So-net無料ブログ作成

雪の降った地域の新聞配達員の皆さまへ [新聞配達ネタ]

只今、朝刊の新聞配達から戻り、一息ついたところです。


雪の降った地域の新聞配達員の皆さま、本当にお疲れまでした。


先日、愛知県の雪の降る中での新聞配達のことがニュースで取り上げられていました。とても他人ごとではなく・・・。


0215a.jpg


数年前、東京でもかなりの大雪に見舞われました。その時は死ぬ思いでした。僕は札幌でも新聞配達をしていたので、雪の中での配達自体は慣れているのですが、いかんせん20~30cmも雪が積もり、除雪が一切行われていない中での配達には本当に参りました。


バイクもほとんど思うように進まず、ちょっと気を抜けば転倒の危険もあり。転倒したら新聞が雪の中に落ちてしまいます。ビニールのラッピングをしているものの、中には沁みこんで新聞が濡れてしまうこともあります。そうしたらそのままお客様の元にお届けするわけにはいきませんから、再度取りに戻らなくてはなりません。


197891744_624.jpg


脇道になるとさらに雪は積もっているため、バイクでは入って行けず、歩いての配達となります。一度に持てる部数も限界があるため、行っては戻りの繰り返しです。


普段からそのような配達の仕方をしていないので、段取りも思うように行かず・・・。


手足の指先は感覚がなくなり、痛みが出てきます。体は冷え切り歯がガチガチとなります。


そんな配達の記憶が蘇ってきました。特に今回は愛知や広島など普段から雪のない県での大雪です。


昨日からの大雪、今日も続くと言っていました。


きっとまだまだ配達の途中なのだと思います。


早く配達が終わり、暖かいお風呂に入れればいいのですが。


本当にお疲れ様でした。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。