So-net無料ブログ作成
検索選択

福岡に続き、銀座でも強盗事件発生! [事件]

どうしたというのでしょう?


福岡に続き銀座でも強盗事件が発生しました。


福岡では20日の昼、中央区の駐車場で3億8400万が奪われました。金塊取引の為に引き出した現金です。


529e2368.jpg


そして21日は銀座。銀座で貿易関連の取引の為に用意した7200万円の内4000万が奪われました。


20170421-OYT1I50018-N.jpg


いずれも複数の犯行です。


多額のお金が、それも用意した直後。どう考えても計画的な犯行なのでしょうね。


それにしてもテレビや映画の世界ではなく、現実の世界でもそのような多額なお金を銀行間での送金や小切手ではなく、現金で持ち歩く人がいるのですね。


命を失わずに済んだことが何よりも幸いでしたが、すんなり諦めきれるような額ではありません。この後の人生を左右するような金額です。


しかし、こういう事件がこのあと、まるでブームのように連鎖反応的に発生することが気掛かりでなりません。


大文前になりますが、僕の住んでいた家の向いの家に用事で来ていた高齢の女性が、正に家の前でバイクで走ってきた男にバッグを引っ手繰られると言う事件がありました。数日後になってバックやら携帯やらは出てきたそうですが、やはり現金数万円は戻らずだったようです。


o0330023310208677114.jpg


確かに男女問わず、夜道を帰宅するときは本当に気をつけないとダメですよね。いや夜道だけ、人気のいない場所だけではないですね。


日中でもオフィス街など、サラリーマンやOLが昼食の為に外出していますが、財布や携帯を軽く握るようにして、おしゃべりしながら歩いています。


背後からひったくろうと思えば簡単に出来てしまいますよね。


今回、何よりも驚いたのが、銀座と言う、それも4丁目交差点の近くで、平日の昼でも買物客や観光客やらで人手もそれなりにいる場所での犯行だったことです。それを考えたら、オフィス街や雑多な繁華街、ましてや人気の少ない夜道など、本当に危険ですよね。


ひったくられそうになったバッグなどを無理に守ろうとしてケガしたり、最悪命を落とすこと危険もありますから、初めから隙を見せないようにするしか手は無いのかもしれません。


だから今は財布だけ持ち歩くときは、しっかりと手に持つようにしているし、帰宅時はバックは道路とは反対側の歩道側に持つように、または肩から掛けるようにしています。


1日も早く、犯人が見つかり、現金が戻って来ることを願うばかりです。


ところで話していて疑問に思ったのが、強盗とひったくり、何がちがうのでしょうね?


回答としてこのような回答を見かけました。違うのですね。


刑法上の罪名は、「路上強盗」は「強盗罪」、「ひったくり」は「窃盗罪」です。 強盗と窃盗の違いですが、窃盗に当たって「暴行又は脅迫を用いる」のが強盗です。つまり、路上で、相手に暴力を振るったり、脅しつけた上でふんだくるのが「路上強盗」、こっそり近づいてパッとふんだくるのが「ひったくり」です。

タグ:銀座 強盗
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベトナムの少女の事件 [事件]

先月、26日朝、ベトナムの少女が遺体で発見されると言う痛ましい事件がありました。


その少女は、千葉県我孫子市で松戸市に住む小学3年でベトナム国籍のレェ・リンちゃん(9)。


8de92_368_35228256af36a050cfd0a41e591e70c4-cm.jpg


警察によると午前7時前、我孫子市北新田で釣りに来ていた男性から「女性が全裸で倒れている。マネキンかもしれない」と通報があったと言うことです。


リンちゃんは、排水路の橋の下で、全裸の状態で右を向いて倒れて死亡しており、捜査関係者によると、リンちゃんの首には絞められたような痕があったとのこと。


8c1b84fe.jpg


事件の翌日、朝刊配達の朝礼の前に、ベトナムの配達員のスタッフさんたちが記事を見ながら母国語で何やら話をしている姿を見かけました。


勿論、何を話していたのかはわかりませんが、同じ国から遠く離れた日本に来て生活をしているのです。この同胞の、それも小さな女の子の死に何を感じたのでしょう?


日本と言う国、日本人と言う人種に何を思い、何を感じたのでしょう?


同じように日本人も外国で理不尽な事件に巻き込まれて命を落とすケースもよく耳にします。


本当にやるせなさしか残りません。少なからず旅行にしろ、仕事にしろ、自国を離れて遠い異国に行くのです。


きっとそう言う人たちの多くが、その異国に何らかの夢や希望を持って来ている訳です。


それなのに何故、そのような人たちにそのような理不尽なマネをするのでしょう?


本当に許せません。


リンちゃんにもこれから多くの可能性と夢と希望があったのだと思うと、本当にいたたまれません。


一日も早い事件の解決と、リンちゃんのご冥福をお祈り致します。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岩崎被告、判決を不服として控訴! [事件]

2016年5月、東京・小金井市で冨田真由さんが岩崎被告に刺されて重傷を負った事件の判決が出ました。


求刑懲役17年に対して言い渡された判決は懲役14年6カ月でした。


e1b5316a-s.jpg


東京地方裁判所立川支部は、殺人未遂などの罪に問われた被告に対し、判決理由をこのように述べました。


「抵抗できない状態になっても執ように刺し続けるなど、死亡していてもおかしくない危険で悪質な犯行だった。一方的に恋愛感情を抱き、落ち度のない被害者を逆恨みして事件を起こしていて、動機に酌むべきところは一切ない」


それなら「なぜ、14年6カ月なの?」と思ってしまいます。なぜ、求刑通りの懲役17年を下回る判決になってしまったのでしょう?


冨田さんはこの判決に対してこのようにコメントしています。


「17年でも短いと思っていたのに」

「思い出したくもない事件のことを何度も思い返して、意見陳述を書いて、読み上げました。私や私の家族の苦しみが伝わらなかったのだと思うとやり切れません」

「たった14年で塀の外に出てくると思うと怖い。


殺人未遂と言う結果だけ勘案すれば重い量刑だといいます。


でも今回は、明らかに殺人事件と言ってもおかしくない事件なのです。


岩崎被告は「死ね、死ね。死ね」と叫びながら34回もナイフで刺しているのです。命が助かった事が不思議なほどです。


冨田さん側は弁護士さんを通して控訴の希望を伝えたそうですが、驚いたのは岩崎友宏被告、も懲役14年6月の判決を不服として、東京高裁へ控訴したということです。


まさか量刑が軽すぎるからもっと重くしろということではないでしょう?


2月の論告求刑の際には、岩崎被告は冨田さんの意見陳述中に「じゃあ、殺せよ」と大声を出して退廷させられています。


0-3139-2-Y2FwdHVyZTAwMDU0LmpwZw-r-.jpg


何処に反省の色が伺えるというのでしょう?


殺人未遂としては重い量刑・・・・


確かに過去の判例や量刑の程度を参考にするのもいいでしょう。しかしだからと言って過去の判例に捉われて、その範疇から外れた判決は出さないというのであれば、それはそれでどうなのでしょう?


今回のようにどのように贔屓目に見ても、あまりに理不尽な事件に関してはもっともっと厳罰化するべきではないかと思います。


今回の判決は裁判員裁判だったから、殺人未遂でも通常より重たい判決が下されたのでしょうか?


もしこれが従来通りの裁判であったなら、もっと軽い判決がくだされていたのでしょうか?


勿論、感情論で量刑がされるようなことがあってはならないと思いますが、今回のような事件の場合、もっと被害者感情を考慮するべきです。


被告にも人権はあるでしょう。でもそれを考慮されなくても反論できない程の罪を犯したのです。


今はただただ冨田さんが「あの時、命が助かってよかった」思えるような、今後の人生を安心して送れるような判決が再度下されることを願うばかりです。


046efaea.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「じゃあ殺せ」! 冨田真由さん殺人未遂犯が法廷で怒鳴り退廷に! [事件]

先日も投稿させていただいた昨年5月に発生した東京都小金井市の冨田真由さん(21)の殺人未遂などの罪に問われた群馬県伊勢崎市の無職岩埼友宏被告(28)の裁判員裁判が23日、東京地裁立川支部で行われました。


kiso.jpg


先日、予定されていたのが冨田さんの体調不良により延期になったようですが、今回は頑張って出廷されたのですね。


いくら被告や傍聴席から見えないように、ついたてが設けられていたと言っても、自分を恐怖のどん底に陥れた人間のいる場所になど、恐ろしくて行けるものではありません。


そんな中で気丈にも自身の思いをしっかりと述べたのです。想像を超える勇気であったと思います。


「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」

「絶対に許してはいけません。一方的に感情を抱いて、思い通りにならなければまた人を殺そうとする人です」


岩埼被告は当初、無表情で聞いていたそうですが、「野放しにしてはいけない」という冨田さんの発言に「じゃあ殺せよ」と怒鳴ったのです。


裁判長が不規則発言をしないよう注意しましたが、冨田さんが「また人を殺そうとする」と話したところで「殺すわけないだろう」と怒鳴ったため、開廷から約20分後に、退廷を命じられました。


審理は一時中断し、再開後は検察官が被害者の思いを代読したそうです。


検察側は「常軌を逸した身勝手な犯行だ」として、被告に懲役17年を求刑しましたが、冨田さんの代理人弁護士は、無期懲役にするべきだと訴えました。


当然です。


梅沢富美男(66)がこのようなコメントを出していました。


20161214-OHT1I50034-T.jpg


「殺せよって言うなら、殺してやれよ。なんの罪もない子を殺そうとしてやった。何十回も刺したヤツが何で(懲役)17年なんだよ。17年っていったて短くなって10年そこらで出てくるんだろ。この子がかわいそう。今でもドキドキしていると思う。それなのに自分が悪いことをしたと思ってもいないヤツが殺せっていうなら、殺してやれよ」とまくし立てた。「裁判官なにしてたんだよ。殺せよって言った後だったら、『じゃあ、あなたは死刑にします』って言ってやれや」


正に世論の声、そのものだと思いました。


一方、被告の弁護側は「衝動的な犯行で計画性はない」と述べ、同じような刺傷事件での刑の重さを考慮すべきだと述べています。


被告も殺意はなかったと主張しているようですが、目撃者はこのように証言しているのです。


「野生の動物が獲物を狙って、仕留めているようだった」


thumb-12198-84687-domestic.jpg


そしてナイフで34回も刺しています。この行為をもって「殺意はなかった」と主張すること自体、もうすでに狂っているとしか思えません。


「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」


仮に「もう二度としない」と主張したとしても、既にそれは受け入れることができないほどの、取り返しのつかない罪を犯してしまいました。


せめてもの償いに自分の生涯を賭して、被害者の冨田さんが安心して暮らしていけるよう終身刑を受け入れるべきではないかと思います。


公判は結審し、判決は28日に言い渡されます。


もし今回の判決で、有期刑となり、いつの日か被告が社会に復帰するとなれば、冨田さんの精神状態はどのようになってしまうのでしょう?


今回の訴えは、被告を二度と社会復帰させないための命がけの訴えだったのだと思います。


21歳の、まだ成人になったばかりの女性がこれだけ勇気を振りしぼって、強い口調で訴えたのです。


同じような刺傷事件での刑の重さを考慮等せず、この事件の重大性のみを考えた判決を下されることを願うばかりです。


それにしてもこの岩埼友宏被告の人間性はいつ、何がきっかけでこのようなものになってしまったのでしょう?


そしてこのような人間が、社会に、身近にどれだけいると言うのでしょう?そう考えると恐ろしいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冨田真由さん事件で母親、涙の訴え [事件]

東京都小金井市の女子大学生 冨田真由さん(20)が刃物で刺され意識不明の重体となっている事件で、殺人未遂罪などに問われた無職岩埼友宏被告(28)の裁判員裁判の公判が21日、東京地裁立川支部で開かれました。


o0600033713655080128.jpg


被害に遭った冨田真由さんの母親は証人尋問で、「娘は家でも“助けて”と叫んだり、泣いたりする時がある」と、事件の恐怖に苦しむ近況を説明したのです。


無理もありません。


犯人・岩崎友宏は、当時女子大生でアイドルだった冨田真由さんへの好意が高じてストーカー化し、事件当日、持っていた小型ナイフで何と冨田真由さんの首や胸、背中など計34ヶ所を刺して傷つけたのです。2016年5月21日のことです。


f63706974701ac704a1051f50b68e1c2-e1463982862892.png


冨田真由は意識不明の重体に陥りました。むしろ助かったことが奇跡的でした。


母親にしてみれば悔やんでもやみきれません。だって「娘が嫌がらせを受けている」と京都府警へ相談していたのですから。


母親は、法廷内のついたてで囲われた席から証言し、痛ましい現状を証言したのです。


真由さんは事件後、友人から見舞いに行くと連絡があっても「顔が傷だらけになっちゃったから」と話し、会いたがらないのだとといいます。また読書が趣味だったそうですが、後遺症で視野が狭まったせいか「内容が頭に入らず、毎日同じページを読んでいる」そうなのです。


あまりにも痛ましいトラウマ・・・・。


岩埼友宏被告(28)は殺害しようとした罪に問われています。つまり殺人未遂です。


殺人未遂の量刑は死刑又は無期懲役もしくは5年以上20年以下の有期懲役の範囲で刑が科されるそうです(刑法203、199条)。


ただし、未遂罪ですので中止未遂なら必ず免除又は減軽されます(同法43条ただし書)。


免除ならば刑は科されず、減軽ならば無期懲役又は2年6月以上10年以下の有期懲役となるそうなのです。


おかしな話です。


殺意を持ちながら人を殺そうとしたものの、相手が死ななかったという結果論で殺人未遂になるのです。


21日の裁判に証人として出廷した冨田さんの母親は、リハビリについて、「娘は一生懸命ですが、『こんなの全然治らない』と泣いたり、傷を見ては悲しんでいます」と証言しています。


母親であっても心の傷を癒すことはできません。圧倒的な恐怖がじわじわと襲いかかり、そしてある日、決定的なものになってしまったのです。


岩埼被告に対しては母親は涙ながらにこのように訴えています。


「身勝手な言い分と行動で娘の心も体も傷だらけにされた」

「娘はたまたま生き残っただけで殺人事件だと思っています」

「娘が安心して暮らせるような判決をお願いしたいです」


首や胸、背中など計34ヶ所も刺されているのです。あまりにも残虐な事件です。明らかに殺意を振る舞いです。犯行を目撃した人は、「野生の動物が獲物を狙って、仕留めているようだった」とコメントしているのです。


356x207xkoganei-01_png_pagespeed_ic_NXOH5w4PZD.jpg


これが未遂だからと言って2年6月以上10年以下の有期懲役で刑務所から出てきたとしたら、冨田さんのこれからの人生はどうなると言うのでしょう?


結果的に命を落とさずに済んだという奇跡的で幸いな結果が、この先の人生を怯えて生きることになるなんてあまりにも辛すぎます。


冨田さんは、悲しいかな、あるいはあの時「命を落としていた方がよかった」とさえ思っているかもしれませんね。


この親子に罪はないのですから、生涯、安心して暮らせるように司法の判決が配慮することを願うばかりです。


このような犯罪を犯した被告に「人権的な配慮」は不要ではないでしょうか?


取り返しのつかない犯罪とは正にこのような犯罪で、その償いは、命をかけて償うか、一生涯刑務所から外に出ないということでしか償うことはできません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金正男氏の殺害事件 [事件]

金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の腹違いの兄である金正男氏(46)の殺害事件、本当に驚きました。


yjimage.jpg


映画の世界のような事件です。


今の時代にこのような事が平然と行われているなんて。


既に実行犯としてインドネシア人の女性が逮捕されていますが、「
悪ふざけの映像を撮影するためだった」と警察に供述しているそうです。


LOL.jpg


実行犯のこの女性に明確な殺害の意図があったのか、それとも北朝鮮側にだまされて利用されたのか、意見が割れているようです。


しかしいずれにしても誰かの意志が働き、このような事件を起こったことには変わりはありません。


金正男氏と言えば2001年5月に息子と二人の女性を同行し、偽造パスポートで日本に入国しようとして拘束され、強制退去させられたことで記憶に残っています。


その理由も「東京ディズニーランドに行きたかった」と言うのですから、子供にせがまれたのか、同伴の女性にせがまれたのか、はたまた本人が行きたかったのかは不明ですが、それなら何故正当な手続きを経て入国しなかったんだろうと疑問に思った記憶があります。


blog_import_526b05a54a36a.jpg


それにしても今思えば何ともやることが憎めないですね。


このことがきっかけで、ネット上では「北朝鮮にもこんなに人間味にあふれた人がいたのか?」と驚きが広がり、「マサオ」と親近感を持って呼ばれるようになったとのこと。


jonnmnauiihito.jpg


また北朝鮮のミサイル発射を非難したり、東日本大震災の翌日には「この災難に見舞われた日本の方たちを思うと、心が強く痛みます。心をこめて」と言うメッセージもJNNの記者に送っていたそうです。


金正男氏は、長年海外生活を続けており、北朝鮮の体制にはほとんど影響がなかったのに何故このような形で命を奪われなくてはいけないのでしょう?


確かに体制を批判していた事は、事実のようですがだからと言って命を奪いますか?


勿論、まだ国の指示により暗殺されたと確定しているわけではありませんが、多くの側近を処刑してみたり、今までの振る舞いを見る限りでは、同じ血の通った人間とは思えません。


それが国のトップに君臨しているのですから、この国の将来はあるのでしょうか?


アメリカのトランプ大統領の振る舞い、北朝鮮の今回の事件、世界が大きく揺れています。


その影響は日本にも様々な形で影響してくるのでしょう。不安は増すばかりです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新聞配達員がアイスピックのような凶器で刺される! [事件]

以前に新聞配達員がボーガンで襲われると言う痛ましい事件に関して投稿いたしました。


そして今回も、同じく新聞配達員の男性(66)がアイスピックのようなもので胸を刺されるなどして重傷を負うと言う事件が発生したのです。


cd7f729123ebd57feadc8c7885672244.jpg


場所は広島市中区舟入南の路上で、27日の未明に発生しました。


午前3時頃、新聞配達員の男性が何者かに頭を殴られ、その上、アイスピックのようなもので胸を約10ケ所も刺されたというのです。


刺された男性は、現場から約700mほど離れた路上で倒れているのを通行人に発見され、119番通報されました。重傷だそうですが、幸いにして命に別条はないということです。


NEWS24_1309891.jpg


僕の場合は、3時頃と言えば既に準備が整い、配達に出発する時間です。刺された男性の配達員の方は勤め先の新聞販売店に自転車で向かう途中だったようです。


前を歩いていた男を追い越そうとしたところ突然、体当たりされ、転んだところを頭を殴られ、さらに胸も刺されたというのですから、無茶苦茶な話です。


夜中の3時と言う時間が時間ですから、場所によっては人と会うことの方が少ない時間帯です。


今朝の配達時も出会った人は皆無でした。だからもし、自力で700mほど離れた路上まで這って行かなかったら、発見されていなかったかも知れないのです。発見されて本当に良かったです。配達中の自分に置き換えて、もしここで同様のことが自分の身に降りかかったら、と思うと本当に不安な気持ちになりました。


犯人は逃走し、まだ捕まっていないそうですが、誰が何のためにこのようにひどいことをしたのでしょう?


追い越そうとしたことに腹を立て、突発的にそのような行動に出たのでしょうか?それとも計画的に待ち伏せをしていたというのでしょうか?


もしそうであれば、アイスピックのようなものを持っていたことにも合点がいくのですが。だって普通はアイスピックなど持ち歩きませんから。


0110000000012.jpg


刺した男は、身長170cm以上の細身で黒っぽい服装だったといいます。警察では、現在殺人未遂事件として捜査を進めています。


これからこの配達員の方は、残りの人生、今回の事件のトラウマを背負っていくことになります。


実際に事件の被害に遭っていない僕でも、事件を聞いただけで、配達の時に神経が過敏になるのです。


当事者であれば尚更です。


一刻も早い犯人の確保と、被害男性の回復を願うばかりです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドイツで悲惨な無差別乱射事件発生! [事件]

かつて安全だと言われていたドイツで悲惨な無差別乱射事件が発生してしまいました。


事件が発生したのは22日の午後6時(日本時間の午前1時)、南部ミュンヘンの大規模なショッピングセンター「オリンピア」でのことでした。


金曜日の夜に食事や買い物を楽しんでいた家族連れを含む無防備な人たちが無差別に襲われたのです。


9.jpg


黒いTシャツにジーンズ姿の大柄な男が、子どもに向けて銃を乱射。





そして9人が死亡。子供を含む16人が負傷。うち3人が重傷を負うという大惨事になったのです。日本人の被害は報告されていないようです。


銃撃は商業施設の向かいにあるファストフード店マクドナルドで始まりました。


当時マクドナルドに息子といたという女性は、このように事件当時のことを証言しています。


「男は警告音の鳴り響く店内にいた子供たちに発砲した。子供たちは座って食べていて、逃げることができなかった」


マクドナルドで食事中だった別の女性は、「従業員や客が店舗から飛び出した。子供たちは泣き叫び、みんながパニック状態で逃げた」と証言しています。


AS20160723000466_comm.jpg


そして男はその後、マクドナルドからショッピングセンターに移動。銃乱射を繰り返したのです。


警察は、容疑者はイラン系の男(18)で、単独犯とみられると明らかにしました。


現場近くですでに遺体が見つかっており、警察はどうやら男が自殺したものとみているようです。


000079798_640.jpg


動機は現在まだ分かっていないようですが、容疑者が事件前にフェイスブックのアカウントを乗っ取り、被害者らを「特別な値引き」、「「欲しい物は何でも。高額ではないけれど」などと書き込み、被害者らをおびき出していた可能性があることから、警察ではテロ行為の可能性もあり、現在背後関係を調査中です。


この容疑者は、イランとドイツの二重国籍で、2年以上前からミュンヘンに在住。治安当局の警戒対象にはなっていなかったそうです。


一方で容疑者は、精神的な疾患を抱えていたそうなのです。無差別殺人に強い関心を持っていて、犯行時には「子供たち、くたばれ」などと罵倒しながら犯行に及んでいたとも証言されています。


移民出身の容疑者が周囲となじめず孤立感を深め、その結果幸せな家族に対する歪んだ感情が犯行の動機と言う見かたもあるようです。


動機は別としても、頻繁に起こる無差別殺人。23日にもアフガニスタンの首都カブールでISによる自爆テロがあり、少なくとも80人が死亡、230人以上が負傷するという事件も発生しました。


にわかに急増してきた無差別殺人。いずれも何の罪もない人達が犠牲になっています。まして今回のドイツの事件はこれから世界を背負っていくであろう子供たちをターゲットに銃が乱射されたのです。


もう世界中、人の集まる場所に安全な場所はないのでしょうか?


今回、フェイスブックのアカウントを乗っ取り、被害者らをおびき出したとありました。


先日から大きな話題を呼んでいる「ポケモンGO」。仕事帰りにも街中でスマフォを見ている人たちを見かけました。異様な光景でした。





これは海外の街の様子ですが、日本も同じようなものですね。


今、同様の手口で犯行が行われるようなことがあれば、いとも簡単に大量の無差別殺人が成立してしまうと思うと鳥肌が立つような思いです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダラス銃撃事件で犯人殺害したのはロボット! [事件]

アメリカ南部のテキサス州ダラスで発生した衝撃的な事件。12名の警察官が撃たれ、内5名が死亡しました。


sty1607080021-f2.jpg


_90326508_appolice.jpg





この事件は、最近発生した警察官による黒人射殺事件に対する抗議デモ直後に発生したものでした。


origin_1.jpg


デトロイト警察は立てこもっていた犯人、マイカ・ジョンソン容疑者(25)を制圧する為にロボットを使って殺害をしたのです。


20160709-00000006-jij_afp-int.jpg


今のところどのようなロボットを犯人殺害に使用したのかははっきりしていないようですが、どうやら爆発物処理用に使用しているロボットを使い、犯人の元に爆発物を仕掛け、それを遠隔操作で爆破させたようです。


具体的にはロボットを使って犯人の元に爆弾を仕込んだ携帯電話を届け、犯人の耳元でその爆弾入り携帯電話を爆発させるという方法だったようです。


このようにロボットを使用し、犯人を殺害してケースはアメリカでも過去にないようです。


マイカ・ジョンソン容疑者は、犯罪歴のない同州出身の黒人の陸軍の退役軍人でした。


johnson.jpg


母親ら家族とダグラス市の中心部から車で30分ほどの町、メスキートにあるベッドタウンで暮らしていたようで、近所でもとても感じのいい若者という印象を持たれていたようです。


マイカ・ジョンソン容疑者の自宅からはライフル銃や爆発物を製造するための材料が発見されていることから、警察では計画的な犯行で、かつ単独犯の可能性が高いと判断しているようです。


マイカ・ジョンソン容疑者は以前に米陸軍に所属し、周囲の人とあまりつきあいもあまりなかったようですが、仕事柄武器の使用に慣れていたことは間違いなさそうですね。


警官狙撃の後で立てこもっている間には、黒人男性が警察官に相次いで射殺された事件に怒りを表明し、「白人警察官を殺したい」という趣旨の発言をしていたそうです。





周囲の住民の話では、白人に対する敵意等は感じられなかったということでしたが、深層心理まではわかりません。


人種差別問題が背景にあったことは明白です。


1991年3月にもカリフォルニア州ロサンゼルス近郊で、スピード違反をした黒人男性が白人警察官らに車からひきずり出され、暴行を加えらるという事件が発生しています。


住民がビデオカメラでこの様子を撮影。全米で映像が報道され、黒人社会が猛反発したわけです。


米国の抱える根深い問題ですが、この先エスカレートしていかねばいいのですが。


それにしても、国の安全のために仕事をしていた元軍人が、同じ国の治安を預かる警察官を射殺し、かつ自身がこれまた人命を救助するために開発されたロボットにより殺害されたのです。


何ともやりきれない事件ですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青いちくわの周辺で猫が相次ぎ死亡! [事件]

愛媛県松山市の住宅街周辺で何とも怪しげな青い色のついたちくわが発見され、その周辺では猫が相次いで死んでいるのが見つかりました。





どう考えてもその不審なちくわとの関わりを疑いたくなります。


ちくわには自然に発生したようなカビではなく、人工的な青い塗料のような物が付着していますね。


獣医の方のコメントがありましたが、ちくわの色や猫の症状を見ている限り「有機リン剤」という農薬ではないかと言うことです。


有機リン剤は、動物の神経機能を麻痺させる殺虫剤で、40種類以上あり、最も多用されている農薬だそうです。


半径50m以内で発生しているとのことですし、被害に遭った猫たちは特定の飼い猫ではなく、地域で可愛がれていた猫たちだそうですから、猫嫌いで、それをよしとしない人が意図的にやったとしか思えませんね。


それにしても酷いことを。もし本当に猫嫌いで、猫の鳴き声や排泄物等に我慢がならないのであれば、まず行政に相談すればいいものを。


もし犯人にとってその対象が人間であったならと思うとゾッとします。気に入らない人間は排除しようとするのでしょうか?


自分の身の回りにも同様な人がいるかもしれないと思うと本当に恐ろしいですね。


朝の新聞配達をしていると時々猫の一家を見かけることがあります。生まれたばかりの子猫と親猫が一ヶ所にまとまって仲睦まじく過ごしている光景です。


puffer-5.jpeg


そこをバイクで通りますから、一家散り散りになって逃げてしまいます。そんなときに幸せな団欒を壊してしまったと申し訳ない気持ちになります。


他にもネズミも見掛けるし、時には狸すら見掛けることもあります。トカゲやナメクジ、札幌ではキツネなどよく見かけていました。


人のいない明け方は彼らの静かな時間帯なのだとよく感じさせられます。


そしてそんなときに、この地球で生活しているのは人間だけではないのだとつくづく感じさせられます。


何故、物言えぬ動物にこのような事をするのでしょう?もしかしたら小さな子供が誤って口にしていたかもしれないのです。


同様の被害を出さないために、一日でも早い事件の解決を願っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感