達には抵抗は差程ないので、その点、いい経験をしてきたと思います。


札幌の朝は、勿論、マイナス気温です。路面は除雪車が入りますので、アイスバーン状態です。まるでスケートリンクです。


yjimage.jpeg


でも除雪が入ると轍がなくなるので、転倒する恐怖心はありますが、轍にタイヤが取られ、走れなくなることはあまりありませんでした。


氷の上を新聞を積んだバイクで走りますので、ちょっとバランスを崩したり、ふかしすぎたりすると、すく後輪がスリップし転倒してしまいます。


puffer-49.jpeg


puffer-38.jpeg


何度転んだことか(笑)。幸い大したケガはありませんでした。


札幌ではスパイクタイヤを使用していたので、僕自身、バイクにチェーンをつけると言う習慣があまりありませんでしたので、今日も何とかなると思って、そのまま出発しました。


しかしそれが大誤算。


雪は益々強くなり、マンションを配達している間にさらに道路には雪が。


DSC_0852.JPG


脇道に入ればバイクは殆ど動かず、ちょっとアクセルをふかせばドリフト状態です(笑)。何とかわき道を切り抜けて・・・。


DSC_0853.JPG


主要道路にバイクを停めて、脇道は結局歩きで配達することに。


結局1:40に出勤し、配達を終えて販売店に戻ったのがおおよそ7:00でした。


今日はバイクを置いて、徒歩で帰宅しました。


それでも2~3年前の大雪の時に比べたら全然楽でした。その時は7:00の時点で半分しか終わっていなかったと思います。膝上位まで雪がありましたので。


思い出したくもありません(笑)。


北海道のように除雪が入ればいいのですが、それを望むのは無理ですからね(笑)。


今日の内に雪が消えてくれればいいのに。


帰って風呂に入ったら、太ももとお尻が赤く霜やけ状態でした(笑)
タグ:東京 大雪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

危機一髪、新聞配達員が火事から隣人救出! [新聞配達ネタ]

28日未明の北海道恵庭市黄金南で住宅火災が発生しました。


20151128-00010002-doshin-000-view.jpg
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6182367より引用


残念ながら一人の方がお亡くなりになってしまいました。その家の住民の60代の男性であろうとのことです。


火事は2階建ての家を全焼し、隣にも燃え移りました。


5e24796e613d91382adaa30f7d8b19bc.jpg
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1...より引用


しかし夜明け前の住宅街に「お隣が火事です。起きてください」と懸命に叫ぶ声が響きました。


そして激しくドアを叩く音。


それは激しく燃える家の両隣3軒のドアを叩く音でした。


文字通り叩き起こしたのでしょうね。


火事の発生を知らせるべく、必死にドアを叩いたのは、新聞配達中に火災に気付いた北海道新聞恵庭東部販売所の配達員小出幸子さん(68)でした。


小出さんは同日午前4時半すぎ、乗用車で配達中、焦げた臭いに気付き、次第に目が痛くなって来たことから火事だと確信しました。


配達を中断し、5分ほど周囲を見回った末、火災現場にたどり着きました。


しかし到着した時点で既に現場は玄関フードのガラスは割れ、火が噴き出していました。


東側の隣家にも火が迫る勢いだったため、即座に知らせに行きました。


玄関ドアをたたいて、一家4人を起こすとともに119番通報を依頼、さらに足が不自由な95歳の女性ら2人が暮らす西側の住宅などにも駆けつけ、避難するよう伝えました。


正に危機一髪の火事からの隣人救出劇でした。


小出さんは当時の事をこのように話しています。


「暗くてインターホンのボタンが見えなかったので、とにかく懸命にドアをたたいた。火が迫っていて無我夢中だった」


僕は札幌では、北海道新聞の配達をしていたので、よくわかりますが、明け方は一番冷え込みが厳しく、路面も凍結していますから、歩くにしても用心しないと転んでしまいます。


ましてや走るとなればそれこそ足をすくわれて仰向けに転んだりすることもあります。


それに札幌に近い恵庭でも先日からの悪天候でかなりの積雪もあったのだと思います。


そんな中での必死の救出活動です。雪に慣れているとは言え本当に大変だったと思います。


しかも小出さんは68歳の女性の配達員です。本当に同じ新聞配達をしている者として頭が下がります。


一家4人で逃げることが出来た吉川さんはこのように話しています。


「就寝中に聞こえた誰かの声のおかげで一家全員が助かった。知らせてくれた人に感謝したい」


妻(46)と長女(15)、長男(13)の4人家族です。


勿論これからの事も大変なのでしょうけど、まずは何よりも大切な家族全員の命が救われたのですから本当に良かったですね。


明け方の配達中には意外と色々な事に遭遇します。


つい先日も配達中に、消防車やパトカーが集まって来たことがありました。


あとでニュースにもなっていたようですが、女性が後ろから走ってきた自転車に乗った男とぶつかり、口論となった末に、鈍器のようなもので頭を殴られてけがをする傷害事件が発生し、そのまま男性が逃走するという事件があったわけです。


他にも今までこんなことに出くわしました。


●路上で人が倒れていた。

●男女がガチで殴り合いをしていた。

●彼氏に殴られ、救いを求められた。

●冬の玄関先で倒れている老人がいたので、「こんなところで寝ていたら寒さで死んでしまいますよ」と声をかけていたら、トイレに行きたかったらしく、失禁してしまった。

●配達先の図書館の自動ドアが真夜中にも関わらず全開になっていた。警察に通報。閉め忘れだったようです。

●見たことのない動物が路上で血を流していた。何の動物でしょう?お巡りさんを呼んで警察に引き渡しました。

DSC_0046.JPG

●女装のおじさんが歩いていた。


●大の苦手のセミとエレベーターで一緒になってしまった。

110819_041705.jpg

●雨の中、駐車場で上半身裸のおじさんが太極拳みたいな事をしていた。

●倒れていた人に声をかけ、家を聞き出し、知らせに言って戻って来たら消えていた。知らせに行った家もベルを鳴らしてもでなかったので良かった。お巡りさんを呼んで後はお任せしました。

●霧の夜に広い道路のセンターラインの上を裸足の女性が歩いていた。

●8階建ての団地を配りながら左に曲がったらいきなり雪だるまがいて声をあげそうになってしまった。8Fまで雪を運んだんですね。

DSC_0811.JPG


色々ありますね(笑)。


でも今回のような人命に関わるような事に出くわした時に、自分に小出さんのような勇気のある行動がとれるのだろうかと自問自答しています。
タグ:新聞配達
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

新聞配達ネタ [新聞配達ネタ]

おはようございます。ぶんぶん丸です。とてもさわやかで気持ちのいい朝ですね。梅雨までの間、このような天気が続けばいいですね。
でも実はこんなさわやかなお天気になる前は大荒れだったんですよ(涙)。はじめのご挨拶の時にも触れましたが、僕は朝、本業の出勤前に新聞配達をしています。今朝と言うか夜中1:30頃に家を出る時には雲の切れ目も見え、雨も降っていなかったので、カッパも持たず長靴も履かずに出かけました。この時期、できることならカッパも着たくありませんからね。暑いし、汗をかいて臭うし(笑)。でも新聞の到着を待っている間に雨が・・・、風が・・・、雷が・・・。雨は止む気配を見せず、まさに台風のような天気で、時々雷で光るし。それでも気を持ち直して出発。途中雷が頭上でなっているかのように近くで鳴っていて、まるで僕のバイクの後を追ってくるような感じさえしたほどでした。全身びしょ濡れになりました。いつもそうなのですが、不思議なもので途中までは全く気にならなかった寒さが、何かのきっかけで急に感じ始めるんですね。一旦寒さを感じ始めるともうダメで。あとは最後まで歯をガチガチ鳴らしながらの配達でした。皮肉なもので配達が終わるころには晴れ間も見え始め・・・。仮眠して出勤時にはこの青空です。何か悪いことしたかな?と思うような今日の1日のスタートです。今日も一日頑張って行きましょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
新聞配達ネタ ブログトップ