So-net無料ブログ作成
検索選択

元会社の同僚が肺がんに [健康]

元会社の同僚が肺がんになっていました。


e0752a22.jpg


以前勤めていた会社の同僚のブログを何気なく見ていたら、現在入院中とのこと。様子伺いのコメントをいれたところ、何と肺がんで入院中で、それも3回目の転移で3回目の入院とのことでした。


さすがにショックでした。確かにタバコもお酒もよくやっていたと印象があります。それにしても・・・子供がちょうど僕の子供と同い年なので、順調に行っていれば既に社会人になっているはずです。


このような記事が出ていました。


「受動喫煙の医療費が3233億円」(朝日新聞)


驚きました。喫煙者の医療費ではありません。受動喫煙の医療費です。


363a05cbeda9c18240c2c9db917304b0.png


受動喫煙とは、本人は喫煙していないのに、周囲の喫煙者の吐き出すタバコの煙の影響を受けることです。


その影響により、肺がんや脳卒中などにかかかり、余計にかかる医療費が2014年度で3233億円にも上ると言うのですから、恐ろしい数字です。金額もさることながら、それほどまでにタバコの煙による影響が大きいという事実。


その記事によると・・・


受動喫煙によって肺がんにかかるのは約11000人、それに伴う医療費が335.3憶

受動喫煙によって脳卒中にかかるのは約129000人、それに伴う医療費が1941.8憶

受動喫煙によって虚血性心疾患にかかるのは約101000人、それに伴う医療費が955.7憶


驚きの数字です。


しかし当の喫煙者の医療はこんなものではありません。何と1年間に1兆1669億2千万だそうです。


僕も以前は喫煙していました。喫煙本数は1日約10~15本×喫煙年数は約20年。既にタバコをやめて14年が経過しました。


勿論、今では食後であってもタバコを吸いたいという欲求もないし、煙に対しては不快感を感じます。


やめた理由は、やっぱり「もし肺がんなんかになったら・・・」でした。「タバコをやめていれば」という後悔をしたくなかったから。取り返しのつかない後悔だから。


不思議とこの時、スパッとやめられました。20年も吸っていたのに(笑)


でもこんな記事をインターネットで見かけました。


タバコをやめてからの体のことです。


20分後 最初の変化は意外に早いです。まず、血圧と脈拍が正常になり、手足の体温が上昇します。

8時間後 血液内のニコチン濃度が93.25%減少。

12時間後 半日でやっと、血液内の酸素濃度と、一酸化炭素濃度が通常値に。これによって注意力が上がったり、睡眠の質が良くなっていきます。

24時間後 タバコの禁断症状がピークに達すると同時に、体内からニコチンが排除されます。

48時間後 喫煙によってついた肺の中の傷やタバコのゴミが消え、神経終末が修復を始めます。そして、嗅覚と味覚が正常に戻ります。

72時間後 ついに、体内のニコチンが100%消えます。ここでやっと、タバコの禁断症状から徐々に解放されていきます。

2週間後 血液循環と歯の黄ばみや強度が、非喫煙者と同等レベルにまで改善。

2~4週間後 ストレスや不安も消え、リラックスした精神状態に。

2週間~3ヶ月後 心臓発作のリスクが下がり、肺機能も向上します。

9ヶ月後 肺が綺麗になり、体を動かしても息切れの症状がなくなります。咳の回数も減少。

1年後 ここでやっと1年。心筋梗塞や心疾患のリスクが半分になります。
5~15年後
ついに5年が経過しました。脳卒中のリスクが非喫煙者と同等にまで回復。

10年後 タバコをやめて10年。喫煙による肺ガンのリスクが30~50%減少し、死亡のリスクも半分になります。

15年後 冠動脈性心疾患や心臓麻痺、歯が抜け落ちるなどといったリスクが非喫煙者と同等に。

20年後 ここまできてようやく、体は完全にタバコによる害から解放されます。

さて、共に体の変化を追ってみて、あなたはどう思いましたか?タバコの害から完全に解放されるまで、なんと20年もの時間を要するのです。

http://grapee.jp/121277より引用。


これが正しければ、僕もまだタバコの害から解放されていないということになります。後6年もかかるんです。


でもそれだけタバコの影響は大きんですね。


今、どこに行っても灰皿もなく、喫煙者=邪魔者、悪者みたいな扱いです。


小さな部屋に押し込まれ、白く煙った部屋の中でタバコを吸っている姿を見ると、異様な光景だと思います。


report_ph_10.jpg


一昔前まではこのような時代がくるとは思いもしませんでしたが、医学的に周囲に害を及ぼすことがここまで明確にされているのです。


5008.png


喫煙者の方たちも本当に真剣に考えなくてはなりませんね。


勿論、タバコを吸わなくても肺がんになる人もいるし、ヘビースモーカーでも肺がんにならない人もいます。


でもなってから後悔だけはしたくありません。「俺は肺がんで死んでもいいんだ」何て言う話も耳にしますが、それはまだ肺がんになっていないからです。


莫大な治療費、体の痛み、つらさ、家族との別れ、平気でいられるはずがありません。


少なくとも僕は、だからやめました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピロリ菌のこと [健康]

2ヶ月くらい前の事だと思います。


一つ年上の兄から電話がありました。内容は、「胃カメラの検査を受けた方がいい」と言うものでした。


胃カメラの検査を受診したところ、ピロリ菌と言う菌が見つかったため、薬を出され除菌をしているとの事でした。


その診察の時に、世代的にも菌を保有している確率の高い世代で、ましてや同じ環境で生活をしていた兄弟がいれば、同様に菌を保有している確率が高いので検査をお勧めしてくださいと言われ、連絡をくれた訳です。


ピロリ菌は中高年は保菌率が高いそうで、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍になる主な原因で、胃の粘液が減っていき、毒素が胃壁を傷つけるそうなのです。また胃がんになる確率が20倍以上に跳ね上がるそうです。


僕の方はその時は何とも不調を感じていなかったし、胃カメラを受診するのに検査料も結構掛かりますから、そのまま放置していました。


ところが2週間ほど前から胃の辺りが折に触れて病むんです。大分以前に急性胃炎で入院したときの症状に似ていました。


それでもしばらくは様子を見ていたのですが、兄から言われたピロリ菌の事もありましたし、少し前にやった腰痛の治りも今一つでしたので、少々不安になり、思いきって胃カメラの検査を受診することにしたのです。がんの症状に腰痛もあると聞いていたので。


病院に行き、事情を説明したところ、やはり一度受診することを勧められました。


先生からは胃カメラの予約を入れて、今日は終わりと言われました。僕もまさか今日の今日に受診できるとは思っていませんでした。


ところが結構な混みようで、20日先まで空いていないと言うのです。でも痛いから来ているわけなので、出来るだけ早く検査して欲しいとお願いをしたところ、僕の朝食の取った時間と食事内容からしたら、何とかその日の15:30頃から調整が可能ということになり、急遽、胃カメラの検査をしてもらうことができました。


大分以前に胃カメラをした時には口から入れましたが、今は鼻から入れる方法もあるのですね。その方が楽かも知れないと言うことで、今回は鼻から入れてもらいました。でもやっぱりキツかったです(笑)。


yjimage.jpg


point_img_02.jpg


検査の結果は胃潰瘍にびらん、萎縮性胃炎、十二指腸潰瘍が見つかり、十二指腸潰瘍の方は穴が開く寸前との事でした。細胞を取るときも十二指腸からとると穴が開く可能性があるから別の部位から取ったと言うのです。そして一言、早く検査して良かったと。


puffer-15.jpeg


yjimage-3.jpeg


この画像は僕のものではないのですが、これに似た感じで、中心部に穴が開いていないとは言え、穴っぽいような黒い部分がありました。あまり見て気持ちのいい画像ではなく、すみません。


2週間分の胃薬をたっぷり出されました。そして急な腹痛吐血、下血が有ればすぐ来るようにと、少々脅かされて帰ってきました。


腰痛の痛み止は取り合えず止めるように言われたので、腰痛も我慢です。しばらくは食生活も頼りない食事になりそうです。


恐らくガンの方は大丈夫だろうと。ピロリ菌がいた場合は除菌をするらしいのですが、除菌は潰瘍などがあると出来ないそうなので、いずれにしてもまずは治さないと。


「もしあの時、検査日のことで粘らなかったら、、、」と思うとゾッとします。いつ穴があくかわかりませんからね。


皆さんもお気をつけ下さいね。


一週間が経過し、体重が4キロほど落ちました。来週、組織検査の結果が出ます。今は大事にならなければと願うのみです。


ピロリ菌のことはこちらで分かりやすく解説しています。

ピロリ菌辞典はこちらをクリック

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

画期的な便秘イスのきっかけは「母親の便秘」! [健康]

スゴイですね!便秘イス。


便秘で悩まれている人はたくさんいますが、なんと薬などに頼らず、姿勢を変えるだけで便秘に効くというイスがアメリカで注目を集めているそうなのです。


ecco-pack-one.jpg


その名も「スクワティポティー(Squatty Potty)」。アメリカでは「一つの運動を巻き起こした」と言われるほど注目を集めているようです。今では売上が18億円をこえる巨大ビジネスになっています。


スクワティポティーを発明したのは、ユタ州の41歳のロバート・エドワード(Robert Edwards)さん。


20161016-00000001-withnews-000-1-view.jpg


そしてその便秘イスの発明のきっかけとなったのが母親ジュディーさんの便秘だったのです。


ロバートさん曰く、「母は長年便秘に悩まされていました。ある日、お医者さんのアドバイスで、洋式トイレの前に小さい椅子に足を置いてしゃがむ姿勢になったら、便通が楽になったんです」


でも毎回椅子を運ぶのは大変だし、我が家の狭いトイレの中では、何回もつまずきそうになっていたということで、考えたのが洋式トイレにぴったり収納できるような「U」字型の椅子だったそうなのです。


確かにすわった格好を見る限りでは、まさに和式トイレに座った時と同じような格好になりますね。


DB3552c1.jpg


ロバートさんはスクワティポティーの効果についてこのようにコメントしています。


「基本的に人間の体はしゃがんで用を足すように作られています。日本の和式トイレを考えればわかりやすいですよね」


「洋式トイレが普及したことで、直腸が十分に伸びることができず、便の通りが阻害されてしまった。お医者さんが母に椅子を使うことをすすめたのも、しゃがむという自然な姿勢を取り戻すためだったのです」


確かに一昔前までは、ここまで便秘は問題になっていなかったように思います。


洋式トイレが普及し、現在学校なのでも、洋式トイレが導入されていますね。


和式トイレでは用をたせない子供たちもいるというのですから驚きです。


和式トイレは合理的な、健康を考えたトイレだったのですね。それを考えたら無くしては駄目ですよね。バランス良く、設置してほしいですね。


実は最近こんなことがありました。


誰もが一度は経験していると思いますが、その日通勤途中の電車の中で腹痛が・・・。


トイレに行きたくなり、このままでは危険な状態に・・・。


何とか駅に到着しトイレに駆け込みましたが、なんと大の方は長蛇の列です。なぜ「朝からこんなに並んでいるんだ!」と神を呪いたくなりましたが、思い切って会社まで我慢しようとその長蛇の前を通り過ぎました。ところが出口に近いほうの大のトイレが一つだけ開いているのです。勿論、藁にもすがる思いで飛び込みましたが、なんとそのトイレが和式トイレだったわけです。


僕は和式トイレに抵抗は無いし、そんなことを考えている余裕もなかったので、何のためらいもなく飛び込み、無事ことなきを得たのですが、正直言って、後になって何故、あのトイレだけ開いていたのだろうと疑問に思いました。でもその時には危機が去ったという安堵感の方が強く、その時そのようなことは考えもしませんでした。


しかししばらくして、また同じ状況がありました。その時、この間のようにうまく一つだけ開いているなんて言うことはさすがにないだろうと思いながらトイレに入りました。


そうしたら、なんとまたまた行列ができているにも関わらず、出口に近い和式トイレだけが空いていたのです。勿論利用しました。


そもそも朝から行列を作ってトイレを待っているのです。皆さん、それなりに切羽詰まっているはずだと思うわけです。そのような時に和式だとか洋式だとかに普通こだわるものでしょうか?


それが不思議でなりませんでした。ということはもしかしたら洋式では用を足すことができないのでは?と思ったわけです。


でも行列の中にはいい歳のおじさんもいました。小中学生や若い人なら理解できなくもありませんが、いい年をしたおじさんまで和式ではできないというのはどうなんだろうと。


それとも和式トイレが空いている事に気づいてなかったから?


本当に不思議です。


でも和式トイレは確かに足腰に負担がかかりますから、お年寄りや足腰に痛みを抱えている人には辛いトイレです。


それを考えたら、画期的な案ですね。どうして今まで誰も感がえなかったのでしょうね?





参考までにスクワティポティーの日本語サイトはこちら!


タグ:便秘 解消
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レーシック手術の件数が激減! [健康]

レーシック手術の件数がピークだった2008年の45万件から14年には5万件にまで激減したとの記事が出ていました。


驚きました。ここまで激減していたとは。


レーシックとは、角膜をエキシマレーザーと言う光線を当てて削り、角膜のカーブを変えます。それによって光の屈折を変化させ、屈折異常を矯正するという手術です。15分程で手軽に終える手術ですから、目の悪い人にとっては確かにとても魅力的な手術ですね。


通常、マイクロケラトームと呼ばれる眼球用カンナで角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作ります。そして表出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射し、一部を削り、その後、フラップを元の状態に戻します。


lasik_2.jpg


一般的に視力は術後直後から1日程度で矯正されます。個人差はありますが、視力が安定するにはおおよそ1週間~1ヶ月程度を要し、90%以上の人が裸眼視力1.0以上になると言われています。


この手術方法をレ―シックと呼んでいるわけですが、中にはフラップを作らないでレーザーを照射する方法をPRKと言う方法もあるようです。でもいずれにしてもエキシマレーザーで角膜を削って形状を変化させるという点ではかわりはありませんね。


目の悪い人にとって、眼鏡のない生活、コンタクトレンズのいらない生活ほど憧れるものはありません。


何と言ってもコンタクトレンズに関わるお金も入りませんし、検査も入りません。そしてコンタクトレンズは何と言ってもはずさなくてはいけません。でも当たり前のごとくはずせば見えなくなります。


目のいい人には想像もつかないことかも知れませんね。


朝起きて最初にすることは、眼鏡をかけることなんです。


勿論近視や遠視、乱視の程度によりますが、少なくとも僕の場合はそうです。


メガネをかけなければ、テレビは勿論、パソコンも見えないし、落ちているお金も見えないし、料理をしても焦げ目すらよく見えません。


いつもはコンタクトレンズをして、家に帰ればメガネをかけます。


それでも眼鏡やコンタクトレンズをすれば、キチンと見えるのですから、やっぱり幸せだと思います。


国内の有名スポーツ選手らが手術を受けたことで日本でも一気に広まりましたが、一昔前は失敗したなんて言う話もよく耳にしました。


一昔前に眼科さんでコンタクトレンズの検査補助をしていた時にはよくそういう人もいました。


image003.jpg


当時はRK放射状角膜切開手術と言う眼球の角膜中心部から放射状に切り目を入れて屈折矯正を行う最も古い手術でしたから、切れ目の加減によって矯正しすぎやら矯正不足なんて言うことがあったようです。


角膜には当然放射線状に切開した痕ものこっています。また角膜の曲率半径を測定しても普通ではないようなデータが出てきたりと、コンタクトレンズの処方の上でも様々な弊害があったと記憶しています。


でもそれらが改善されてとても精度の高い術式に改善され、広まった訳です。


今回のこれだけ激減したのはやはり2009年に東京都内の眼科病院で発覚した集団感染事件でしょうね。十分な滅菌処理をしていない医療器具を使ってレーシック手術をしたため、患者が相次いで角膜炎などを発症し、元院長は業務上過失傷害罪で禁錮2年の実刑判決を受けました。


news_paper_cat.jpg


またレーシック手術で強度の眼精疲労などの後遺症が生じたとして、患者が2つの病院側に損害賠償を求め、そこに新たに患者9人が東京地裁に集団提訴するなんていう事件もありました。この一件に絡んでの原告は21人に膨れ上がり、請求額も総額1億6000万円あまりとなりました。


そこに消費者庁が出した2013年のレーシック経験者600人(20~60歳代、複数回答)の調査結果発表も拍車をかけたと考えられています。


「光がギラギラしてにじむ」(16・5%)
「ドライアイが半年以上続く」(13・8%)


保険適用がなく、片目で十数万から30万円ほどかかる高い手術費に加え、眼鏡ブームや、コンタクトレンズの性能が格段に良くなったことも減少の一因とみる関係者もおられるようですが、やはり何と言っても眼のことですから、一番不安になるのが、「もし失敗して見えなくなってしまったら・・・」という不安です。


ましてやそれが人為的なミスによって起こってしまったとしたら泣くに泣けません。


慶応大医学部眼科学教室の根岸一乃准教授によると、有効性・安全性を支持する研究論文は7千本以上あり、手術をした患者の95・4%が結果に満足したというデータもあるそうです。

 
レーシック手術を行う岡眼科クリニック(福岡県飯塚市)の岡義隆院長は「日本眼科学会などが示すガイドラインに沿って適切に施術し、術後もしっかりケアすれば本当に安全な手術だ」とコメントしています。


実は妹が10年ほど前にレーシックを受けました。術式は先述したフラップを作らないPRKと呼ばれる方法です。


妹は眼鏡は疲れるということで長時間かけていることが出来ず、かといってコンタクトレンズも涙の関係で調子よく使うことが出来なかったわけです。


だから藁にもすがる思いで受けたのだと思います。


でも見ていて感心したのは、徹底的に調べあげていたということです。それもいい話ではなく、悪い話を一生懸命調べていました。


眼科にも大学病院をはじめ、5~6件程行き、その中で相性のいい先生を選んだようです。


ドクターも良いことをいうドクターではなく、良くない事、リスクのあることをしっかりと伝えてくれるドクターを選んだようです。


そのドクターを選んだのは、ほとんどの先生が通常のレ―シックで問題ないとあっさりと結論を出したのに対し、その意志だけは妹の度数や、角膜の状態からレ―シックはお薦めできないと断言したようです。その上でリクスをしっかりと説明した上でPRKと言う方法を選択したようなのです。


そうして妹は納得をして手術を受けたのです。


現時点では、裁判沙汰になるような不調も訴えておらず、まずまずのようです。もちろん老眼の症状は出てきていますが、それは年齢的なものなので仕方ありません。


妹のほかにも僕の知人だけでも他に4名の人がいますが、いずれも不調は訴えておらず、レ―シックを受けて良かったいうのが、現在の感想のようです。


しかしながらレ―シック難民と呼ばれる人たちのように、失敗している人がいると言うのも事実です。


20121112223714.jpg


手術に絶対はあり得ませんが、コンタクトレンズの進歩が著しい昨今、コンタクトレンズで十分視力を矯正できる内は、なかなかレ―シックに踏み切る気持ちにはなれないと言うのが僕の本音です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぎっくり腰の症状って? [健康]

昨日、人生初のぎっくり腰になりました。


307179.jpg


元より腰椎分離症と言われており、定期的に痛くなったり、治ったりの繰り返し。


しかし昨日、タイヤ交換をしていた時のこと。


タイヤのナットを緩めようと力を入れた時に「ピキッ」と言う感触。


今までにない感触が。


よくぎっくり腰の症状って動けなくなるって言いますよね。


僕はその場で動けなくなるようなことはありませんでしたから、ぎっくり腰ではなく、ちょっと捻った程度に思っていたのです。


ちょっと横になっていれば痛みも和らぐだろうとタカをくくっていたのです。


ですから、翌朝の新聞配達を休むと言うことも考えてはいませんでした。


しかし夕方に目が覚めた時、と言うより痛みで目が覚めた訳ですが、想像以上に痛みが増しており、この時になって初めて明日の朝刊配達は止めておいた方がいいと思いました。


しかし休みの申し入れも既に時間的にも調整が付かず、結局、痛みを堪えての配達となりました。


帰宅後、仮眠を取り、今度は本業に向けて出発。


ゆっくり歩いて駅に向かったため、いつもの倍の時間がかかりました。


駅にようやく辿り着いたら今度は満員電車に揉みくちゃにされ、半ばボロボロになりつつようやく会社に到着しました。


そして上司に事情を説明し、最寄りの整形外科を受診。診断はぎっくり腰です。


腰椎分離症の弱いところがズレたのだと言うことです。


ぎっくり腰の症状って人それぞれで、何をもってぎっくり腰って言うのでしょうね?


結局4~5日ほど配達をお休みすることになりました。


立っていても痛い、横になっても痛い、ましてや電車に揺られ、踏ん張ろうとしたときに走る激痛。思わず声を出しそうになります(笑)。


ズボンも座ってはかなくては、はくことも出来ません。

咳き込んでも痛いし、くしゃみなどもってのほかです。


トイレでいきんでも痛い。


puffer-2.jpeg


お医者さんからは、薬を飲んでも痛みが引かぬようなら注射を射ちに来るように言われましたが、やはり今朝になっても差ほど改善しておらず、今、正に迷っているところです。


本当に治るのでしょうか?(笑)先々不安になります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感